咏「なぁ、これおかしくないかい?」

えり「何のことですか?」

咏「どうして私がえりちゃんと京太郎と手を繋いでるんだ?」

京太郎「こうでもしないと咏さんがどっか行くからですよ」

主婦「あら~可愛いお子さんですね~」

咏「!?」

えり京太郎ニヤッ

えり「そうなんですよ」

咏「私はもう大人たぞー」

京太郎「こうやって大人ぶるところがまたいいんですよ」

主婦「あら、お二人もお似合いですよ~」オホホホ

えりボンッ

主婦「では、失礼します」ペコ

京太郎「はい」ペコ

咏「私は大人たぞ、京太郎よりも年上だぞー」ゲシゲシ

京太郎「痛いですよ」

京太郎「えりさん、助けてください」

えり「京太郎くんとお似合い京太郎くんとお似合い」プシュ~

京太郎「ちょっ、えりさん!?」ダイジョウブデスカ

咏「私は大人だー」ウガー

カン