─病室─

京太郎「肌綺麗ですねー」

竜華「そ、そう?」

京太郎「ていうか、髪とかも凄く綺麗だしシルエットがなんか凄く綺麗!」

怜「……そのアタマ悪い竜華評やめーや」

京太郎「でもマジでびっくりしましたよ。まさか怜さんのお友達がこんな美人なんて……」

怜「……」

怜(はあ。何で見つかってもうたんやろ。京太郎だけには竜華を見付けて貰いたく無かったわ……)

竜華「す、須賀くんはお世辞上手いなぁー!照れるやん!」てれてれ

怜(はあ。案の定既に竜華は京太郎に"好印象"や)

怜(どないしよ。絶対竜華はさりげなく会おうとしてくるやろし、調整が大変になるなあ)どんより

京太郎「今日はいつお帰りに?良ければメシ食べてきません?」

竜華「えっ!?うーん……そやなあ……」あせあせ

怜「こらこら。京太郎、いくら竜華が可愛いからって、口説いたらアカンで。釣り合っとらんで」じとっ

京太郎「そんなつもりじゃないですよー。ただ、お近づきにはなりたいですね」どっ

竜華「な、なんやぐいぐいくるなぁ……私そんな大した存在ちゃうけどなぁ」あせあせ

京太郎「またまた、本当は自分に自信あるでしょ?」

竜華「ないわっ!い、いや、完全にないわけでもないんやけどな?そんな自信たっぷりみたいな感じじゃ……」

京太郎「そうですかー。竜華さんなら何もかも上手く行き放題って印象ありますけどね。初めて会うのに失礼かもしれませんが」あはは

竜華「あはは、流石に過大評価しすぎやん須賀くん。こっちに言わせて貰えば、須賀くんのほうが"上手く行き放題"に見えるで」

竜華(……怜ともえらい深い仲みたいやしな)


