【京太郎の日記】
「合宿前日」

明日からは麻雀部の合宿だ。
期間はなんと1週間も。
楽しみだなぁ。
この合宿で何かを掴まないと。



「合宿初日」

椿野先輩が出してくれたリムジンで出発。
車の中は楽しい雰囲気だった。
途中、友香が車酔いでダウンするも、何とか無事に旅館に到着。

着いた途端部屋割りの発表だった。
……大変なことになった。
本来なら俺だけ別の部屋になるはずだったんだが。
旅館の都合で急遽1部屋に全員が入ることとなった。
女子5人と一緒の部屋か。
皆は気にしてないみたいだけど、やっぱりなぁ……。
……俺の理性は持つのだろうか。

今日は着くのが遅かったので、練習は無し。
すぐに全員が眠りに落ちた。




「合宿2日目」

今日から本格的な練習が始まった。

……俺の嫌な予感は的中する。
案の定、この合宿は「全裸」が基本となるらしい。
もちろん、旅館の人に迷惑は掛けないらしいが。
俺は当然のごとく反論したが、5対1ではどうしようもなかった。

全裸での麻雀練習を行なった。
俺も男だ。
正直5人の全裸美少女を前にして、興奮しないわけがない。
もう股間はビンビンな訳で。
みんなはそれを見て笑ってるし。
とくに椿野先輩と友香はやけにからかってくる。
自分の体をアピールしてくるし。
正直麻雀どころではなかった。

まったく、どうなることやら……。



「合宿3日目」

今日も練習、練習。
もちろん全裸でね。

なんかもう皆の全裸を見まくってるな。
そのせいで1人1人の体の特徴がよく分かってきた。
椿野先輩はスタイルがいい……胸以外は。
こんなこと言ったら殺されるだろうな。
依藤先輩はお尻にほくろがあったな。
梢さんと莉子は幼児体型だな。
莉子はともかくとして、梢さんの幼児体型というのは実にいいものだ。
クールビューティー系なイメージとは真逆だからな。
そして最後に友香。
いい!実にいい!
正直巨乳派の俺としては、その存在だけで有り難い。
あとの4人は貧乳だからな……。
おっと、何を書いてんだ俺は。

とりあえず、1人部屋じゃないのが痛すぎる。
みんなと一緒の部屋だと性欲処理も出来やしない。
何か考えないとな……。


「合宿4日目」

今日も全裸で麻雀。

ついに今日は6人一緒にお風呂に入ることになってしまった。
まあ、今更お風呂ぐらいどうということはないが。
なんというかもう俺の理性はボロボロ。
だが流石に性欲を溜め込むのも限界に。
トイレで性欲処理を行った。
ふぅ……。
まったく何をやってるんだか俺は。
でも仕方ないよな。俺も男だし。



「合宿5日目」

今日は練習は無し。一日オフだった。

今日くらいは女の子祭りから離れたかったのだがな。
性欲もそろそろ抑えきれなくなってきたし。
案の定というか1日中連れまわされる羽目に。
まあ、何というか……その。
普段全裸ばかり見ていることもあって。
私服を着てる方が全員エロく見えるな。

合宿もあと2日。
俺の理性は持つのだろうか。


「合宿6日目」

……もう、駄目かもしれない。
この日記を書いてる今でさえ、理性が飛びそうだ。

仕方ないだろ、全裸5人相手にここまでよく持ったと思う。
今日なんか5人全員が色気づいてたしな。
完全に誘ってるようにしか思えない。
体を擦り合わせてくるわ、もうやりたい放題だ。
……。
そっちがそう来るのなら、俺にも考えがある。
もう知らないからな。
俺は悪くないぞ。
俺は悪くない。


「合宿7日目」

今日、俺は初体験をした。
それも一気に5回も。
もう自分を抑えることは出来なかったんだ。
幸いながら、みな嫌がるそぶりは見せなかった。
俺もみんなも何かに憑りつかれたのように、行為を行った。
初体験だったのは5人も同じだったみたいで。
全員がぎこちないながらも、初体験を終えた。
いわゆる6Pである。

こうして1週間に及ぶ合宿は終わった。
最後は何が何だか訳が分からない状況に。
でも、これだけは言える。
学校に帰った俺たち6人はまた以前のような関係でいられるのだろうか。
……無理だろう、多分。
あの時には戻れないんだ。
さようなら、楽しかった日々よ。




カン!