ガチャッ

泉「ふぅ、昼休みはこの部室で食うのが静かで一番や…」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「さて、いつもの定位置について、お弁当箱広げて、と」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「といっても私少食やし、そんな量も多くないからすぐ食べ終わってまうんやけど」モグモグ

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「ふぅ、ごちそーさん、やっぱ昼はこのぐらいしか入らんなぁ…私、朝に一番食べる派やし…」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「んー昼休みの終わりまでまだまだ時間あるしなぁ…ケータイでもいじろかな、あれもう電池切れかかってるし…
もう、しゃーないなぁ……この辺に充電器が……

あれ、どこやったっけ、なぁー須賀君充電器の場所知らん?


…………って、須賀君!?」

京太郎「……Zzz…」ユビサシ


泉「あ、ども…寝ながらでも指差してくれるんか、筋金入りやな………ほんまにあったし、これでよし、と」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「よー寝てるなぁ~…………可愛い」ボソッ

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「……そのマットレスと毛布どこにあったんやろ…なぁそれだけで寒くない?」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「……そ、そうやな、寒いやろうな、うん…こ、ここは同輩として私が何とかしてあげんとな、うん……そ、それじゃ…」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「…う、腕枕~…///…す、須賀君と添い寝しとる……あかん、あかんでこれ…なんかもう戻れない感じするわ…

……で、でも…あったかいなぁ~、いいにおいもするし…ここから出たくないわぁ…/////」


京太郎「……う、ん…」ゴロン

泉「ひゃあっ!!?」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「(な、なにこの状態…いま私の体の上に須賀君が覆いかぶさるようになって……え、えぇ!?
ちょ、ちょっとこれ現実なん!?寝転がってくれたおかげで、須賀君にのしかかられたようになって…

ずーっと前から夢見てた、須賀君に押し倒されるようなかたちになって……

ご褒美!?もしかしてこれご褒美ですか神様!?普段頑張ってる私へのご褒美!?
ああ、感謝します!えべっさん!ビリケンさん!)」

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「(そ、そうや!せっかくの神様からのご褒美なんやし、無駄にしたらあかんな!
須賀君にやってみたかったことせな、もったいないおばけが出る!

むふふ、こうやって腕でぎゅーってやって…足からませて…ぴったり体をつけて……)」ギュー

京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「(………あふわぁ……私、いま須賀君とくっついてるぅ…♪

もうこれ【ピーッ!】されてるようなもんやん…♪
発情した須賀君に押し倒されて【ピーッ!】されてるような……

ほんまに須賀君が【ピーッ】してくれるなら金出してもええけどなぁ…♪

あは、こうなったらとことんまでご褒美を堪能しないとっ…)」


京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「んっ、んっふっ……ど、どうやっ、普段見向きもしない胸すりつけられて…気持ちいい?

こっちは…気持ちいいよっ…」スリスリグリグリ…

京太郎「……Zzz…」グースカピー


泉「んっ…んふっ…んんっ……

(あかん…声出てる……でも、こうやって体すりつけるのめっちゃ気持ちいい…♪
くせになる…やめたくない…最後まで…最後までいきたいぃ…♪」スリスリスリスリグリグリグリグリ…


京太郎「……ん……」グースカピー

泉「はっ、はっ、はっはぁっ、須賀君須賀君須賀君好きやっ…須賀君好きぃ…好きやぁ…大好きぃ…!」スリスリスリスリグリグリグリグリ…


京太郎「………んん…いずみぃ……」グースカピー

泉「!!!…はぅっ、んっ…!!

……はぁっ、はぁっ、はぁっ……はぁっ…」ピクピクピク…


京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「…はぁ、はぁ、はぁ……わ、私の夢みてくれた…?
須賀君が………はぁ、はぁ、はぁ、はぁ…」


京太郎「……Zzz…」グースカピー

泉「ふふふ…もうっ、幸せぇ…////」ギュー…












浩子「しょ、食堂混んでたから購買でパン買ってこっちで食べよう思ったら、なかでこんな痴情が…

あわ…あわわわわ…もとい、ふな…ふなななな……!」カタカタ…

カンッ