憧「……よし!完璧、だよね…」

憧「京太郎まだかな…」

ピンポーン

憧「!」

憧「はーいっ!」

ガチャ
京太郎「姫、お迎えに上がりました」ウヤウヤー

憧「えぇご苦労……なんてね」

京太郎「おう、じゃあ行こうぜ」スッ

憧「あ、京太郎…!」

京太郎「ん?」

憧「………」ジーッ

京太郎「どうした?」

憧「……………」ジジーッ

京太郎「憧?」

憧「……ハァ、なんでもない。行きましょ」ギュッ

京太郎「??」



――――――――――――
――――――――
―――――

ゴチュウモンハイジョウデヨロシイデスカ?
京太郎「はい、お願いします」

憧「…………」ハァ

京太郎「さて…なぁ、憧」

憧「はぃ!?な、なに??」

京太郎「具合でも悪いのか?」

憧「へ?そんなことないわよ、どしたの急に」

京太郎「ならいいんだけど…なんか」

憧「?」

京太郎「機嫌悪い気がして」

憧「ッ!」

京太郎「やっぱりか…迎えに行ったときからなんか変だと思ってたんだ」

京太郎「俺、なんかしちゃった?」

憧「むしろ何も言ってくれないから心配になってるんじゃないのよ」ブツブツ

京太郎「憧?」

憧「ねぇ、京太郎」

京太郎「ん?」

憧「あたしのこと好き?」

京太郎「はぁ?どうしたんだよ急に」

憧「いいからちゃんと答えて」

京太郎「…好きだよ」

憧「ほんとに?」

京太郎「当たり前だろ」

京太郎「俺、なんか不安させるようなことしたか?」

憧「だって京太郎、前はもっと褒めてくれたじゃない服とか髪とか…」

京太郎「あ、あぁー…」

憧「あたしは京太郎に見てもらうためにオシャレとかいっぱい頑張ってるのに…最近はなんにも言ってくれないから…だから…」

京太郎「ごめん、それは俺が全面的に悪いわ」

京太郎「そういうのを気にしてなかったわけじゃないんだけど…」

京太郎「前にたまたまそんなやりとりしてるカップルを見たことがあって、端から見てたらそれがなんか点数稼ぎしてるみたい見えちゃって」

京太郎「もしかしたら俺もそんな風に思われてたり――って思ってさ」

憧「あ、あたしはそんなこと思わないわよ!!」

京太郎「うん、それはよくわかった」ハハハハ

憧「ぁぅ…///」プシュー

京太郎「憧、今日の服もよく似合ってるぞ。かわいい」ナデナデ

憧「…ありがと、嬉しい」ニコッ


この笑顔のためなら周囲にどう見られようと構わない、そう思った京太郎であったまる

カンッ