―強化合宿でのお話―

咲「王様ゲーム…ですか?」

久「ええそうよ。合宿中にする遊びとしてはちょうどいいと思って」

和「王様ゲーム、聞いたことはありますけど。やったことはないですね」

優希「楽しそうだじょー!のどちゃんのおっぱいは私のもんだじぇ~!!」

和「優希!!もう……」

まこ「まあ、たまには息抜きも必要じゃけんのう~」

咲「あの…」

久「なあに?」

咲「王様ゲームってなんですか?」

和「宮永さん王様ゲーム知らないんですね」

優希「簡単に言うと、王様が皆に好きに命令できるゲームだじぇ~!!」

久「簡単にいうとそうね」

久「まあルールを知らない咲のために一応説明するわね」

久「人数分の番号を書いたくじと「王様」と書かれたくじを、みんなで同時に引くの。そのとき「王様だーれだ!?」っていう掛け声をかけるのが一般的ね」

久「王様を引いた人が、好きな番号の人に自由に命令できるの。例えば三番と五番が握手する、とか一番が王様に肩もみをする、とかね。基本的に王様の命令には絶対に従わなきゃならないの」

久「こんなところかしら。分かった?咲?」

咲「は、はい…なんとなくは分かりました…」

久「じゃあ、早速始めましょうか」

和「ちょっと緊張しますね…」

優希「なんかワクワクしてきたじぇ」

まこ「まあ、そこまで変な命令はださんけえ、緊張しなさんな」

久「そうよ。あくまで息抜きだからね。あまり深く考えなくていいわ」

咲「…………」

久「じゃあ、一回目」


「王様だーれだ!?」

久「あら、私が王様みたいね」

久「じゃあ一番と四番が握手する!始めらしく簡単でしょ?」

まこ「わしが一番じゃ」

和「あ…私が四番です」

久「はいじゃあ握手~」

ギュッ

まこ「われの手は小さいのう」

和「…なんだか恥ずかしいですね」

久「とまあ、こんな感じね。じゃ、次行きましょうか」

咲「あの…部長」

久「どうかした?」

咲「京ちゃんは…入れてあげないんですか?」

咲「合宿中ずっと雑用で、お部屋も私たちと別でずっと一人でさみしいんじゃないでしょうか…」

咲「せめてゲームだけでも一緒に遊べないかなって…」

久「そうねえ。咲の言う通りだわ。でも須賀君を呼ぶならちょっと王様ゲームはまずいかもね…」

和「須賀君と一緒にやることの何がいけないんですか?」

まこ「よう考えてみい。王様の命令は絶対じゃから、もし変な命令されても断れんのじゃぞ」

優希「のどちゃんのおっぱいをわしづかみにされるかもしれないじぇ!」

和「そんなオカルトありえません」

和「と言いたいですが、なるほど確かにそれは…」

久「ん~というわけなのよ。咲。じゃあ須賀君も入れて別の遊びにしましょうか」

まこ「…」ピーン!

