共学設定です


一目あったその時から、須賀くんには何か、不思議な存在感があった。

麻雀の腕に覚えのある一年生が、全国から集まる名門校、千里山。

ウチはその中でも、最強の一年生やと思ってる。

そして須賀くんは……誰の目から見ても、最弱。

魔境こと、長野から来たから強いのかと思ってたけど……全くそんなことはなかった。家の

都合で引っ越してきたらしい。

気まぐれで入った麻雀部で、須賀くんは毎日ひたむきに練習してて、人が嫌がる雑用を率先

してやっていた。

そして、誰よりも楽しそうに麻雀を打っていた。それこそ、麻雀バカって言ってもいい位。

そんな須賀くんに……ウチは恋をしてしまった。

朝クラスで会って挨拶する時でも、ウチは赤くなった顔を隠すので必死。

先輩たちにいじられて楽しそうに談笑している所を見てると、胸の辺りがザワザワして落ち着かない。

かといって話しかけられてもテンパる。まともに会話もできない。

ある日の放課後……ウチと須賀くんは。

泉「……」ダラダラ

京太郎「……」キュッキュッ

部室で二人きりになった。

ヤバいヤバい、かなりピンチ。

今日は部活が休みで誰もいないはずやったのに。

部室に忘れ物を取りに行ったら、須賀くんが牌を洗ってた。

このまま帰るのも悪いし、手伝うことにしたんやけど……困った。

京太郎「二条、汗がすごいぞ?」

泉「ふぇっ!?いいいっ、いやー今日は蒸すなー!///」パタパタ

京太郎「……変な奴だなー」キュッキュッ

な、なんとか誤魔化せた?今五月やけど。今日は肌寒いくらいやけど。

泉「……」チラッ

京太郎「?」

泉「ッ~~~!///」サッ

無理、直視できん!とにかく早く終わらせな……!

泉「………………」キュキュキュキュ

無。心を無にして、ひたすら牌を磨く。

京太郎「うおっ、早いなぁ二条」

泉「………………」キュキュキュキュ

京太郎「おーい、にーじょう?」ズイッ

泉「ぅひゃあっ!?そ、それ卑怯やぁ!///」

京太郎「なにが!?」ビクッ

自分から目線に入ってくるとか!逃げ場ないやんけ!?

京太郎「……なー二条、別に手伝わなくてもいいんだぞ?」

泉「……えっ?」

唐突に、須賀くんが言った。

京太郎「俺がやっておくからさ、用があるなら帰ってもいいんだぜ?」

一瞬、心がチクリと痛んだ。もちろん、気を遣ってくれてるんやろうけど……。

泉「それって……ウチとおるのが、嫌ってこと……?」

分かってても聞いてしまう。あーもう!ヤなヤツやわ、ウチ。

京太郎「え、あ……そ、そういう意味じゃないんだ、ごめんな」

やっぱり、須賀くんはそういう人や。須賀くんの優しさにうまく答えられない自分に腹が立つ。

泉「ウチこそ、変なこと聞いてごめん……ってゆーか、須賀くんこそ帰らへんの?」

京太郎「え、俺?」

泉「……今日、部活休みやで?なんで放課後に残って雑用してんの?」

京太郎「休みってのは知ってるよ」

須賀くんはコクリと頷いて言った。

京太郎「俺、麻雀弱いからさ。麻雀部の足、引っ張ってるだろ?だから、せめて自分に出来ることはないかなって思ってな」

京太郎「あ、もちろん麻雀はこれから強くなるからな!?今に二条を抜いて、レギュラー入りしてやるぞ?」

……改めて、思った。須賀くんは麻雀バカだ。あと、執事気質というか、雑用を苦と思ってない。やっぱバカだ。

もう一つ。そんなバカを……ウチは、どうしようもなく好きってことも。

泉「……ぷっ!くくっ、ないない!冗談やろ?須賀くんが、ウチを?あっははは!」

バカげた発言とは裏腹の、その真剣な表情に、おかしくて腹を抱えて笑ってしまう。

京太郎「……うっせー、笑い過ぎだぞ」

泉「しかもレギュラーって男子と女子で別れてるし……はー、涙出てきた」ゴシゴシ

やっぱり須賀くんといると楽しい。いつもは一緒にいるとドキドキして、自分から避けてたけど。

……ってあれ?なんか今の所、うまく会話が弾んでないか?