怜「もう時間やね。二人とも、来てくれてありがとう」

京太郎「好きで来てるだけですから。怜さんと話すの、もう趣味みたいなもんだし」

怜「そ、そーか。そう言ってくれると嬉しいわ」

怜「……」ちらっ

竜華「……?」

怜「……」

怜「京太郎と出会えてから、うちな、本当に楽しく毎日を過ごせとるんや。京太郎も同じなら……嬉しい」

京太郎「同じですよ。怜さんと過ごすのは凄く落ち着いて、安心しますし、それに怜さんは」

京太郎「俺の運命を変えた人だから」

怜「……そっか」にこっ


竜華「……」



─ファミレス─

竜華「須賀くんて……怜と出会ってどんくらいなん?」

京太郎「うーん……一年くらいじゃないですかね」

竜華「えっ!?そんなに!?」

京太郎「え?」

竜華「いや、自慢やないけど、うちは怜のことならかなり知ってるって自負してんねん」

竜華「だから一年も須賀くんの存在自体を感じられなかったのは、不思議やなって」

京太郎「まあ……多分怜さんの計略だと思いますよ」

竜華「どういうこと?」

京太郎「怜さんはあれでかなり繊細というか、寂しがりな人ですからね」

京太郎「俺が怜さんの友達に出会ってしまえば、必然的に二人で会う時間は減ると思うので、それを怜さんは嫌がったんじゃないかな」

竜華「ほぇー……須賀くんて、本当は少し腹黒い人なん?」

竜華「正直驚いたわ。怜の気持ち、完璧に気付いとるやん」

京太郎「勘弁して下さいよ……そういうわけじゃありませんから」

京太郎「ただ、俺と怜さんが深い絆で繋がっていると……信じたいだけです」

竜華「……」


竜華「そういや、怜を"運命を変えた人"と言ってたけど、理由とか聞いてええ……?」

京太郎「……気になります?」

竜華「当然!」にっ

京太郎「俺、一年前までかなり適当に暮らしてきたんですよ」

京太郎「所謂軽い男みたいな……なよなよしてて、ふらふらしてました」

京太郎「病院で怜さんに出会って、怜さんの話を聞いて、怜さんに触れて、俺は自分が変われると確信したんです」

京太郎「怜さんと一緒に居れば、俺の求めてたものをくれるって。実際、足りてなかったものが埋められていく感覚を、手に入れられましたから」

京太郎「性格も、本当はこうやって竜華さんと話したり出来なかったですよ、昔は。緊張が先に出て」

京太郎「怜さんのおかげです。何事も落ち着いて見ることが出来るようになった……俺の世界が変わりました」

京太郎「怜さんと会えて、本当に良かった……」にこっ

竜華「……そうか」

竜華「……」ぎり

竜華(そういや、怜も一年前くらいかな、それくらいからよく笑うようになったわ)

竜華(そういう仕組みやったんやね。成る程なあ、お互いに、本当に良い出会いになったってことか)

竜華(羨ましいなあ。私そんなんしたことないわ)

竜華「……」じっ

京太郎「はは。サムイ話しちゃって申し訳ないです」

竜華(ええなあ、怜。こんなええ男にこんな想われてて)

竜華(……ええなあ、羨ましいなあ)ぎりぎり

竜華(って。嫉妬しとるんか。情けないなうちも。怜に運命的な出会いがあったってええやんな。病弱で辛い毎日送っとったわけやし)

竜華(不運に染められた生活の苦痛は、同量の幸運によって取り払われるってわけや)

竜華(良かったやん、怜)

竜華(祝福するし、応援するで。須賀くんのこと好きなんやろ?わっかりやすいでほんま)

竜華(でも……でもな)

竜華(正直言ってな)

竜華(私のほうが、怜より須賀くんを幸せに出来ると思うねん)

竜華(解るやろ?怜は色々と"制約付き"やもんね)

竜華(病院で須賀くんに言ったこと、撤回やね。私いま、凄く自信に溢れとるわ)

竜華(なあ、怜。うちら親友やろ)

竜華(おすそ分けをもらうくらい、許してほしい)

京太郎「……?どうしたんですか、竜華さん」

竜華「え?」


京太郎「すっごい楽しそうな笑顔してますけど」

竜華「……」


竜華「──あ、そう?そうか……はは、いや、心温まる話聞かせてもらったしな、そういうカオにもなるで、あはっ」

竜華「……なあ、須賀くん」

竜華「このあともうちと、遊びに行かへん……?」

竜華「大阪のおもろいとこ、たくさん知っとるで……♪」


──

─一月後─

竜華「怜ー!お見舞いきたでー!」

怜「もうちょい静かにしいや……」あきれ

怜「……ん?」

京太郎「こんにちは、怜さん」ひょこっ

怜「……なんで京太郎もおるん?なんで二人で来てん」

竜華「なんか偶々会ってな?なあ、"京太郎"?」

京太郎「ま、まあ、そういう事ですね」

怜(おかしいなあ……何かおかしい)

怜(何なんやろ。何がおかしいんやろ?)

怜(京太郎と竜華が今、肩が触れ合うくらい近くに立ってるのも)

怜(お揃いのアクセサリーをカバンに付けてるのも、下の名前で呼び合ってるのも)

怜(一ヶ月という期間を考えれば、そんくらい仲良くなるのは自然なことやんな)

怜(うーん……うちは何をおかしいと思っとるんやろか?)


竜華「……」ぺろり

竜華(怜。感謝しとるで)

竜華(うちと京太郎を引き合わせてくれて)

竜華(京太郎はとんでもなく良い男や。本当に、心から申し訳無く思うで)

竜華(──ごめんな、怜)

竜華(その白いベッドからただただ指をくわえて)

竜華(これから先も、ずっと二人で生きていくうちと京太郎の姿を見せてしまうことを……ふふっ)にこっ

竜華「あはははっ……♪」

怜「……?」じとー



カンッ