まこ「なあ。ちょっと思ったんじゃが、別にゲームを変えなくてもなんとかなるんじゃないかの」ニヤニヤ

久「急にどうしたのまこ?」

まこ「いや、なんか王様ゲームがやりたくての(嘘じゃが)。だから京太郎が入ってても問題ないルールを作ればええじゃろ」

久「…どうするのよ」

まこ「例えば…そうじゃの。いやらしい命令は禁止、とかでいいんじゃないかの」

まこ「もともと王様ゲームは男女混合で楽しむものじゃし」

まこ「京太郎にもちゃんと説明すればその辺はわきまえるじゃろ」

久「まあ、そんなにまこがやりたいなら、別にいいけど…」

久「とりあえず、咲は須賀君を呼んできて」

咲「はい!分かりました!」


―京太郎のお部屋―

京太郎「はぁ~今日も一日雑用疲れたな…」

京太郎「まあでも皆の役に立ててるからいいか」

京太郎「でもやっぱり合宿にまで来て一人ってのは寂しいな……」

コンコン

京太郎「?誰だ?」

ガチャ

京太郎「て咲か。こんな夜遅くにどうした?」

咲「実は今から皆でゲームして遊ぶことになったんだけど、京ちゃんも一緒にやらない?」

京太郎「マジ?!俺も行ってもいいのか?」

咲「もちろんだよ!京ちゃんも清澄麻雀部メンバーの一員なんだから!」

京太郎「よっしゃーっ!実は相当暇してたんだ。誘ってくれてありがとな、咲」ナデナデ

咲「ちょ、ちょっと頭なでないでよ…//」

京太郎「あ、すまんすまん。つい嬉しくてな」ハハハ

咲「い、嫌じゃないけどね」ボソッ

京太郎「何か言ったか?」

咲「何も言ってないよ!(京ちゃんのバカ…)」

京太郎「よし、じゃあ行くか!」



久「お、来たわね須賀君」

京太郎「はい。皆と遊べるなんて、楽しみですよ。それで何のゲームするんですか?」

久「ちょうど王様ゲームをやってるところなの。須賀君もやるわよね?」

京太郎「え…王様、ゲームですか?…ちょっとそれに俺が参加するのはまずいんじゃ…」

久「何?須賀君は私たちにどんなことをさせるつもりでいるの?」ニヤニヤ

京太郎「違いますよっ!ただ、なんか俺が皆を不快にさせるような結果になったらいやだなって…」

優希「犬にしては殊勝な心がけだじぇ!でも心配しなくても、京太郎ごときに私たちはビビらないじぇ!」

和「それに須賀君専用ルールもありますしね」

京太郎「え?」

久「まあ単純なんだけど、いやらしい命令は禁止、それだけよ。それ以外の命令は基本的になんでもアリ。これでどうかしら?」

京太郎「うーん…でも…」

久「じゃあ、まずい命令があったら、私が部長権限でゲーム中止にする。これでどう?」

京太郎「分かりました。それなら、大丈夫だと思います」

久「じゃあ、続けましょうか」



「王様だーれだ!?」


優希「ふむ。どうやら今回は私がおーさまのようだな。どうしようか悩むじぇ」

優希「犬も入ったことだし、ちょっと刺激的な命令にしていくじぇ!」

優希「じゃあ。一番と二番が手をつなぐ!時間は一分間だじぇ!」

京太郎「お、俺一番だ」

久「私は四番よ(…誰になるか楽しみね)ニヤニヤ

まこ「わしは五番じゃ(…相手が咲だったら面白いんじゃが)」

和「私は三番ですね」

咲「え、わ、私が二番だ…」アワアワ

京太郎「なんだ咲とか。よし、じゃあ俺の隣に来いよ」

咲「う、うん…」

ギュッ

咲「(京ちゃんの手…大きくてあったかいよ…)」ドキドキ

咲「(それになんだか安心する…)」

咲「(しばらくこのままでもいいかも…)」ポー

京太郎「咲の手は冷たいな~てどうした咲?ぼーっとして」

咲「」ポー

京太郎「咲…?おい咲??」

咲「はっ!え?何京ちゃん?」

京太郎「いや、もう一分経ったから終わりだぞ」

