美幸「須賀くん……私と、楽しい事……しよ?」

京太郎「つ、椿野先輩……」

美幸「私を鳴かせてみて……もー、って鳴いて、あ・げ・る」


澄子「抜け駆けは許しませんよ……私の身体も見てください、須賀くん」

京太郎「よ、依藤先輩……」

澄子「普通って……いいと思いませんか?……ねえ」


梢「……はあ、みんなして何をしているのですか」

京太郎「こ、梢さん……」

梢「こんな破廉恥な事……許しません、私も混ぜてもらいます」


莉子「きょ、京くん……」

京太郎「り、莉子……これはだな」

莉子「……いいよ、こんな形でも、京くんの傍に居られれば……それで、私は幸せ」


友香「ふふ、京太郎……だいすきだよ」

京太郎「ゆ、友香……お前がこの状況を作り出したのか?」

友香「……そうでー、全て私の計画通りでー」

京太郎「な、何でこんな……」

友香「……京太郎が悪いんでー」

京太郎「え……」

友香「京太郎が……はっきりしなから悪いんでー、優柔不断なのがいけないんでー」

京太郎「……」

友香「……京太郎、だーいすき」

京太郎「……俺は」

友香「だから……みんな纏めて幸せにするんでー」

友香「そしたら、誰も不幸にならずに済むから」





友香「っていう事を思いついたんだけど、どうかな?」

莉子「……友香ちゃん、いきなりどうしたの」

友香「いやー、莉子が貸してくれた『ToLoveるダークネス』っていう漫画、ちょー面白いんでー!」

莉子(しまった……!迂闊だった……!!)

友香「私がモモポジになって、京太郎にハーレムを作ってもらうんでー!」

莉子(無垢って怖い……!)

友香「私も植物と心を通わせないと!うっしゃー!頑張るんでー!」

莉子(無理だろ)

友香「まずは何をしようかな……うーん」

莉子(……)

莉子(……友香ちゃんにはもう何も貸さないようにしよう)



終われ