京太郎「てなわけで部長の誕生日を祝おうと思う」

淡「もういきなりすぎて脈絡もくそもないよね」

照「ポッキーおいしい」

京太郎「いいだろ別に。せっかく部長と仲良く……じゃなくて、ここはチームの団結のためにだな!」

誠子「本音が出たね」

尭深「……不純」

照「コロンおいしい」

淡「無駄なことするよね。一年と三年じゃ釣り合わないってのにさ」

京太郎「くそっ、とりあえず俺は色々買って来るんで考えといて下さいよ!」

照「お菓子がない……私も行く」

――――――


淡「ほんとバッカみたい」

誠子「そう言うなよ。動機はアレだけど良い提案じゃないか」

淡「でもなんか気にいらなーい!」

尭深「ふふ、素直じゃないんだね」

菫「ああ、ここにいたのか」

淡「もう、スミレも悪いんだからね!」

菫「なんだいきなり」

誠子「まあ気にしないでやってください」

菫「ならいいが……それより、このあと食事でもいかないか?」

尭深「今日は部長の誕生日でしたよね」

菫「そういうことなんだ。自分で言いだすのもおかしな話だが、チームの団結を深めるのにいい機会だと思ってな」

誠子「それなら須賀も読んでいいですか?」

菫「別に構わないぞ」

淡「えー、反対ー!」

菫「そう言うな。須賀がいたら照のことを任せられるし……そういえば照は?」

尭深「須賀くんとお菓子買いに行きました」

菫「またあいつは……」


京太郎「照さん、絶対買い過ぎですよこれ!」

照「大丈夫、この倍はいける」

京太郎「もうすでにカゴいっぱいなんですが!?」


カンッ