バレンタインデー二週間前……龍門渕邸

一「透華ー、食事の時間だよー。もうみんな食堂に集まってるんだけどー……透華ー?」(knock…knock…


透華「むー、こんなありきたりなものではなくて、もっとこう、私が贈るに相応しい高級感溢れるチョコはありませんの……?」(ブツブツ…パラパラ…

一「透華ー、いないのー……っているじゃないか。穴が開きそうなぐらい本睨んでなにして――――って、そっか、そういえばもーすぐバレンタインデーだったよねー」(ニヤニヤ

透華「はっ、一……!?あああなたっ、いつの間に私の部屋に入ってきたのですの!?」(ババッ…!

一「えー、僕ちゃんとノックしたよ?透華が気付かなかっただけじゃないかー」(ニヤニヤ

透華「うぐ……!」

一「あーぁ、バレンタインまでまだ二週間もあるっていうのに、そんなに必死にどんなチョコ贈るかで悩んじゃって……ヤレヤレ、須賀君は幸せ者だねー」

透華「うく、うぅぅ……」

一「まあ、そーいう悩みの相談は大歓迎だからさ。三人よれば文殊の知恵とか言うじゃない?僕たちにも、須賀君がびっくりするよーなチョコを作る手伝いさせてよ」

透華「一……あなた……」

一「恩人の恋路ぐらい応援してもいいでしょ、透華お嬢様?」

透華「…………一、あなたは……いいえ、あなたたちは私の友達!友達に恩人などと呼ばれる覚えはなくってよ?」

一「そりゃどーも。さ、ご飯だよご飯。急がないと衣が拗ねちゃう!」

透華「フフ、それは大変ですわね。急ぎますわよ、ついてらっしゃい、一!」

一「いや、透華を呼びに来た側なんだけどね、僕…………ま、いいけど」


『ハートを掴め勝利の鍵は完全手作りチョコレート・知られざる執事の苦悩』


そして、龍門渕での過酷なチョコ作りの日々が始まった……


ハギヨシ「ではお嬢様、まずはチョコを湯煎にかけて――――」

透華「湯洗……お湯の中に放り込めばよろしいのかしら?」(ドポポ

衣「鍋で煮とかした方が早いぞ、トーカ!」

透華「その手もありましたわね」

ハギヨシ「」

チョコ作りを知らない少女に一から教える……

その道のりは過酷を極めた……


ハギヨシ「で、では、次は溶かしたチョコの温度を下げてテンパリングに――――」

一「アチチ、もう少しパパっと温度冷まさないとダメなのかな?」

智紀「そんなこともあろうかと、扇風機と氷を用意しておいた……」

透華「さすがですわっ、智紀!」(バッシャー

ハギヨシ「」


度重なる失敗を経て……

しかし、作業は進む……


ハギヨシ「そ、それでは次に飾り付けようのクーベルチョコの作製に入ります。まず人肌まで温めたシロップと水飴を混ぜたものに、先程テンパリングしたチョコを投入して練り合わせて――――」

衣「弾けて……混ざれぇ!」(バッシャー

ハギヨシ「」


倒れても倒れても、その度に製作陣は立ち上がり……


ハギヨシ「仕上げに入ります。一日冷蔵庫で寝かせておいたものを」

透華「み、見当たりませんわよ?」

ハギヨシ「え?」



純「……ワリ、そこに入れてあったチョコ、食ったら不味かった?ちょびっと摘まむつもりが、めちゃくちゃ旨くてついさー」

透華「」

ハギヨシ「……お嬢様、さ、もう一度最初から頑張りましょう」

透華「あ、ありえませんわーーーー!?」


そんなこんなでバレンタインデーは刻一刻と近付いてきていた……



バレンタイン二日前……須賀家

京太郎「はあ、人数あわせに卓に入って打つ……それってアルバイトですか?」

ヒロ『ま、そんなとこだね。原田さんのとこの連中とこっち側、四四で打つって話になったんだけど、天さんの奥さん……二人目の方だけど、その人が急に産気づいちゃったらしくて……』

