【東京:白糸台高校】

《白糸台高校麻雀部》


淡「フフーン、フーン……もーいーくつ寝ーるとー全国大会だー♪」

誠子「なんなのその替え歌……」

淡「エヘヘー、全国大会が待ち遠しいなーって私の気持ちを表現してるんですよー」

誠子「小学生とか好きだよね。正月のところをクリスマスー、とか入れ替えるのさ」

尭深「ユニーク」

菫「尭深、台詞は選んでくれ。お前がそれを呟くと、いろんなところから注意を受けそうだから」

尭深「…………アトミックファイヤーブレード」(ボソ

菫「おい、喧嘩売ってるのかお前」

誠子「いや、案外そっちは大丈夫っぽいですけど。まあ、尭深よりそれっぽい人が他校にいそうだけど」

菫「だからお前らな、そういう物議を醸す話は止めろ……!」

淡「まだかなまだかなー、早く全国大会始まんないかなー」

照「……そんなに楽しみなの?」

淡「ウン!だって、全国大会に行ったらきょーたろーくんに会えるんだもん」

照「きょーたろーくん……?」

誠子「誰それ」

菫「なんだったか、前にうちの部員たちがキャイキャイ騒いでいたような気がする……」

淡「フッフッフー、聞いて驚いてください!きょーたろーくんは実は淡のお友達なんですよ」

照「(確か、須賀京太郎。長野の……清澄高校の選手)……知り合いだったんだ」

淡「チッチッチッ……ただの知り合いなんかじゃないよ、テルー。私が麻雀で有名になったら会いに行くよ、って約束してくれた子なの!」(ドヤァ

菫「ほ、ほう……幼い頃に再会の約束を交わした相手か」

誠子「あれ、意外に壮大なバックストーリーが……」

淡「しかもしかも、私に会うときに恥ずかしくないように、個人戦でがんばってくれたんだからー♪」

誠子「ごめん、何が恥ずかしいのかよくわかんない」

淡「あー、わっかんないかなー、亦野先輩にはー。相手と釣り合うように見栄張っちゃうきょーたろーくんのかわいーところ、わっかんないかー」

誠子「うわ、正直にウザイ……」

尭深「よかったね……」

淡「エヘ、エヘヘヘヘヘ、ウン!!」(フニャー

照「弛んでる」

菫「物理的にな」

淡「うーん、再会した時なんて呼んだらいいのかなー。きょーたろーくんじゃ、なんか子供っぽいしー……京ちゃん、京くん?うーん、悩ましいー」



誠子「で、実際のとこどんな奴なんですかね」

菫「どんな、とは?」

誠子「いや、あの淡ですよ?三歩歩いたら、さっき対局した相手を忘れる淡が、しっかり名前を記憶してる相手ですよ?まさかとは思いますけど……み、宮永先輩みたいなトンデモ麻雀の打ち手なんじゃ」

照「どういう意味?」(ギュルルル…

誠子「ワ、ワハハ、なんでもないです!」

菫「可能性としては低いが、ありえない話でもないか……」

尭深「オカルト使いは引かれ合う……」(ズズ…

照「みんなヒドイ……」(ショボン

誠子(私以外はみんな似たり寄ったりだと思うけどなー)

淡「きょーたろーくん、はーやく私に会いに来いっ♪」




【長野:清澄高校】

《清澄高校麻雀部》


京太郎「――――ぶぇっくし!」

咲「ぷわっ!?ちょっと京ちゃんっ、クシャミするなら手で押さえてよ!」

京太郎「わ、わりーわりー。なんか急にムズムズ来てさ……ほら、顔拭いてやっからこっち向け」(フキフキ

咲「まったくもー……ありがと」

久「ちょっとちょっと須賀君ー、一人で倒れるならいいけど、私たちにまで風邪撒き散らさないでよ?」

京太郎「ひどいっすねー。まあ、さっきのは絶対に風邪じゃないから安心してくださいよ」

久「あら、やけに自信たっぷり断言するのね」

優希「根拠はあるのか?」

京太郎「フフ、当たり前じゃねえか。さっきのクシャミはな、きっと全国で合間見えるライバルの一人が俺の噂をしてたからだよ!」

和「人に噂されてクシャミが出るなんて、そんなオカルトあり得ません」

まこ「ちゅーか、なんでクシャミした原因にまで麻雀からめとるんじゃ、お前……」

久「『これはきっと、おもちの大きな美少女が俺の噂してるに違いねーぜ、グヒヘヘヘ』……って言ってた頃の須賀君はどこへいったのかしら」

まこ「そこまで酷かったかのー、もう思い出せんわ……」


咲「あ、あそうだ京ちゃん、こんどの日曜日、私と和ちゃんと優希ちゃんの三人で遊園地に行こーって話になったんだけどね、も、もしよかったら京ちゃんも一緒に来る?」

和「も、もちろん須賀君がお休み、時間があるならですが……ホ、ホラ、一年生メンバーの親睦を深めるという意味も兼ねて……」

優希「えーっと……そ、そうだじぇ!枯れ木も山のナントヤラだからな、京太郎も混ぜてやってもいいじょ!」

京太郎「あ、わっりぃ、その日は染谷先輩に頼んで、特別に雀荘のバイトやらせてもらう予定なんだ。また今度、誘ってな!」

咲「……あ、そうなんだ、がんばってねアハハ」

和「……あ、そうですか、頑張ってくださいねウフフ」

優希(アワワ、二人とも笑顔がぎこちないじょ……)

咲(前なら私が誘ったら、なんだかんだ言いながら付き合ってくれたのに……)(ズゥン…

和(こうも見事に相手にしてもらえなくなると、納得できないものがありますね……)(モヤモヤ


久「ちょっとまこ、どうすんのよあの気まずい空気……!」(ヒソヒソ

まこ「しょ、しょうがないじゃろ!このご時世、麻雀打てるからバイト代は格安でええ言うてくれる後輩は貴重なんじゃ……!」(ヒソヒソ


京太郎「あー、全国大会が待ち遠しいなー。きっと今の俺じゃ歯が立たないような雀鬼がウジャウジャいるんだろーなー、クククッ、テンション上がってきたぜぇぇぇぇっ!」

久「ヤダ、なにそれ怖い」

まこ「各都道府県で一番強い連中が集まるからのー、絶対にないとは言えんが」


京太郎「さあ、テンション上げたところでさっそく練習だっ。おーい咲、和ー、麻雀しようぜー」

咲「……うん」

和「は、はい」

優希(のどちゃんと咲ちゃんの背中……泣いてるじぇ)(ホロリ…



夏の全国大会まで…………あと1ヶ月。