和「わ、私の唐揚げがありません!」

久「どうせ優希がつまみ食いしたんじゃない?」

優希「や、やってない!無実だじょ!」

和「なら他に誰がとるんですか?」

優希「う、ううぅ……」

和「別に食べたいなら言えば……」

優希「違う、違うじょ!」

京太郎「俺のとはちがうなぁ」

和「……どういうことですか須賀くん?」

京太郎「確かに優希はつまみ食いしちゃうことはあるかもしれない」

和「そうです。だから……」

京太郎「けど、そのことを詫びもことわりも入れない、ましてや素直にやったならやったと言える優希が否認してる。和は、優希のこと信じられないか?」

和「そ、そんなこと……」

優希「のどちゃん……」

和「そんなことありません!優希が食べてないと言うなら、その通りだと思います!」

咲「じゃあ、誰が和ちゃんの唐揚げを?」

京太郎「ひとりだけ、いるじゃねぇか。露骨に疑いの目を優希にそらした人間が」

まこ「ま、まさか!」

和「それって!」

「「竹井久!?」」

久「みんな呼び捨てって……ああ、そうよ!食べたわよ!おいしかったわよ!ごめんね!」

ーーーー後日

和「はい、優希、須賀くん、お礼の唐揚げです」

優希「あ、いや……」

京太郎「…………」

和「5キロのもも肉を揚げるのには骨を折りましたが、二人のために頑張りました!どんどん食べてください!」

京太郎、優希「」

カンッ!