咲「う、うん。ごめんね。」

京太郎「咲らしくないな」ハハッ

咲「(もう少しこのままがよかったよう…でも王様ゲーム、悪くないかも…)」

久「コラ。いつまでも咲は妄想にひたらないの」ニヤニヤ

咲「?!ひたってなんかないです!」

京太郎「え?妄想がなんだって?」

咲「な、なんでもないよ!!次始めましょう!早く!」

優希「(咲ちゃんなんか可愛いじぇ)」

和「(男の人と手をつないだら…あんな風になるんでしょうか…)」

久「じゃあ次行くわね」



「王様だーれだ!?」

咲「お、王様になっちゃたよ…」

久「咲が王様ってなんか似合わないわね」アハハ

まこ「(魔王様…なーんて呼ばれとったりしてな…)」

咲「どうしよう…(あんまり変な命令にはしたくないし…)」

咲「じゃあ…四番の人が二番の人の肩をもんであげる、でいきます」

優希「時間制限はあるのかぃ?咲ちゃん」

咲「えっと、じゃあこれも一分間で」

和「私が二番ですね。(肩をもんでもらうだけなら安心ですね)」

京太郎「俺は四番…また俺か」

久「須賀君、さっきから大当たりね」ニヤニヤ

京太郎「偶然ですよ!ホント命令を縛ってて良かったです」

まこ「とか言って、少しもったいなかったとか思っとるんじゃないんか?」ニヤニヤ

京太郎「思ってないですよっ!」アセアセ

和「そうですよ。須賀君に失礼ですよ」

京太郎「(…ちょっとだけ思ったのは内緒にしとこう)」

京太郎「じゃあ、和、あの椅子に座ってくれるか?」

和「分かりました」

京太郎「じゃあ、いくぞ」

和「(なんか緊張しますね…ただ肩をもんでもらうだけなのに…)」

グイッ

和「(?!)」

グッグッ

京太郎「おー和、けっこうこってんのな。まあ麻雀で疲れてるもんなあ」

和「(き、気持いいですね…これは予想外です)え、ええ。それより須賀君肩もみ上手ですね」

京太郎「よくばあちゃんとかの肩もみやらされてたからなー。しかし和ホントにこってるなあ」

グイッ

和「(ちょ…)あっ」

京太郎「ん?どうかしたか?」

和「いえ、なんでもないです…(気持ち良すぎて、少し声が出てしまいました)」

久「(なーんか微妙にいやらしいわね…でも命令は肩をもむだし、別にルールは破ってないからこれは何とも…)」

和「ん、んっ(ダメ…気持ち良い…!)」

優希「(見ててちょっと恥ずかしいじぇ…)」

京太郎「どうした和?もしかして少し痛かったか?」

和「い、いえ。つづけてくだ、ひゃうっ!」

京太郎「ご、ごめん、少し強くもみすぎたかもしれん」アセアセ

咲「(京ちゃん肩もみ上手だからなあ…私も昔やってもらったけど、本当に気持ちいいんだよね)」

まこ「(面白くなってきたのう)」ニヤニヤ



和「す、須賀君ありがとうございました…」

京太郎「また、やってほしかったらいつでも言ってくれよな」

和「はい…(声を我慢するので精いっぱいでした…でもなんか癖になりそうでしたね…)」

久「和は胸大きいからねー肩がこりやすいのかもねーそれに比べて…」チラッ

咲、優希「なんでこっち見るんですか(だじぇ)!」

久「いやー別にー」ニヤニヤ

久「それより和、なんかさっき変なこ「きゃー!やめてください!」

京太郎「?」

和「部長!何を言うつもりですか?」ヒソヒソ

久「あらいやだわ。私はただ須賀君に和が気持よさそうだったって言おうとしただけよ。せっかくもんでくれたんだから、感想ぐらい言うのは当然でしょ?」ニヤニヤ

和「その伝え方がなんで声が出てたから、なんですか!」ヒソヒソ

久「あら?私は「こ」しかまだ言ってないのに、なんで「声」だって分かるのかしら?」ニヤニヤ

和「~~~~~~っ」!

