――某日。宮永家。

宮永咲は学校を休んでいた。
風邪を引いて、熱が出てしまったせいだ。
午前中はぐっすりと眠れていたのだが、現在はうつらうつらと短い周期で、微睡みと覚醒を往復している。

閉じたカーテンの隙間から差し込む黄昏色が、瞼を撫でた。
きっと今は夕刻なのだろう。そう思う。
熱は随分と下がった気がする。
少しばかり怠いが、朝方感じていた悪寒や気持ち悪さは、なくなっていた。

……そういえば、晩御飯はどうしよう。
……もう少ししたら自分の分だけでも作ろうかな。

そうこう、曖昧な頭のまま、取り留めもなく考えていると――ふと、咲は気付いた。
自分の部屋に人の気配がする事に。


咲「ん……」


気怠く目を開け、寝返りを打つ。

見慣れた天井。
見慣れた自室。
見慣れた――金髪の少年が、視界に入る。


咲「あ……」

京太郎「――あ」

咲「きょう、ちゃん?」

京太郎「……わりぃ、起こしちまった」


朧気だった意識が、はっきりと引っ張り戻された。
同時に――顔へ血が昇るのもわかった。
寝起きを見られたという事もあったし、寝癖とか、自身がみっともない事になっている可能性に、思い当たったからだ。

咲「えっと、京ちゃん、なん、で?」

京太郎「なんでって……お前今日休んだだろ?ほら、見舞いってやつ」

咲「あぅ……、その……、先に連絡くらいはくれても」

京太郎「携帯にかけたけど出なかったしなぁ。ま、鍵の場所は知ってるし……ポカリここに置いとくぞ」


今日の彼は随分と優しい。
いや、普段も優しくないわけではないのだが。
いつもは大抵どことなく、からかってくる風情なのだ。
それが鳴りを潜め、ただ優しい。


京太郎「ま、邪魔なら帰るけどな」

咲「……もうちょっと、一緒にいて欲しい」


咲はそう零した。
素直な、純粋な気持ちだった。

彼は「そっか」と返すと、鞄から週刊漫画を取り出し、椅子に腰掛けている。

暫くの間、ゆっくりとした穏やかな時間が流れた。
気不味いわけではない、むしろ落ち着く時間だ。
咲はそう感じた。


……二人っきりだし、何となく良い雰囲気な気がする。
……これはもしかしてチャンスなのではないだろうか。


漫画を読んでいる彼を何気なく眺めていたら、ふと、そんな考えが頭の片隅に過ぎる。


咲「……きょ、きょう、ちゃん」

京太郎「おう、どした?何か欲しいもんでもあるのか?買ってくるぞ」

咲「えっと……」


呼んでみたはいいが、逡巡してしまう。


……こういう時は、どうしたらいいのだろう。
気の利いた、かつ、自分の気持ちを奥ゆかしく伝えれそうな台詞か、何かを――。

記憶の海を高速で検索。

――そういえば。
と、部長こと竹井久と須賀京太郎の、部室でのやり取りに思い当たる。


『知ってる?ライオンって狩りも交尾もメス主体なのよ?オスが狩りに長けているとかは幻想なの』

『いきなりっすね、部長……その心は?』

『須賀くん、この前読んでた“牌王伝説ライオン”をマネするのはやめなさい。豪運とかないんだし。高め狙いのみは禁止。いいわね?』

『アッ、ハイ』


……うん、変な癖をつけるのは良くない。部長の言う通りだろう。
――じゃなくって、この豆知識的に考えれば、これでいける筈。


宮永咲は、そんな感じで、ある結論を下した。
わりとおかしい論理をもって。
風邪のせいで、頭が茹だっていたのだろう。多分。
実際、問題点は何個かあったのだが、宮永咲はそこに思い当たっていなかった。


――そうして。
意を決し――。


咲「が、がおー」


――と、告げてみた。
ちなみに、棒読みであった。


京太郎「……」

咲「……」


静寂を伴った時間が流れる。

常識的に考えれば、何を言いたいか伝わるわけもないだろう。
控えめに見ても、変な娘である。
事実、京太郎は呆気に取られた様子で、ぽかんとしていた。


咲「うううううううぅ、ゴメン、京ちゃん忘れてっ!」


布団を引っ張りあげ、顔を隠しながら誤魔化した。
「まったく」――と、布団越しに、呆れたような声が聴こえる。

密閉された空気が、やたらと熱い。
この熱さは、きっと風邪のせいだけではないだろう。


京太郎「……そういや、今日おじさんは?」


質問と同時に伝わるベッドの揺れ。
彼がベッドに腰掛けたのだろう。


咲「……お仕事でちょっと遅くなるって」


ひょこりと、隠していた顔を出した。
まだ頬が熱を帯びているのは、自覚しているが――風邪を引いてるのだから、特に可笑しく思われないだろう。


京太郎「あー、まじか」


ついで、ふむ、と思案している様子。


京太郎「――じゃあ、晩飯は俺が作るぞ?おかゆでいいか?つか、それ位しか出来ないけどな」

咲「いいの……?」

京太郎「遠慮するなって。俺とお前の仲だろ?」


そんな風に優しく言われれば、断れる筈がない。
嬉しいと、思わない筈もない。
ほとんど――有頂天になってしまう。


――だから。


咲「京ちゃん――ありがと」


そう言った咲の顔には――心の底から嬉しそうな笑みが広がっていた。


ちなみに、京太郎が部屋から出る時。
「まあ、『がおー』って誘ってくれるのはいいけど、“そういうの”は風邪が治ってからな」
と、やや恥ずかしげに投げ掛けた言葉に、咲は茹だってしまい――落ち着くのに暫し時を要したとか。


――槓っ!




またどうでもいい話ではあるが、後日。

京太郎は風邪を引いてしまい、学校を休んだ。
うがい手洗いはしっかりしましょう、という事だろう。

特に風邪を引いてる相手と、口内粘膜同士で接触したら尚更だ。
つまり、まあ――自業自得、ただそれだけの話である。


――もいっこ槓っ!


※二人は付き合ってますが、突き合ってはいません