京太郎「いま、すごく変なこと聞いた気がするけどスルーして話進めると、俺が天さんの穴埋めで参加すればいいんですね」

ヒロ『うん。赤木さん、僕、京太郎君、それに岸辺さんっていう人を合わせて丁度四人。どうかな?バイト代は弾むけど……』

京太郎「……そんなの参加するに決まってるじゃないですか!」

ヒロ『はは、よかった。これで断られたら、本当に人数が足りなくなるところだったんだ。でも大丈夫?明日はバレンタインデーだけど、誰かと約束してたりしない?』

京太郎(あ、そういえば明日17時に龍門渕近くの公園に来てください、って透華さんからメール来てたな……)

京太郎「えーっと、その勝負ってどのくらいの時間やるんですか?」

ヒロ『うーん、まあさすがに明後日の夜までやることはないと思うけど……』

京太郎「そうですか…………じゃあ大丈夫です!」

ヒロ『わかった、それじゃあ明日の朝、京太郎君の家に迎えにいくから』

京太郎「はい!どこまで役に立てるかわっかんねーけど、俺なりに精一杯頑張ります!」

ヒロ『フフ、僕も赤木さんもその辺の心配はしてないよ……それじゃあ、おやすみ』

京太郎「あ、ヒロさんもおやすみなさい!」



京太郎「――――さー、明日は忙しくなりそうだぜ。俺、頑張ってくるからな、カーたん!」

カーたん「ぐー……(本当に行っても大丈夫?)」

京太郎「大丈夫、大丈夫!約束の時間までには終わる、ってヒロさんも言ってたし。さー、今日はさっさと風呂に入って寝ないとなー」

カーたん「クワー(知ーらないっと)」


――――バレンタインデー当日

公園……15時22分


透華「フ、フッフ……私としたことが、少し早く着いてしまいましたわ。ま、まあ遅刻するよりは断然マシですし?むしろこれはレディーとして当たり前の行動という奴です!」(ドヤァ


透華「………………京太郎、早く来ないかしら」(ソワソワ



15時51分……とある料亭。

梅田「……悪いなぁ、兄ちゃん。それ当たりや。ロン!裏三枚で倍満や!」

京太郎「ぐ……!?」

大正「これでお互いの勝ち数が並んだの。サドンデス突入で決着は次の半荘に持ち越しや」

岸辺「あ、あんま気に病むなよ。片側の死んだバッタ待ちを見逃すなんて考えねえんだから……」

京太郎「………いえ、これは俺の不注意です。裏ドラを乗せる……そんな当たり前のことを失念していたから……」

岸辺「裏ドラを乗せる…………あぁっ!?ってことは、奴ら……!」(ざわ…

大正「……フフ、さてなんのことやら」

梅田「たまたまや、たまたま」


赤木「……ククッ、ケチな真似しやがる」

ヒロ「状況的に考えられたことですが……これは、痛い」

原田「……チッ、アホどもが」

赤木「どうした原田よ……これでお前の側にも勝ちの目が見えたんだぜ?」

原田「アホか。上客を楽しませるために中継しとる対局でサマなんぞやられて喜べるかっ」

ヒロ「学生だと侮った京太郎君に勝たれたら、あの人たちも今後、しのぎがやりにくくなる……だから」

赤木「――――ま、心配あんめえ。奴らだって次の半荘でサマを続けたらどうなるかぐれえ理解してるだろうし」

ヒロ「……次の半荘が正念場ですね」

原田「少し待ってろ……さっきの和了を不満に思ってる客たちを落ち着かせてくる。再開は十分後や」


京太郎(十分したら再開か。いま何時…………ヤベ、約束の時間まであと二時間ねえぞ)

京太郎「…………クソッ」(ギリッ…

大正「悪く思うなよ……こっちにも面子っちゅうもんがあるんや」

岸辺「ヘッ、学生相手にサマ使ったとこで丸潰れになってるよ」

梅田「安心せえ……次は最初から本気や。サマなんぞ使わずに、お前らまとめて叩き潰したる」

岸辺「んだと、てめえら虫のいいことばっか言いやがって……!」

京太郎(あまり時間をかけるわけにはいかないし……。ここは……あんまりやりたくないけど……)

京太郎「――――岸辺さん、言わせたいことを言わせておいてあげましょうよ。どうせ……次の半荘、勝つのは俺たちなんだから」(ニヤリ…

岸辺「お、おう……」

梅田「…………このガキ」

大正「あんまり調子に乗ってんなよ……」

京太郎「フフッ……どうしたんですか、切羽詰まった顔してますよ?」

京太郎(絶対に間に合わせてやる……!)