久「ごめんごめん。意地悪しすぎちゃったわね。冗談よ、和」ハハハ

和「笑いごとじゃないですよ…もう…」

まこ「(今日も部長は絶好調じゃの。じゃがあんたもゲームに参加してることを忘れたらいかんがの)」ニヤニヤ

久「よし、どんどんいくわよ!」



「王様だーれだ!?」

和「こ、今回は私が王様ですか…(さっきの余韻が、まだ肩に…)」

和「(さっきので分かったんですけど、命令に関係なく、いやらしくなる可能性はあるんですね…)」

和「(さっき…さっきの…)」

和「…//」

久「どうしたの和?顔を赤くしたりして?今は麻雀なんて打ってないのよ?」ニヤニヤ

優希「今ののどちゃんは、すーぱーのどっちだじぇ!のどちゃん沸騰、相手は死ぬ!」

和「部長には関係ないですっ!って何ですかすーぱーのどっちって!」

和「全く…そんなオカルトありえません」ボソボソ

和「じゃあ…三番の人が四番の人に自分の秘密を話す、でどうでしょうか」

和「四番の人にしか分からないよう、耳打ちということで」

久「和にしては面白いの思いつくじゃない。でも私は五番だから関係ないわね」

咲「(秘密って…私だったらどうしようって違った)私は二番です」

まこ「わしは一番じゃ。ということは優希と京太郎か?どっちがどっちじゃ?」

優希「わたしが四番だじぇ。よーし京太郎!おまえのとっておきの秘密をわたしに話すじぇ!」

京太郎「また俺か…(って言っても特に話す秘密なんてないからな…)」

京太郎「(まさか家に隠してあるエロ本のありかを話すわけにもいかないし…)」

京太郎「(というか、いつも優希には馬鹿にされてるから、ここで仕返しするチャンスだな)」

京太郎「(…よし!)」

京太郎「分かった!じゃあ優希、耳を貸してくれ」

優希「面白い秘密じゃなっかたら承知しないじぇー!」

京太郎「(ふふふ…)」

京太郎「優希…」

優希「ふんふん」

京太郎「お前ってさ…結構可愛いよな…」ヒソヒソ

優希「へっ?」

京太郎「だからいつも明るくて元気で可愛いなって…」ヒソヒソ

優希「な、なに言ってるんだじょ!いいからバカ犬の秘密を…」

京太郎「顔も童顔でよく見ると肌もきれいで…」ヒソヒソ

京太郎「タコス食べてるとこも、無邪気でいいよな…」ヒソヒソ

優希「も、もうやめるじぇ」カアアッ

京太郎「なんか抱きしめたくなってきた…」ヒソヒソ

優希「お、お願いだからもうやめるじょ…//」

京太郎「優希…お前は俺のこと嫌いか…?」ヒソヒソ

優希「う…き、きょうたろう…//」

京太郎「(ハハハ。仕返し成功っと♪しかし、こんなにうまくいくとは)」

久「(優希の顔が真っ赤ね…須賀君もけっこうやるわね)」

まこ「(まさか京太郎のほうからしかけるとはのう。意外とやるのう)」

和「(どうしたんでしょう優希…さては須賀君にいやらしいことを…)」

咲「(京ちゃんけっこういじわるなんだよね…)」




優希「おかしいじぇ…こんな…こんなはずじゃ…」ボソボソ

久「はいはい。じゃあ次行くわよ」

久「(それにしても、私一回も当たってないわね…そろそろ当たってもおかしくないわね)」



「王様だーれだ!?」

まこ「お、ようやくわしが王様じゃな(おし!これは…考えものじゃな)」

久「(まこが王様か…嫌な予感がするわね)」

優希「そういえばまだ部長は一回も命令されてないじぇ」

久「そうね。まあ、そういうこともあるのかもね」

和「(ちょっと部長が焦るところも見てみたいような気もしますね…)」

咲「(部長っていつも冷静で焦る姿なんか見たことないから…ちょ、ちょっと興味あるかも)」

京太郎「それで、染谷先輩、今回はどんな命令にするんですか?」

まこ「そうじゃのう…」

まこ「(よし…ここでメガネをはずして…)」スチャ

まこ「(ふむ。この場面は何度か雀荘で見たことがある…)」

まこ「(昔から何度も雀荘で王様ゲームをやってきたけんのう)」

まこ「(今回のパターンも過去の記憶と一致する…!)」

まこ「(なるほど、皆の番号が特定できたわい…)」

久「(まこのやつ…メガネ外してどういうつもりかしら)」

まこ「よし。命令決まったわい」

まこ「五番が一番の頭をなでる。それも相手の容姿をほめながらじゃ」

久「(私が一番だ…五番はまさか須賀君だったりは…)」

優希「わたしは三番だじぇ」

和「私は二番ですね」

咲「私は四番だ…(京ちゃんに頭をなでてもらう…ちょっとうらやましいかも…)」

京太郎「俺が五番ですね…」

久「(あちゃー…そうきたか…ま、まああくまでフリだし、どうってことないわよね…)」

まこ「(時間制限設けてないの…まあほっとくか)」

京太郎「じゃあ。部長、頭なでやすいように俺の目の前に来てもらえますか?」

久「え、ええ」

京太郎「じゃあ、いきますよ(やるからにはさっきみたいに真面目にやるか…)」

久「(須賀君って…目の前で見たらすごく背が高いわね…私の頭が須賀君の胸のあたりにあるもの…)」

