京太郎「ははは。それで昨日のコンビニで、あいつらがさぁ……」

須賀京太郎。
クラスメイト。
明るくて、人とよく話してる。
私と同じ麻雀部だけど、あまり接点は無い。

明華「須賀くん。お昼ご飯、一緒に食べませんか?」

京太郎「ああ~……いいですね。それじゃ、またなおまえら。え?別にそんなんじゃねえよ」

最近、チームメイトが須賀京太郎と仲良くなった。
理由は知らない。
けれど、こうしてわざわざ一年の教室に来て、昼食を共にしてくるくらいには、親しみを感じているようだ。
気にはならない。他人の交友関係に踏み入るのは、好きじゃない。

明華「……」にこ

京太郎「あっ、笑いましたね、明華さん。何で笑ったんですか?」

明華「んー……何ででしょう?」にこにこ

京太郎「……ま、いいか。明華さんの笑顔、可愛いし」

明華「ええ……?そうですか?」にこにこ

とはいえ、チームメイトが金髪の軽そうな男に口説かれてるのを見るのは、いい気分とは言い難い。

ハオ(私も少し……彼を知ってみる必要が、あるかもしれませんね)

──

ハオ「須賀くん。このテキストなんですが、少し教えて頂けませんか」

京太郎「ああ、いいよ。うーん、俺もあんまり自信があるわけじゃないんだけど、これは多分……」

放課後、彼の教室へ辿り着くと、ドアの隙間から二人の様子が見えました。
スキップを刻んでいた足は止まって。口ずさんでいた歌は忘れて。

明華(……最近、二人はどんどん仲良くなっています)

明華(ハオの頭なら、わざわざ人にテキストの内容を訊かなくたって、なんとかなるはずですが)

明華(まるで、須賀くんと話す機会をつくるみたいに、ああやって……)

ハオ「……」ちらっ

明華「!」

明華(今、確かにハオはこちらを見ました。私と目が合いました)

明華(何で、話し掛けてこないんでしょう?何で須賀くんと話すのを止めないんでしょう?私に気付いてるくせに)

明華(って、私らしくないですね)

普通に教室に入って、普通に話に加わればいいだけ。
二人の空間に立ち入ることに、足を竦ませて躊躇うなんて、全く私らしくありませんでしたね。

──

今日は私と明華と京太郎の三人で、カラオケに来ている。
明華の案だ。私はあまり日本の歌は知らなかったけれど、今日のため……京太郎のためにいくつか覚えてきていた。
明華は、日本の歌は歌わなかった。
けれど、京太郎は私より明華の歌に惹かれたようだ。
少し、悔しかった。

京太郎「やっぱり明華さんの歌声は、最高ですね……ね、ハオ?」

ハオ「そう……ですね。でも私は、京太郎の歌声が、一番好きですよ」

ハオ「そ、その……かっこ……いい……です、から……」かあ

京太郎「へへ、ありがとう。ハオも意外と上手くて驚いたよ。そんなイメージなかったから」

ハオ「……失礼ですね。これでも故郷では、名が通っていたのですが」

京太郎「ほんとかー?ま、納得はするけどな」

ハオ「……あの。ちょっと顔近いですよ」

京太郎「え?あ、ああ、ごめん。なんか最近ハオの近くにいっちゃうんだよね、自然と」

ハオ「えっ……?そ、そうですか……」かああっ

京太郎「何でかは、解らないんだけどな」はは

京太郎から顔を逸らすと、明華がじっとこちらを見ているのに気付いた。
私は、背筋が凍り付いた。
何故なら明華の目は、今まで見たことないくらいに……暗かったから。


──

京太郎「あ、あの……いいんですか?」

明華「何がですか?」にこにこ

京太郎「いや、だって、部室にハオを残したまま俺たちだけ帰っちゃうなんて」

京太郎「三人で今度の遠征について話し合ってたのに、ハオが席を外した間に……」

明華「……それ、気にするようなことですか?」

京太郎「……えっ?」

明華「気にする意味がないと、言ったんです。ハオは、用事がありましたから、私たちは先に帰る……そういう手筈でしたよ、今日は初めから」

京太郎「えっ?初めて聞いたな、ハオ、用事あったのか……」

明華「そうですよ。それよりもこのあと、何処かに寄りましょう♪またカラオケなんか……どうですか?」

京太郎「あ、いいですね!そういえば、二人で行くのは、初めてですね」

明華「……ふふふ♪」

そう。あの子のことを、京太郎が気にする意味は、何一つありません。
京太郎が気にしていいのは私だけ。あの子がそれを欲しがるのは、驕りというもの。
もともと、私と京太郎くんだけだったのに。
私たちの仲に割り入って、横から京太郎くんをかっさらうだなんて……許しませんよ。
私と京太郎だけの世界。ハオ、そこにあなたは要らない。


──

ハオ(何故、何故ですか)

ハオ(一体どうして、私は京太郎から遠ざかっている!?)

