衣「このパンは美味いな衣は気に入ったぞ京太郎」

透華「あら、珍しいですわね普段は辛口の貴方が素直に褒めるなんて」

純「いや須賀が作ったこのバターロールか結構いけんだよ」

智紀「と、言っても使ったのはバターじゃなくてマーガリンだけどね」

透華「マーガリン?」ピク

透華「須賀さんウチには高千穂バターやエシレバターがあったはずですがどうして使わなかったのですか?」

京太郎「ハギヨシさんには許可をもらってたんですけど、種類が多すぎてどれを使っていいのか分からなかったので買ってきちゃいました」

一「けど須賀君もバターロールなんか作らずにもっと他のパン焼けばよかったのにね」

透華「なんか、ですって?いいですか一バターロールは食パンにこそ劣るものの学校給食を筆頭にもはや定番と言っていいものですのよ
実際に我が龍門淵グループのパン部門でもベスト10に入るほどの売り上げを誇ります。それを「なんか」で済ませてはいけません」

衣「とーかは物知りだな衣はバターロールがそんなにすごいとは知らなかったぞ。きょーたろーは知ってたか?」


京太郎「俺も初耳です。バターロールってそんなに食べられてたんですね。あ、忘れるところだった俺他の料理も取ってきますね」

透華(それをこの男は…よりにもよってマーガリンなんかで作るだなんて)プルプル

純「まぁそんなウンチクはどうでもいいから透華も食ってみろって美味いぞコレ」

透華「結構です」プイ

智紀「美味しいのに」モギュモギュ

衣「とーかはき食べ物を粗末にするのか?ましてこれはょーたろーが一生懸命作ったパンだ。人の誠意をとーかは無下にするのか」ジー

ハギヨシ「私からもお願いします。衣様が食されるだけの価値がこのパンにはあるのです。透華お嬢様の舌を汚す事はないかと」

透華「ハギヨシまで!?…わかりましたわ。食べればよろしいのでしょう?食べれば」ハム

透華(こ、これは!?)

ハギヨシ「お気づきになられたようですね」

透華「…ペーパーアクションですわね」


透華(本来なら200度前後の温度で15分ほど焼くのがバターロールの定石…それを更なる高温、短時間で焼いてパンをふっくらと仕上げる技法…
数秒でも間違えればパンが焦げるため、見極めるタイミングが難しくこの屋敷でもハギヨシ以外は不可能なはず。それをこの男が……)

一「やっぱり透華の口には合わなかった?まってていま別のパンもってくるから」

透華「それには及びません……今回はこのマーガリンロールで我慢します」

一「本当にいいの?」

透華「衣ではありませんが、他人の好意を無下にする程この私は矮小ではありませんから」

透華(これ程のマーガリンロールを食べてしまったら他のパンでは口が汚れてしまいますわ)グヌヌ

京太郎「お待たせしました」コト

智紀「これはサラダと色のついたゆで卵、だね」

純「へぇ見た目がカラフルなだけだと思ったらこのゆで卵色によって味が違うんだな」モグモグ

京太郎「卵に穴をあけて中身を取り出した後に白身を生クリームやスープで味付けして、殻に戻したのを蒸したんですよ」

衣「口でいうのは簡単だがコレは手間をかけているな。きょーたろーまた腕を上げたな。とーかもこれなら文句は…とーか?」


透華「」プルプル

ハギヨシ「お嬢様?どうかなされましたか?」

透華「屈辱ですわぁ…こんなモノが美味しいと感じてしまうなんて」ブワァ

一「と透華!?透華が食べてたサラダに何か変なものでも入ってたの?」

ハギヨシ「…なるほど。そういう事でしたか」

純(なぁ智紀、須賀作ったサラダ何が問題か分かるか?)ヒソヒソ

智紀(ううん。食べやすいって感じるくらいで特には…)ヒソヒソ

透華「須賀さん…貴方このサラダのドレッシング水で割りましたわね?」キッ

京太郎「はい。最初ドレッシングを作ったときに味見したら少し濃くなっちゃったので、蛇口から水を少し足したんですよ」

一「蛇口からって事は…もしかして水道水?」



ハギヨシ「そうとも言えませんよ。バーテンダーが作るカクテル等はシェイクする時に解ける氷の水も計算して作りますから。それに人の
味覚は複雑で料理によっては雑味も必要不可欠です。今回は水道水の雑味がいい方に転んだのでしょう」

透華(馬鹿にして!馬鹿にして!こんな水道水なんかで!!覚えてなさい須賀京太郎!次は貴方の料理が不味いと言って見せますわ)モギュモギュ

カン