ナデナデ

京太郎「(部長の髪…綺麗だな…なんかいい匂いするし…ってこれを口にださないといけないのか)」

久「ん…(須賀君頭なでるの上手ね…なんだか気持ちよくてそれにくすぐったい気分だわ)」

京太郎「部長の髪、綺麗ですね…それになんだかとってもいい匂いもしますし…」ナデナデ

久「へ?」

京太郎「部長って綺麗だし…それでいて可愛いところもありますし…とても魅力的ですよね」ナデナデ

久「す、すがく…」

京太郎「それに華奢なのにスタイルもよくって…思わず抱きしめたくなりますよ…」ナデナデ

久「え、あの、えっと…//」

京太郎「部長…可愛い…」ナデナデ

久「あ…あう…」カアアッ

京太郎「(やべえ…マジで部長真っ赤になっちまった…てか可愛いな…嘘言ってるわけでもないし…ってあれ染谷先輩?)」

京太郎「(なんか看板みたいのもってる。何…?…これはカンペか?まあ染谷先輩が王様だし、従うか)」

京太郎「部長…」ナデナデ

久「な、なにかしら須賀君…」

京太郎「俺…ホントに部長のこと抱きしめたくなってきました…」

久「え?え?」

京太郎「いいですよね…このまま…」

久「(なに?なに?え?このまま私須賀君に抱きしめられちゃうの??)」

久「(あ、須賀君が近づいてきた…須賀君の腕が胸の後ろあたりまで来てる…)」

久「(だ、だめに決まってるわこんな…)」

京太郎「部長っ!」

久「あっ…」

久「ってあれ?」

京太郎「これでいいですか?染谷先輩」

まこ「おう。京太郎ようやった」

久「」ポカーン

京太郎「まさか抱きしめる寸前までいったところでやめにしろなんて」

京太郎「なかなか難しかったですよ」

久「(え?何?つまりえ?どういうこと?)」

久「(私は須賀君に…抱きしめられそうになって…それは演技で…)」カアアッ

まこ「まあ、でも上手やったと思うの(部長のやつ…可愛い反応するのう)」

久「ちょっと!今のまこが指示したの?!」

まこ「そうじゃ。でも『王様の命令は絶対』じゃろ?別に命令自体もいやらしいわけじゃないしのう。だった寸前で止めたんじゃし」ニヤニヤ

久「~~~~~~~!!」

久「(恥ずかしいっ恥ずかしいっ!く~まこのやつ…!)」

久「(絶対に許せないわ…仕返しよ仕返し)」

和「(あんなに焦る部長…初めてみました。なんか新鮮で…面白かったですね。部長には申し訳ないですけど)」

咲「(部長でもあんなに焦るんだ…なんかいいものが見れた気がするよ。部長には悪いけど)」

優希「(わたしのはまだマシなほうだったじぇ…あんなことされたら…//)」




久「じゃ、じゃあ次で最後にするわよ(まだ胸がドキドキするわ…絶対に仕返しよ!)」

優希「部長ー顔まだ赤いじぇ」

久「気のせいよ。それにお風呂上りだからじゃない?」

まこ「もうお風呂あがって何時間経っとるんじゃ?」ニヤニヤ

久「~~!もういいでしょ!…はい!やるわよ!」

まこ「(自分がいじられるときは本当にだめじゃのう…でもなかなかいい反応じゃった)」ニヤニヤ

まこ「(ふむ…部長の性格を考えると絶対次仕掛けてくる…)」

まこ「(じゃあ、それをわしは逆手にとらせてもらうかのう)」

まこ「(よし、くじに軽く細工をして…)」コソコソ

和「(染谷先輩が何かしてますね…でもここは…黙っておきましょうか。また面白い部長が見れるかもしれませんし)」



「王様だーれだ!?」

久「あら、最後の王様は私みたいね(よしっ!見てなさいよ~まこ)」ニヤニヤ

久「(って言ってもさすがに誰がどの番号は分からないわね…)」

久「(…あら?須賀君が持ってるの、一番ね。さっき私が少しくしゃくしゃにしちゃったから…)」

久「(これはラッキーね。あとはまこの番号が分かればいいんだけど…)」

まこ「(部長のことじゃ。わしの番号を知りとうていろいろ考えとるんじゃろ)」

まこ「(偶然を装って見せてやるか…)」ニヤニヤ

まこ「ふわ~ちょっと眠くなってきたの…」プラーン

久「(!今まこが欠伸して手をぶらつかせた時、番号がちらっと見えたわ!なんてラッキーなの!)」

久「(よし…いけるわ…)」

久「じゃあ、一番の人が四番の人を押し倒すこと」

咲、和、優希「「「?!」」」

まこ「(ほう~そうきたか)」

和「ぶ、部長…それはちょっと」

咲「そうですよ!それっていやらしい行為じゃないですか」

優希「ちょっと無理があるじぇ…」

久「そうね。だから押し倒すフリ、にしましょうか。さっきの抱きしめるフリはいいんでしょ?じゃあ押し倒すフリもいいわよね?」

久「それにこれが最後だからちょっと刺激的なのが面白いじゃない(もちろんこれは体裁で本音はまこに仕返ししたいだけだけどね…)」

京太郎「(うわー俺一番じゃねえか…これで俺がなんかしゃべったらなんか言い訳がましいから黙っとこう…)」

久「それに、これは部長権限よ!!」