泉「……っ!///」カァッ

あー、意識したらあかん!ぷいっと顔を背けてしまう。

とにかく会話を続けようと頭の中で必死に話題を探す。すると、須賀くんの方から話してくれた。

京太郎「……二条って、かっこいいよなぁ」

泉「かっこいい?ウチが?」

京太郎「麻雀めちゃくちゃ強くてさ、一年生でレギュラー入りするし。そういうのって、漫画の主人公みたいでかっこいいなって」

泉「……そりゃ、須賀くんに比べたら強いって」

京太郎「お、俺は努力して強くなるタイプの主人公なんだよ!」

須賀くんは、ふんっ、と鼻を鳴らして牌磨きに集中する。変に強がりな所も、見ていて面白い。

その時、一瞬心がざわついた。バカにしすぎたかなと思うと、不安でたまらなくなった。

泉「あっ、その!今は弱いけど……続けてたら、絶対強くなるから!」

京太郎「……なにその急なフォロー」

泉「だ、だって……やめられたら、嫌やし……麻雀部」シュン

過去にも何度も、須賀くんの麻雀の腕をバカにしてきた。自分でも幼稚な事だとはわかってるけど、照れ隠しでつい、そのことをいじってしまう。

須賀くんはふっと笑うと、ウチの頭に手を乗せた。

泉「ふひゃっ……?」

京太郎「心配しなくても、麻雀は続けるよ。ありがとな」ナデナデ

泉「っ……うん」

娘のわがままを許す父親のように、頭を撫でられる。

……って娘って!せめて恋人とかに……恋人!?

泉「はぅっ!あ、頭、撫でるのやめて……///」

京太郎「あ、ごめんごめん、良い位置にあったから」

泉「何それ……」

はぁ、とため息を吐く。心配は無用だった。

京太郎「今に見てろ、千里山の雀鬼、須賀と呼ばれるくらいに強くなって……」ブツブツ

泉「あーはいはい、言っとけ言っとけー、えへへっ」

そう言ってから、しばらく牌磨きに集中する。あともう少しで、終わりだった。

京太郎「……あーでも、女性にかっこいいは失礼だったかな?」

一分くらいしてから、須賀くんが言った。

泉「え?」

京太郎「二条はかわいいし、な」

泉「…………!!?///」ボフンッ

不意打ち。さっきまで順調に会話してたのに、その一言で一気に動揺してしまう。

まだこちらが落ち着いてもいない内に、須賀くんは続ける。

京太郎「麻雀も強いし、美人だしなー。清水谷部長とかもそうだけどさ」

泉「あ……あぅ……///」カァァ

京太郎「先輩達と違って心置きなく話せるっていうか……気が合うっていうか」

泉「や、やめ……!///」

京太郎「二条が恋人だったらなぁ」

泉「―――ッ!?///」ガタッ

あぁやっぱりダメだ!須賀くんはバカだっ!バカバカ、バカ!

泉「もっ!もう終わるし、ウチ帰りゅ!!///」ダダッ

京太郎「あっ!?噛んだ?に、二条ー!?」

ほとんど全力疾走で、廊下を駆け抜ける。須賀くんの声が後ろから聞こえたけど、構うもんか!

結局、学校を少し離れたところで、疲れて減速する。

呼吸を整えてから、冷静になる。雑用も終わらない内に逃げ出して、バカはウチやんけ。

……もうとりあえず、今日は帰ろう。顔が真っ赤なのは走ってきたからだと、頭の中で言い訳しつつ。

泉「……須賀くんも、かっこいいよ……はぁ……///」ボソッ

明日言おう。絶対。須賀くんに、ウチと同じ位恥ずかしい思いをさせてやる。

…………無理かな?……無理そう。

カンッ