記者『では宮永さん最後の質問です。彼氏とかいらっしゃらないんですか?』

照『えっ、そんなの関係ないですよね?(正論)』

記者『す、すいません』

照『……まぁ、いますけどね』

記者『!?』

照『京ちゃん、須賀京太郎くんと結婚を前提にお付き合いさせてもらってます』

咲「…………」

咲「な、なんじゃぁこりゃぁ!?」ザッシタタキツケ

咲「はぁ、はぁ……」

ドア「ガチャリ」

照「ただいマンモス……あ、取材受けた雑誌だ。なんで床に落ちてるの?……照だけに」

咲「お姉ちゃん!」

照「あ、咲。ただいマンモス」

咲「は?そんなことより何これ!この雑誌!紙面飾ってコラ、何がしたいのコラ」

照「何がコラじゃコラ。京ちゃんは私のお婿さんだコラ」

咲「ナニコラタココラ」



チャイム「ピンポ~ン」

京太郎「おっ、開いてんじゃ~ん。お邪魔しま~す」

咲・照「あっ!京ちゃん!」

京太郎「咲、急に呼び出して何の用だ。ん?照さんもいるのか」

照「マイダーリン、お久しブリーフ」

咲「……ごめんね、京ちゃんにちょっと聞きたいことがあって」

京太郎「(照さんは無視しとこ)あぁ、何だ?」

~京太郎に雑誌の記事説明中~

京太郎「全く身に覚えのない話です……」

咲「やっぱりね!お姉ちゃんの嘘だった!だって京ちゃんは私のお婿さんだもんね!」

京太郎「え?」

照「咲、あまり調子に乗ってはいけない。京ちゃんはまだ身に覚えがないだけで、これは運命」

京太郎「ちょ、ちょっと二人とも何を言っているんですか?」

咲「運命なら私の方が強いもん!」

照「ない、それはない。姉より優れた妹はいないから」

咲「あ?」

京太郎「ケンカはよせって!それにさっきから聞いてれば、運命だのなんだって」

京太郎「俺の気持ちを全然考慮してくれてないじゃないですか」

咲・照「だって、私のこと好きでしょ?」

京太郎「えっ、何それは……」

咲「もう、こうなったら……お姉ちゃん!」

照「うん、いいよ。どっちが京ちゃんをより昇天させられるか」

咲・照「勝負!」

京太郎「やべぇよ、やべぇよ。逃げろっ!」

ドア「ガチャガチャ」

京太郎「あ、開かないっ!」

照「無駄だよ、そのドアは私の『どうぞ』という言葉にしか反応しない」

京太郎「あ、開いた」

照「(´・ω・`)」

咲「お姉ちゃんのバカ!逃がさないよ京ちゃん。電波変換!宮永咲、オン・エア!」オヒュカスクイーン

京太郎「あぁっ!蛇が絡んで身動きができないっ!」

咲「もう抵抗しても無駄だぞ」

照「思った通りいいカラダしてるね、京ちゃん」

京太郎「やめろぉ(建前)、ナイスゥ(本音)」

この後めちゃくちゃ昇天した



京太郎「ハァ、ハァ……グスン」

咲「いやぁよかったよ、京ちゃん(スッキリ」

照「京ちゃんって意外とM気質なんだね(テルテル」

咲「京ちゃんと一つになれて、勝負は私の勝ちでいい気分だよ」

照「ん?勝負は私の勝ちでしょ」

咲「は?」

咲・照「……もう一度勝負だ!」

京太郎「もう……お婿にいけない」

三人は幸せなキスをして終了。

カン


咲「お姉ちゃん!こうなったら先に赤ちゃんを授かった方の勝ちだよ!」スキンハポーイ

照「望むところっ!」

京太郎「……子供の名前はなんにしようかな~」アキラメ

もういっこカン