優希「なんておーぼーな部長権限だじぇ…(私は三番だから関係なくてよかったじぇ…)」

和「(…?なんか違和感がありますね…部長のことだから何か考えがあってのことでしょうか…?まあ私は五番だからいいですけど…)」

咲「(私は二番だ…もし私が一番で、相手が京ちゃんだったら…って私は何を考えてるの!)」ブンブン

まこ「(そう…わしが四番じゃ…さっきくじに細工をして四番を引けるようにしたしの)」

まこ「(ここでさっき作った五番のくじを準備して…四番のくじはこっそりポケットに隠して…)」

久「さあ、一番と四番の人は誰?(分かってるけど、それを言っちゃダメよね)」

京太郎「一番は…俺です…」

和「!わ、私は五番です…」

優希「三番だじぇ」

咲「わ、私も二番だから違うよっ」

和、優希、咲「「「(染谷先輩か…)」」」

久「じゃあ、まこが四番ね~まあ、王様ゲームだから仕方ないわよねえ」ニヤニヤ

まこ「ん?わしは五番じゃぞ?」

久「は、はあ?そんなわけ…じゃなくて!」

久「それだと和と一緒になっておかしいじゃない!」

和「(そういうことですか…でも…どうするんですか?染谷先輩?)」

和「私は確かに五番のくじを引いてますよ。見てください」

久「…確かに…五番ね。じゃあ、やっぱりまこあんたね」

まこ「いや、わしも五番じゃ。見てみんさい」

久「(…?!なんで?本当に五番だわ。さっき見たときは違ったのにいったいどういうこと!?)」

久「(…さてはまこ、何か仕掛けたわね…まあ仕方ないか…)」

久「分かったわ。くじを作り直して、もう一回やりましょう。最後の一回だしね」

まこ「(…そうは問屋がおろさんのう!)」

まこ「む?部長。王様のくじの裏に何か書いとりゃせんか?」ニヤニヤ

久「え?」ペラッ

久「?!!」

優希「どうしたんだじぇ?」ヒョイッ

久「あ…ちょ、ちょっと」

優希「これは…おーさまのくじの裏に四番って書いてるじぇ!」

京太郎「え!?」

咲「え?どういうこと??」

和「(なるほど…さっきやってたのはこれですか…染谷先輩も人が悪いですね…)」

久「知らないわよ!とにかくもう一回やり直しよ!」

まこ「いや~別にこのままでいいんじゃないかのう~」ニヤニヤ

久「な、何言ってるのよ!!いいわけないでしょ!?」

まこ「多少数字に食い違いはあってもルールは変わっとらんのじゃから別に問題ないはじゃろ?」

まこ「それに今回皆王様を命令対象にしてないわけじゃしちょうどいいんじゃないかのう」ニヤニヤ

久「そんなわけ…!「いや、問題ないかと」

久「和?!」

和「だって仕方ないじゃないですか。それに王様の命令は絶対、ですよね。さっき王様はこう言いました」

和「一番の人が四番の人を押し倒すこと、って」

久「いや、確かに言ったけど…そういう問題じゃ…」

久「!じゃあ部長権限よ!これはいやらしい命令だからなしよ!」

優希「さっき部長権限でこの命令は絶対って言ってたじぇ…」

久「(あ…そういえば…)」

和「それに自分ができないことを部長は人にやらせようとしてたんですか…?ひどいですよ部長…」ニヤニヤ

咲「(なんかすごいことになってるよぉ~)」ウウッ

久「(何この私一人が悪いみたいな流れ…ってかまこ細工したわね!?)」

久「(さっき見たときは四番だったのに五番になぜか変わってるし…)」

京太郎「あの…」

まこ「どうしたんじゃ京太郎」

京太郎「部長が嫌なら、やめにしませんか?」

京太郎「さっきも言いましたけど、皆を不快にさせる結果だけは嫌なんで…」

久「(ここまで後輩に言わせて…)」

久「い、いいわよ!やりましょう!」

京太郎「え?」

久「やるって言ってるのよ!さっさと終わらせるわよ!!」

まこ「そうこなくっちゃのう~あ、やるなら部屋にある布団でやるのがいいんじゃないかのう」ニヤニヤ

久「あ~まこはもう黙ってて!」

まこ「そうじゃせっかくじゃから、わしらは部屋の外から見ることにしようかの」

まこ「ふすまを開けてこっそり覗くのはどうじゃ」

久「もう勝手にしてよ…」

まこ「よし、三人とも、行くぞ…」




京太郎「部長…」

久「早くやるわよ!ていうかあくまでフリよ!フリ!」

京太郎「じゃ、じゃあ行きますよ部長…」

久「…」ドキドキ

京太郎「(押し倒すって…どうすればいいんだ?!全く分からんぞ…)」

久「(旅館の布団で押し倒されるって…つまり、そういうことよね…)」

久「(私こういう経験まるでないから…全然分からないわ)」

京太郎「(とりあえず…右手で手をつかんで…で左手で…部長の腰を…)」

京太郎「すいません、部長…」グッ

久「あっ…(須賀君に…手と腰をつかまれてる…)」

久「(さっきなでてもらったときよりすごく須賀君が近い…)」

久「(須賀君の息が私にかかってる…なんだか心臓が痛くなってきた…うう)」ドキドキ

京太郎「(ええと…このまま部長をただ押し倒すのって、なんか部長に失礼かな?)」

