京太郎「染谷先輩、コンタクトにはしないんですか?」

まこ「普段ならコンタクトでもかまわんが、対局で本気出すときに、いちいちコンタクト外すのは煩わしいからのぉ」

京太郎「ああ、そういえばそうか」

まこ「まぁでも、メガネなしでちゃんと見えるのは、ちっとは憧れるのぉ」

京太郎「俺、視力結構いいんですよ。例えばあそこにある看板の文字とか……あっ!」

まこ「ああ、あれか?よくこっから見えるのぉ。なんて書いてあるんじゃ?」

京太郎(やべぇ、風俗の看板だ。しかもかなりエグい……)

まこ「えっと……お、読めそうじゃ!なになに……へっ!?」

京太郎(あちゃー……)

まこ「や、やっぱり読めんわ……///」

京太郎(恥ずかしさで、ちょっと頬を赤くしている先輩……ありだな!)

カンッ