―麻雀部部室―

今日も部室にはお馴染みの6人。

てかこの光景、前も見たような気がするな。何故だろう。

美幸「今日は皆で裸でおしくらまんじゅうするよっ!」

……はい?

いや、おしくらまんじゅうっていうのはさ。

寒いときに皆で体を寄せ合い、体を温める為にすることだと思うんだけど。

冷静になって考えてほしい。

今は夏だ。

暑い暑い夏だ。

そんな時におしくらまんじゅうとは。

ちょっと常軌を逸しているな。

よし、ちょっと反論するか。

京太郎「あの……」

梢「いい案ですね、さっそくやりましょう」

澄子「夏に裸でおしくらまんじゅうですか、面白そうです」

友香「早くやるんでー!」

莉子「み、みんながやるなら……私も……」

おいおい、マジかよ。

美幸「みんな、ありがとー!」

美幸「で、須賀くんもやるよね、もちろん」

京太郎「え、俺は」

美幸「やるよね」

あの、笑顔なのはいいですけど。

目が笑っていないのは大丈夫なんですかね……。

京太郎「あ、はい、やります」

くそ、気迫に押されてしまった。

まあ、適当にやっておくか。




はい、お決まりのように6人全員全裸です。

なんか今更全裸になられてもねぇ。

最初は興奮してたのかもしれないけど。

もう今はあまり何も感じなくなったな。

いや、別に俺が男としての本能を失ったわけじゃないぞ。

ただ、あまりにも日常的だとありがたみが薄れるんだよなぁ……。

おっと、早速始めるようだな。

美幸「ようし、じゃあ須賀くんを中央に」

美幸「私たちがその周りを囲むよ!」

ほう、俺が真ん中なのか。

言われるがまま、5人に囲まれる。

何か嫌な感じだ。

美幸「それじゃあ始めるよ」

椿野先輩の合図と同時に5人が一気に体を寄せ合ってくる。

何だ、こう、意外と悪くないな。

椿野先輩のスタイルの良い体。

依藤先輩の汗に濡れた体。

古塚部長のイメージとは違う幼い体。

友香の豊満な体。この5人の中で唯一の巨乳だろう。

莉子のまだ幼さが残る体。

様々な体が俺の体に押し付けられてくる。

俺も皆も汗かきまくりっす。はい。

美幸「須賀くん、温かい?」

澄子「気持ちいいですよね?」

梢「もっと楽しみましょう?」

友香「京太郎……いい気持ち……」

莉子「す、須賀さんが喜んでいるのなら私も頑張りますっ」

ああ、いい気分だ。

でも。




次の瞬間、事態が一変する。

そこまで5人は程よい強さで押し合ってきた。

しかし、急にその強さが段違いに強くなった。

もはやこれはおしくらまんじゅうではない。

痛い、体が痛い。

京太郎「あ……あの……みなさん」

京太郎「いきなり……ど、どうしたんですか……」

言葉を発するのも苦しい。

美幸「ふふふ」

澄子「ふふっ」

梢「うふふ」

友香「ふふふ」

莉子「うふふ」

み、みんなどうしたんだ一体。

押してくる強さがどんどん増していく。

不味い、このままじゃ……。

つ、潰れる……。


グシャッ



気づくとそこはいつもの部室。

……夢か。夢だったのか。

良かった。

ふと見上げると、心配そうな表情の椿野先輩。

美幸「大丈夫、須賀くん?」

美幸「すごいうなされてたけど、何か変な夢でも見てたの?」

京太郎「は、はい……まあそんなとこです」

美幸「どんな夢だったの?」

京太郎「え、いや……それはですね……」

美幸「?、まあいいんだけどさ」

美幸「それより早く帰ろうよーもー!」

美幸「須賀くんが起きるまでずっと待ってたんだからー!」

京太郎「あ、そうですね……帰りましょう」





カン!