京太郎「(もっと雰囲気出したほうが部長も力が抜けるかも…)」

京太郎「部長…力抜いてください…俺に任せてくださいね」ニコッ

久「う、うん…(え?須賀君けっこう乗り気なの?恥ずかしいんだけど…//)」

京太郎「可愛いですよ…今すぐ部長に触れたいです…」

久「ーーーー!!」

久「ちょっと!」カアアッ

久「さっきもだけど、わざわざ思ってないこと言わないでいいわよ…」

京太郎「え?」

久「だから…さっき頭をなでるときに言ってくれたじゃない?」

久「その…髪が綺麗とかいい匂いするとか、可愛い、とか…」ボソボソ

久「なんか逆に空しくなるから、言わなくていいわ」

京太郎「…部長。俺は嘘なんて言ってるつもりはないですよ」

久「え?」

京太郎「さっき部長の頭をなでるときに言ったことも…今言ってることも全部本心です」

京太郎「むしろ罰ゲームがちょうどいい機会なぐらいですよ」

京太郎「それに…そういうこと言っても部長は喜ばないと思ってましたから」

京太郎「でも…思ったより部長が反応してくれて、嬉しいです」

久「反応って…//そんな言い方やめてよ…//」

久「(今まで言ってくれたのは全部本心?じゃあ…さっき…)」

久「(私に触れたいって…)」カアッ

久「(ち、違うわよね?これはあくまで押し倒すフリなんだから、いくら本心でも違うわよね??)」

久「(ていうか私何こんなに動揺してるの?でもそんなに嫌じゃ…って何言ってるのよもう)」

久「(私は清澄の麻雀部の部長でしょ?落ち着くのよ落ち着くのよ…)」


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

まこ「なんかいい雰囲気じゃな」ヒソヒソ

和「これは…見てるだけでドキドキしますね//」ヒソヒソ

優希「犬も案外やるもんだじぇ…」ヒソヒソ

咲「部長顔真っ赤ですね……すっごい乙女の顔してる…あんな顔もできるんだ…」ヒソヒソ

まこ「もうひと押し部長をからかうかのう」ヒソヒソ


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


京太郎「部長…」ドサッ

久「あ…(押し倒されちゃったわ…ここは布団の上…)」

久「(須賀君の顔が…目の前に…)」

京太郎「(部長可愛すぎるだろ…しかも汗かいててブラも透けかけてるし…あ、水色だ…なんかこっちもドキドキしてきた…)」

京太郎「あの、部長?」

久「な、何かしら。須賀君」

京太郎「その…この部屋って暑いじゃないですか…」

久「そうね…夏だから、仕方ないわね(急にどうしたのかしら)」

京太郎「いやだから…その…汗で制服が…」

久「……!!」

久「(って下着が透けてる!!私のブラ丸見えじゃない!)」

久「(もう恥ずかしいってレベルじゃないわ…ううっ)」

久「あ、あんまり見ないでくれる…?ホント、もう、私、ダメ…恥ずかしいわ…」カアッ

京太郎「押し倒すときに目を反らす人はいませんよ。それに部長が綺麗だから目を反らせません」

久「うう…(なんか体が暑くなってきちゃった…胸もドキドキして…こんな気持ち初めてだわ…)」

京太郎「(とりあえずもう押し倒したよな…って染谷先輩がまたカンペもってる…)」

京太郎「(うーん…今は王様は部長なんだけど…)」

京太郎「(まあ、最後だし、やってみるか…それに部長の可愛い反応見たいし…)」

京太郎「部長…」

久「こ、今度は何よ?」

京太郎「今度は本当に抱きしめていいですか?」

久「ふえっ?(やだ、変な声でちゃった…)」

京太郎「だから…さっきの続きですよ…」

京太郎「さっきはできませんでしたからね…」

京太郎「今度こそ…いいですよね?」

京太郎「久、先輩?」

久「(うう…今度こそ須賀君に抱きしめられちゃう!…でも須賀君なら…)」

久「か、勝手にしたらいいじゃない」プイッ

京太郎「(素直じゃない部長可愛いなあ)じゃあ、…」

久「(腕が、体が近づいてきた…あ、ホントに抱きしめられる…!)」

京太郎「……」

京太郎「ここまでですね」フゥ

久「え?」

京太郎「だから、とりあえず命令はここまでです(あぶねー普通に抱きしめそうになった。というか手を出しそうになったぞ。部長の体エロすぎるんだもんな…)」

まこ「なかなかの名演技じゃったのう」

優希「二人ともお疲れだじぇー!」

和「見てて…ハラハラしましたよ本当に…」

咲「なんかドラマとかのワンシーン見てるみたいだったよ…//二人ともお疲れ様です」

久「……」

優希「ふぁ~眠くなってきたじぇ!もう夜も遅いからねるじぇ!のどちゃん、おっぱいまくら貸してくんなー!」

和「私のは枕にできるほどは…って何言わせるんですか!優希!」

咲「あはは…でももう眠たくなっちゃったね。部長、そろそろ寝ませんか?…部長?」

久「…ええ、そうね」