……公園

透華「遅いですわ……私との待ち合わせなのだから、一時間早く来るぐらいの甲斐性は見せて欲しいところですわね!」(プンスカ


透華「チョコは……うん、この気温なら溶ける心配なしですわね。――――クシュン!……フ、フフフ、京太郎の驚く顔が目に浮かびますわ!」(ニコニコ


現在の時刻……16時15分。

約束の時間まで…………あと四十五分。


京太郎「…………リーチ!」

梅田「リー棒は出さんでええぞ……その牌、ロンや!12000!!」

京太郎「ぐ、し、しまった……!」


南4局……

親:梅田
ドラ:中

岸辺(なんでか知らねえけど、かなり焦ってんな。このままだと負ける可能性が高ぇ……。坊主の手は筒子の混一……待ちはたぶん1―4―7!勝負の内容はペアの収支……差し込みで一旦点数を平らにしてオーラスに賭ける――――!)

打:1筒

京太郎「…………!」

京太郎手牌:111234(5)6789p中中

大正「おどれ……!?」

岸辺(どうした、和了んねえのか坊主!)

京太郎「っ――――リーチ!!」

岸辺(なっ……バカヤローッ、意地張ってる場合か……!)

京太郎「確かに……もう時間も点棒の余裕もなくて、一秒でも早く、この対局を終わらせたいですけど……!」


京太郎「誰かに恵んでもらうような和了…………俺は、いらない!」

岸辺「……!」


赤木「ククッ……バカだな、京ちゃんは」

ヒロ「いやいや……」

原田「手本が悪すぎたからやろーが……」


京太郎「熱くっ、どこまでも真っ直ぐ……!それが、俺の……麻雀だっ――――!!」

梅田「……!?」

京太郎「……ツモ!!」

大正「こ、これって……」


111234(5)6789p中中中

京太郎「――――リーチ一発ツモ・中・混一・一通・ドラ3赤1……8000・16000」(ボッ…!

梅田「お、親っ被り……」

大正「ま……捲られた……」

京太郎「さあ……オーラスだ!」



……そしてオーラス。

岸辺「ツモ……400・700。終わりだな」(ドヤァ

梅田「ぐおっ……ぐおっ……ぐお……!」

大正「じょうじじょじょじょーじじょぎぎぎぎ……!!」

京太郎「お、終わった……。そそそれじゃ俺、大事な用があるからもう行きますねっ……!?」

岸辺「あ、ああ、お疲れ……」

京太郎「岸辺さんも!赤木さん、ヒロさん、原田さん、さよなら!また今度!」

原田「あ、おい、急いでるならうちの者に送らせ……行っちまった」

ヒロ「約束の時間、聞いておいてあげればよかったですね……」

赤木「ククッ、まったくしょうがねえな……」

ヒロ「バイト代、今度持っていってあげないとなー」


――16時55分

透華「まったく、京太郎ときたら。約束の時間の三十分前には到着するのが社会の常識という奴ですわよ!」



透華「ま、まあ、私、鬼ではありませんので時間ギリギリになっても怒るようなことはいたしませんが……。そ、それにしても遅いですわね……」



―――17時07分

透華「私を待たせるなんて京太郎のくせに生意気ですわ!携帯にかけても留守番サービスにしか繋がりませんし……まったくもってあり得ませんわ!」



透華「うー……さ、さすがに少し寒くなってきましたわ。で、でも、まあ?もう十分ぐらいでしたら待ってあげないこともないですし、早く来いですわ京太郎!」



――――17時39分

透華「………………まったく、遅すぎですわ。も、もしかして、事故かなにかに巻き込まれたのでは……ま、まあ、そんなはずないですわよね。もしそうだとすれば、今頃ハギヨシか一辺りが教えにきてくれてるでしょうし……。フ、フン、変な心配させるなんて許せませんわ!到着したら心の底からの謝罪を要求してあげます……!」



透華「本当に……どうして来てくださらないのですか、京太郎……。せっかく今日の日のために頑張ってチョコ、用意したのに……」






一「ねえ、ハギヨシさん、もうさ……」

ハギヨシ「帰宅を促したところで、お嬢様は聞き届けてくれないでしょう」

一「そりゃ、透華の頑固さはよく知ってるさ。でも、だからってさ……」

ハギヨシ「お嬢様が待つと決めてあそこにいる以上、私にできるのは、お嬢様と同じように必ず須賀さんは来ると信じることだけです……」

一「…………意外と融通が利かないなぁ、執事も」

ハギヨシ「はい。私、あくまで執事ですので」

一「あーもうっ、どこほっつき歩いてるのさ、須賀君は!」

―――――17時52分



透華「きょ、今日はきっと都合が悪……かったのです、わ……。そ、そう、きっと外せない急用ができて……」(ジワ…


透華「わ、私ったら、すっかり舞い上がってて、そ……の、可能……性をまったく考えてなくて――――」(グシグシ


透華「――――――――ぅ……ふ、グス……」(ポロポロ






京太郎「い…………いた……っ、と、透華さ……ん!」

透華「――――京太郎……?」(グスン

京太郎「ゼヒッ……ゼヒッ……!ず……ず日ませんっ、こんなに遅く……なるとか――――ゼヒッ、げへっ、ガホッ……ォ、オエ……」(ドシャリ

透華「きょ、京太郎、大丈夫ですの?し、しっかりしてくださいまし……!」(オロサスオロサス

京太郎「エッホ……ウプ……と、透華さんの方こそ……ハァー……ハーッ……だ、ぃじょぶなんですか……?手……こんなに、冷たくなって……」(ギュ

透華「っ……だ……誰のせいだと思ってますの……?」

京太郎「一から……百まで、俺、のせいです……ゼー……ゼヒーッ」(ギュー

透華「そ、その通りですわっ……。あ、あんまりにも……遅い、から……私……私、もうここには来てくださらないかと―――」(ポロポロ

京太郎「わ、わっ、な、泣かないで、泣かないでください……」(オロオロ

透華「せっかくチョコを用意して待ってたのに、いつまで経っても京太郎は来ないし、だんだん寒くなってくるし、辺りも真っ暗で……気味悪かった……ですし……!」

京太郎「すみません……本当に……すみませんでした」(ダキッ

透華「ぅぅ……どうせどこかで麻雀でもしてたんでしょう……。そんなんじゃ、全然……グス……足りませんわ」(ギュー

京太郎「は、はい……」(ギューー

透華「……まだ、不十分です」(ギュギューー

京太郎「……はい」(ギュギュギュー

透華「京太郎……」(ジッ…

京太郎「ぅ…………ハ、ハイ――――」




一「んー……い、いちおー丸く収まった、のかな?」(テレ…

ハギヨシ「お嬢様としてはそうなるかと」

一「でも、さすがに今回の須賀君のポカは看過できないものがあるよねー」

ハギヨシ「それについては、私も同意せざるを得ませんね」

一「あれ、ハギヨシさんにしては珍しく本音の窺える意見――――」

ハギヨシ「……ので、透華お嬢様が今度出席される立食パーティーに、須賀さんもエスコート役として参加していただくべきだと、大旦那様に具申してみようかと」

一「」

一(須賀君……君、どうやら一番本気にさせちゃいけない人を本気にさせちゃったみたいだよ……)




透華「…………京太郎」

京太郎「な……なんですか透華さん」

透華「――――私を泣かせた責任……ちゃんと取ってもらいますから。その……覚悟しておいてくださいまし!」

京太郎「ハ、ハハ……肝に命じておきます」



透華「………………そ、それはそれとしてきょ、京太郎、さ、さっきのをも、もう一度……ダ、ダメですか?」(テレテレ

京太郎「――――――――」

透華「そ、その、あ、味気なかったのでしたら、こ、ここにチョコもありますわよ……!?」

京太郎「お、落ち着いてください、なんか凄いこと口走ってますよ!?」


バレンタイン小ネタfinal
龍門渕透華編……カン!