最近、京太郎と話す機会が異常に少ない。
授業と授業の間の休み時間くらいしか話す機会がないが、京太郎はたいてい友達と話してて私の出る幕がない。
そして、部活では、放課後では……必ず隣に、あの女が居る。
そしてあの女は、私をあからさまに避けている。隠そうともしない。

京太郎「ふああ……」とてとて

ハオ「あ、京太郎──」

明華「京太郎!!」たたたたっ

ハオ「!!?」

明華「京太郎っ……♪」ふわっ


だきっ


ハオ「っ」あぜん

京太郎「ちょ、明華さん、こんなところで止めてくださいよ」

明華「さん付け?どうしてです?親しい間柄には、そんなもの必要ないと、昨晩話した筈です」

明華「ほら、昨晩のベッドでの時みたく、私の名前を呼んで下さい」ちらっ

ハオ「!」

明華「……」にぃぃっ

ハオ(……成る程。漸く事情が掴めました)

なりふり構わないあなたの性格は、全く好きじゃない。
けれど私は、あなたを見習わなければならないみたいだ。

ハオ「……」じろっ

明華「……」にこにこ


──

明華「はあっ……はあっ……」たったったったっ

京太郎が下宿しているアパートの前まで、私は走っていた。
今日、京太郎は私としていた約束を破った。それだけが理由じゃない。
ハオから送られてきたメール……問題は、添付された写真。
許さない……許さない……

明華「待って、待って!京太郎!!」


ハオ「くすくす。そんなに慌てて、誰を探してるんですか?」

ハオ「傘を差すのを、忘れていますよ」


明華「……」ぎろっ

ハオ「あまり恐がらせないで下さい。これでも私今、緊張してますから」

ハオ「さて……これは何でしょう?」すっ

明華「クイズをしに来たわけではありません」

ハオ「よく見て下さい。知っている筈ですよ」

明華「!!それは……」

明華「ハオッ……!許さない!!!絶対!!!」ぎっ

ハオ(私と彼の"写真"。明華だって、やってることは同じですが)

ハオ「京太郎は、あなたのやりたい放題な振る舞いに、疲れていたみたいですね」

ハオ「別れたいって言っていました。でも明華はそれを許してくれない、とも。私に助けを求めて来たんですよ」

明華「見え透いた嘘をつかないで!彼を返しなさい!!」

ハオ「不可能です。彼の心は既に、あなたの許には無い」

ハオ「私の許に在るのだから」にやっ

明華「黙れ!!」


ハオ「なんなら、確かめてみますか?出てきて下さい、京太郎」

京太郎「……明華」

明華「京太郎っ!」ぱああっ

明華「そんなところに居ないで、私のほうへ戻って来て下さい♪」

京太郎「……ごめんなさい。俺、軽い気持ちで明華さんの誘いに乗っちゃって」

京太郎「俺が好きなのは、ハオだったのに……!」ぐっ

明華「な、なにを……」

ハオ「いいんですよ、京太郎……最後に私の許に、帰ってきてくれたじゃないですか」

明華「!?きょ、京太郎がもともと仲がよかったのは、わたしのほうですよ!?」

京太郎「……」

ハオ「行きましょう、京太郎」


ハオ「私たち二人の部屋へ」


きぃがちゃん


明華「まっ、待って!!待って!!京太郎!!京太郎!!」ぽろっ


明華「きょうた、うっ……」ぼろぼろ

明華「私が……いけなかったのでしょうか……」

明華「私は、彼の気持ちをもっと、考えるべきでした……」


明華「……違う」


明華「あの女さえ、現れなければ……私たちの前に、現れなければ……」

明華「私はもっと焦らずにいて、こんなに私と京太郎がすれ違うことも無かった……!!」


明華「ハオ……許さない……!絶対に許さない……!!」


明華「私の京太郎に手を出した報いを思い知れ……!!!」


明華(そう、絶対にあなたから、京太郎を取り戻してみせる)

明華(たとえあなたを──すことになろうとも)にたあっ



カンッ