「ヤンデレ、ねぇ……」

一人の男性を巡った痴情のもつれの末に起きた殺傷事件。
ベッドの上で何気なくスマホを弄っていたら目に付いたニュース。
自分には無縁の話だとはいえ、少し背筋が冷たくなった。
それはそうとして、

「……腹減ったな」

「私の部屋くる?色々あるけど」

「いや、塞さんが作ってくれてるみたいなんで」

「……」

ベッドの下から聞こえて来た声に返事をすると、舌打が返ってきた。


階段を降りて食堂に向かうと、割烹着の塞さんと目があった。

「あ、起きた?」

「……塞さん、その指は?」

人差し指からとめどなく血が流れ出ている。

「京太郎、最近鉄分不足でしょ。貧血気味だし」

「おぉ……」

一部員に過ぎない自分にここまでしてくれるとは。
感激である。

「明日の食事当番は豊音だから、きっと変なもの入ってるだろうし……せめて私の時はマトモなもの食べなくちゃ」

「はは……」


宮守のみんなと一つ屋根で暮らし始めてから早一ヶ月。
愛されていることを実感する毎日である。


カンッ