198 名前:143から[] 投稿日:2010/09/24(金) 08:00:16 ID:ioN1adaIO
部「じゃあ、今日はこれくらいでおひらきね」
タ「ふぅ~今日も疲れたじょーのどちゃんタコスを食べにいこうじぇ~」
和「はい、かまいません咲さんも一緒にどうです?」
咲「ごめん、この後京ちゃんに麻雀の特訓の手伝いを頼まれたんだ」
京「へ?俺頼んでねぇz」
咲「ね、京ちゃん?♪」クスッ
京「あ、ああそうだったな」ビクッ
タ「何ッ!?京ちゃんと二人っきりなのか!?」
咲「うん、そうだよ?部長部室の鍵渡してくれません?先生には私から伝えておきますので」
部「ん~わかったっあなたに鍵を預けるわあまり京ちゃんいじめちゃダメよ?」(ホントは二人きりにしたくないけど咲からじゃなくて京ちゃんからの頼みならまだ大丈夫ね)
和「二人とも頑張って下さいねそれでは失礼します」
タ「京ちゃん明日はタコスおごれよっ」(咲ちゃんと二人きりってやな予感がするじぇ)
ワ「京ちゃん男は気合いじゃけえの」
部「それじゃね閉めるわよ」ガラガラ


京「……で咲一体どうしたんだよ?なんかいつもの咲t」バチーン京「痛!…咲!?」ビクッ
咲「京ちゃんみんなどうしちゃったの?京ちゃん京ちゃんってさあ!!私の見てないところで何したの?吐いてよねえっ!!」
京「しっ知らねぇよ!!なんかいつの間にか…京ちゃんって…けどだからって悪いことじゃないだろ!…俺だってまあ気分悪くないしな」
咲「…そっか京ちゃんは親友の私じゃなくて他のこを庇うんだね?…わかった京ちゃんとの縁もこれまでだね?」
京「ちょっと待てよ言ってることがメチャクチャだぞ」
咲「…別にいいよ?京ちゃんがその気なら私にも考えがあるんだアハハハっ」

名前:
コメント: