京太郎「さて、ホラー映画のDVDを借りて家に帰りついたんだが」

京太郎「桃、本当にホラーで良かったのか? しかもこれ物凄く怖いって話題の映画じゃないか」

桃「いいんすよ、私そこまでホラーとか得意じゃないんすけど この映画前にCMで見たときから気になってましたし」

京太郎「怖いもの見たさってやつか」

桃「っす」

京太郎「まぁいい、せっかく借りたんだし早いとこ見るか」

桃「了解っす 飲み物とかはどうしますか?」

京太郎「そうだな。炭酸でいいか? あとはスナック菓子でも」

桃「それでいいっすよー」







桃「部屋を暗くすると映画館みたいでわくわくするっすねー」

京太郎「ホラーだしそれらしくした方が怖いだろうしな」

桃「本格的っすねー」 

京太郎「しかしやっぱりお前はそこなんだな」  【←ベットに座ってる】

桃「そりゃそうっすよー」  【←京太郎の膝の上】

桃「怖い映画を見るんすから少しでも怖くないようにギュってしてて欲しいんすもん」

京太郎「まさかとは思うけど、膝に乗って抱きしめられたいからって理由でホラーにしたんじゃないだろうな?」

桃「エー ソンナワケナイッスヨー」

京太郎「こっちを見なさい」コチョコチョ

桃「きゃー 京太郎さんがえっちになったすー」キャッキャ

京太郎「何いってんだ」ポカッ

桃「あいたっ」

京太郎「まったく、してほしいなら素直に言えばいくらでも膝に乗せたりしてやるってのに変な小細工とかするなよ」

桃「えへへ///」

桃「じゃあ次に映画見るときはラブコメとか見たいっす!」

京太郎「ハイハイ んじゃ映画再生するぞ」

桃「了解っすー」





≪ホラー映画視聴中≫


<ヴオォオォォ コレネェ ミキプルーンノナエギィイィィィ
<いやぁあああああ


京太郎「うゎ 話題になってただけあって結構怖いな」


桃「きゃー こわいっすよー」ギュー


京太郎「桃、俺の胸元に顔うずめてたら映画見れないだろ」


桃「だってこわいんすもんー」


京太郎「いや、音だけの方が怖い気がするんだがな」


桃「じゃあ映画終わるまでギューってしてて欲しいっすーこわいっすよー」


京太郎「まったく、これでいいか?」ギュー


桃「わーい」


京太郎「って結局映画は見ないのかよ、何のために借りたんだか」


桃「ギューってしてもらうためっす!」


京太郎「開き直るんじゃない! こいつめー」ムギュー


桃「わきゃー///」





名前:
コメント: