怜「王様ゲームや!」

セーラ「はぁ?」

竜華「いきなり何言い出したん、怜?」

京太郎「東京着いたばかりで変なテンションになってるんでしょうか?」

怜「あんた、失礼なやっちゃな…ま、ええわ。ウチがこんなこと言い出したんにもちゃんと理由があんねん」

浩子「ほう?その理由とは?」

怜「皆、大阪からバスでの移動やったから、今日は疲れてるやん。でも、テンションは上がってるやろ?」

泉「まあ、そうですね。やっとここまできたかー、って感じですし」

怜「そこでや。そのテンションでやれるおもろいもんっちゅうたら、そらもう王様ゲームしかないやろ」

京太郎「何でそこで王様ゲーム何ですか…」

怜「京ちゃん、京ちゃん」

京太郎「何です?」

怜「ほれ」ユビサシ→竜華の唇、胸

怜「キスとか、あわよくばタッチとか…テンションのせいにすれば…」ゴニョゴニョ

京太郎「素晴らしいですね、王様ゲーム!さぁ、やりましょう!!」つ割り箸

泉「早っ!準備早っ!!」

竜華「ん~、まあ2人がやりたい言うんやったらしゃあないなぁ」

セーラ「せやな~。それに、なんかおもろいことになりそうや!」

浩子「色々とデータ取らせてもらいますわ」

怜(……勝った!)ニヤリ


~~~~~
一同『王様だ~れだ?』

怜「お、やった!ウチや!」

京太郎「それでは怜さん、命令どうぞ」

怜「せやな~…」キィィィン

怜「おし、3番が王様を2ゲームの間膝枕や!」

竜華「ウチは……2番やね」

泉「私は5番です」

セーラ「俺は1番や!」

浩子「ウチが4番てことは…」

京太郎「…俺が3番ですね」

怜「ほな、京ちゃん。失礼しま~す」ゴロン

竜華「いつもの光景やね」

セーラ「確かに、何も変わらんな」

泉「取り敢えず次いきましょ」

一同『王様だ~れだ?』

セーラ「お?俺や!」

浩子「では江口先輩、命令どうぞ」

セーラ「せやな~……ほんじゃあ2番が1番の頭をはたく!」

竜華「うっ…1番や……」

京太郎「俺、4番です」

怜「3番やで~」フリフリ

浩子「ウチは5番です」

泉「」

セーラ「おっしゃ、バシっといったれ、泉!」

泉「いやいやいやいや!ちょっと待ってくださいよ!!」

浩子「なあ、泉?王様の命令は絶対やで?」ゲス顔

京太郎「う~わ~…」

竜華「うぅ…しゃあない…泉、さっさとしぃ」

泉「………くっ、やけくそやっ!スンマセン、清水谷先輩っ!えいっ!」バシッ

竜華「あうっ!」ベチッ

怜「あっはっはっは。竜華がやられとる~!」

竜華「つ、次や!!」

~~~~~
数巡後

一同『王様だ~れだ?』

怜「ウチや~!」

セーラ「今度はどんな命令や?」

怜「今度はな~……」キィィィン

怜「ちょっと攻めたろか。4番がウチのほっぺにキスや!」

浩子「お?ホントに攻めてきましたね。ちなみにウチは3番です」

セーラ「俺は2番。セーフ」

竜華「5番や…」

泉「なんでちょっと残念そうなんですか…私は1番…ってことは!?」

京太郎「」

竜華「きょ、京太郎くんが!?」

泉セ浩ガタッ!

怜「ほ~、せやったか~。ま、役得やと思い~や?」

竜華「何でこんなに……はっ!?」

竜華(まさか、怜……)チラ

怜「ん?……フッ」ニヤリ

竜華(や、やっぱり!怜、1巡先読んで…!)

京太郎「あ、あの…本当にやるんですか?」

怜「せやで~。ほれ、遠慮せずブチュッと来ぃ」

京太郎「で、では……」チュ

怜「ん……なんや、随分控えめやったな~。ま、ええわ」

泉「つ、次!次行きましょう!!」

京太郎「うお?!は、張り切ってんなぁ、泉」

泉「あんな羨ま……いえ、楽しいですからね!」

一同『王様だ~れだ?』

竜華「!!やった!ウチや!」

セーラ「くっ……で、命令は?」

竜華「う~ん、せやな~……」チラ

怜「?」

竜華(怜、頼むわ。京太郎くんの番号を…)

怜(え~?ウチそんなん分からへんよ~?)

竜華(……怜にも利のある命令、でどうや?)

怜(さっすが竜華♪期待してんで~)

怜サッサッサ

竜華(京太郎くんが3番で怜が4番…せやったら…)

竜華「命令決めたで!3番が王様と4番に、その…キ、キスや!」

セ浩泉(!!これは、まさか…!!)

京太郎「あ、3番…」

怜「ウチ4番や~♪」

セ浩泉(や、やっぱり…!!)


竜華「ほ、ほんなら…お願いします…////」メツムリ

怜「ウチにも早よしてな~」ワクワク

京太郎「……ええいっ!ままよっ!竜華さん、すいません。いかせて貰います…」チュッ

竜華「んむっ……んぅ……ふはっ////」

京太郎「怜さんも。すいません…」チュッ

怜「んっ……んちゅ……ちゅ…ふぅ…ウチは気にせんよ?むしろ嬉しいし♪」

セーラ(怜っ!お、俺にも…)

怜(ん~?せやったら…)

セーラ(分かっとる!便宜は図ったるから!)

怜(話が分かるんは助かるわ~♪)

浩泉(お、園城寺先輩っ!ウチ(私)にもっ!勿論見返りは弾みますっ!)

怜(オッケーオッケー♪)

怜「おっしゃ。ほんならそろそろ次いこか~♪」

竜セ浩泉「おっしゃ!!」

京太郎「え…何?このテンション…?」

怜(ふっふふ……ウチの完全勝利やで~♪)


その後、京太郎は全てのゲームに参加することになり、あんなことやこんなことが行われたらしい……

カン!