京太郎(せっかく大阪に来たんだ。もうたまらん、串かつを食うしかない)

店員「いらっしゃいませー、奥の席どうぞー」

京太郎(お、ハンガーがある。ありがたい。小さい店ながらこの気配りは大きい)

洋榎「あとはー、うずらと、かつと……」

雅枝「あんた、まだ食べんのんかい!」

絹恵「お姉ちゃん太るで」

京太郎(うずらか……一本いただくとしよう。あとは……)

雅枝「あと紅しょうがな」

店員「かしこまりましたー」

京太郎(紅しょうが?ほう、これもうまそうだ。よし、俺の布陣は決まった!)

京太郎「すいません」

店員「はい」

京太郎「えと、串かつを三本と、うずらを二本、あと紅しょうがを二本、それに、ホタテとエビとシシャモとカキを一本ずつ。取り敢えず以上で」

店員「はいかしこまりましたー」

京太郎(ふぅ、ん?おお、やっぱり二度付け禁止と書いてある。さすがだ)

店員「おまちどうさまです」

京太郎(おお、来た。思ったよりもボリュームがある。でもこんなもんじゃおさまりそうにない自分が怖い!)

京太郎「いただきます」

京太郎(まずは串かつを……うん、うまい!やはりうまい!三本どころか三百本はいける!それにこの紅しょうが、かなりいける!うずらも悪くない)


絹恵「お姉ちゃんソースわけてー」

洋榎「しゃーないなー、ほら」

京太郎(余計にソースをつけることで足りないほうにソースをわけることができる。姉妹ならではの戦法だな……いや、これは一人でもできるか)

京太郎(いいことを教えてもらったんだ、あとはただ串かつに集中しよう)

雅枝「あ、店員さんどて焼きちょーだーい」

店員「はーい」

京太郎(どて焼き?)

店員「おまちどうさまです」

洋榎「おかんほんまに好きやな」

絹恵「ひと口ちょーだい」

京太郎(おお、うまそうだ。これは食べるしかあるまい)

京太郎「すいません、どて焼きください」

店員「はいただいまー……はい、おまちどうさま」

京太郎(どて焼き、やばい。ヨダレがナイアガラだ)

京太郎「では……!」

京太郎(うますぎる。これは、うますぎる。串かつを食べにきて、思わぬ伏兵にやられてしまった)

京太郎「すいません、どて焼きもうひとつ追加で」

京太郎(思わず二杯目を頼んでしまったが、問題ないぐらいうまいのだ)

ーーーーそして

店員「ありがとうございましたー」

京太郎「ごちそうさまです」

京太郎(はぁ……食った。ほんまに食うた。どえらい満足したわ。おっと、関西弁がうつってしまった。にしても大阪の串かつ、そしてどて焼き……侮り難し!)

京太郎(一服してから、帰ろう)

カンッ!