久「ちょっと私ちょっと夜風にあたって来るわね…」タッ

咲「あ、部長行っちゃった…」

まこ「(少し、やりすぎたかもしれんの…)」

京太郎「ちょっと、俺も部屋に戻りますね」タッ

咲「おやすみ、京ちゃん」

優希「明日もたっぷりこき使ってやるから、ちゃんとねるんだじぇ~」

和「おやすみ、須賀君(まあ、須賀君に任せておけば部長は大丈夫ですかね…)」

まこ「京太郎…」

京太郎「分かってますから、任せてください」

まこ「(頼もしくなりおって…)おお、おやすみ」



―旅館の外―

久「……」

久「(なんで泣いてるの私…)」

久「(みんなにからかわれてコケにされたから?)」

久「(乙女の気持ちを踏みにじられたから…?)」

久「分から、ないわ…」

久「でも、あそこで、ちゃんと、ウッ、」

京太郎「部長!」

久「須賀君?!」

久「(やばい、後輩に泣いてるとこ見られるなんて、部長としてあり得ないわ)」ゴシゴシ

久「なあに須賀君?」ニコッ

久「それよりさっきはごめんね?急に出ていったりしちゃって」

京太郎「(部長…必死で隠してるけど…目が真っ赤だ…)」

京太郎「(俺は…最低だ…)」

京太郎「部長、さっきはあの…その…」

久「須賀君?」

京太郎「は、はいなんでしょう!」

久「一つだけ聞かせて?」

久「私のこと褒めてくれたのも…優しくしてくれたのも…」

久「全部、全部演技なのよね…?」

久「そうよね。私いつもみんなのことからかったりして。須賀君だって普段こき使われて腹立ってるんでしょ?」

久「こんな…こんな私のことを可愛いって言ってくれる人がいるわけないわよね」ポロポロ

久「今度はどこで誰が見張ってるの?別にいくらからかってくれてもいいから出てきていいわよ?」ポロポロ

京太郎「(俺はこんなに綺麗に、涙を流す人を初めて見た…まるでダイヤがひとかけらづつ崩れ落ちるような…)」

京太郎「(それにこんなに無表情で、涙が出るのと目が赤いの以外はほとんど何も変わらない)」

京太郎「(いつもそうやって部長は、自分を殺して泣いてきたのか)」

京太郎「(二年間麻雀部のためにずっと待ち続けて…)」

京太郎「(そして…今度は全国にいくためにみんなのために…頼れる部長であるために、みんなのために、自分を殺して…)」

久「ふふ…カッコ悪いところ見られちゃったわね」

久「どんなときも何があっても冷静に、みんなのために」

久「それが私のモットーだったんだけどなあ」

久「たった数カ月でメッキがはがれちゃったわね」ゴシゴシ

京太郎「部長!」

京太郎「本当にごめんなさい…部長…」

京太郎「ここに来たのは俺一人です。俺と部長以外誰もいません」

京太郎「これじゃ証拠になるか分かりませんけど…」

ギュッ

久「?!」

久「す…須賀君?」

久「え、と、あのこれはどういう…」

京太郎「部長…俺、部長のことが好きです」

久「え!?(今…告白されたの??)」

京太郎「だから、好きですって言ったんです!」

久「何、今度は告白命令?もういいわよ?(ち、違うわよね…?そんな須賀君が…)」

京太郎「だから、違いますって!」

京太郎「本当に先輩のことが好きなんです」

京太郎「だから…」

京太郎「俺と付き合ってくれますか?」

久「(…私素直に嬉しいと思ってる…でも…)」

久「しょ、証拠がないわ…」ボソッ

京太郎「え?」

久「だから!証拠!」

久「他の人が見てなくて須賀君の気持ちが本心だっていう証拠はどこにあるのよ!!」

京太郎「部長は…いつもみんなのことを思って常に冷静に行動しますよね」

京太郎「そんな健気で、優しくて、可愛くて、そして意外と乙女な部長が…大好きです!」

久「意外は余計よ…」ボソッ

久「…私だって女の子なのよ?」

久「ていうか、しょ、証拠っていったら一つしかないでしょ??//」

久「もう女の子に言わせる気?」

久「まったくすがく「知りませんからね」

チュッ … チュパッ …

久「(須賀君の舌が…っ…口の中…犯され…)」

久「」プハッ

久「ハァハァ…す、すがく…//」

京太郎「これで分かりましたか?」

久「…い」ボソッ

京太郎「え?」

久「だから、もう一回!」カアアッ

京太郎「ふふふ…部長、可愛いですね、おねだりってやつですか」

久「…!いいじゃない…たまには…女の子らしくても…」

京太郎「(可愛すぎだろ…)」

京太郎「もう、止まりませんからね…」

京太郎「部長の体、エロすぎですから」

京太郎「むちゃくちゃにしてあげますね?」

久「な…(やばっ…今ので体の奥が…熱が…)」

京太郎「続きは旅館でしましょうか」

京太郎「その前に返事を聞いてませんよ…部長」

久「私が好きでもない男とキスすると思ってるの?」ボソッ

久「察しなさいよ馬鹿」ボソッ

久「(まあ…初めての恋愛…こんな始まりも悪くないか)」

久「好きよ、須賀君」チュッ


―完―

名前:
コメント: