華菜「うーむ……けっこーめんどくさそーだし。でも、こーでもしないと今のあいつには何一つ伝わらないというか……」(ペラペラ

未春「華菜ちゃん、なに読んでるのー……チョコレートの作り方?そういえば来週はバレンタインデーか。華菜ちゃんは須賀君にチョコあげるの?」

華菜「ななな、なんで私があんな奴にチョコくれてやらなきゃいけないの?こ、こここれは緋菜たちにお願いされたお菓子のレシピ探してるだけだし」

未春「あ、そーなんだ、大変だねーお姉ちゃんって」(ニヨニヨ

華菜「う、うむ。まあ、可愛い子ほど手がかかるって言うし……」

未春「へー。私はバレンタインどうしようかなー……恨み辛みを込めた胡椒風味のチョコでもあげちゃおっかな」

華菜「胡椒風味のチョコ、普通にあるし」

未春「え、ホント!?」

華菜「ホラ、ここ。他にも生姜とかいろいろ」

未春「うわー、ホントだー。うーん、それじゃ麻雀でボコボコにされた復讐にならないし……」

華菜「みはるん……華菜ちゃん、バレンタインにチョコあげないのが一番の復讐になると思う」

未春「さすがにそこまで心狭いのはどうかと思わない?」

華菜「…………正直、思う」

未春「でしょー?だから華菜ちゃんもさ、ちゃんと須賀君にあげるチョコ用意してあげなきゃダメだよー」

華菜「わかったし!…………って、だから私があのバカにチョコあげる義理なんてないから!」

未春「ハイハイ、義理なんかじゃないよねー」

華菜「ちょっ、真面目に人の話を聞いて――――」

貴子「ゴラァ!テメエらいつまでくっちゃべってやがんだ!あんまりふざけてっと、イカにチョコソースかけたの食わせて病院送りにするぞ、池田ァ!!」

華菜「ヒィッ!?なんで華菜ちゃんだけ……っていうか、なんでイカとチョコを合わせたし!?」

未春「あー、猫にイカもチョコも食べさせちゃいけないもんね……」



純代「バレンタイン……私たちが乗るべき波じゃ、ない」

星夏「ですね……悲しいながら」

美穂子「あらあら、ダメよそんな風に自分を除け者にしちゃ。バレンタインだって行事の一つなんだから、参加することに意義があるのよ?」

星夏「い、いたんですか、キャプテン」

純代「気付きませんでした」

美穂子「ウフフ、引退したけどみんなが心配で見に来ちゃいました♪」

貴子「オラァ、福路も手が空いてるならこいつら揉んでやれー!」

華菜「た、助けてほしいしっ、キャプテーン……!」

未春「なんで私までー……!」

美穂子「あらあら、大変……今助けにいくわよ、華菜ー…………でも、どうやって助けてあげればいいのかしら?」

華菜「ニャアァァァァァッ……!」



バレンタイン当日……


華菜「ま、上がれー」

京太郎「お邪魔しまーす……」

城菜「ねーちゃんおかえり。おかーさん、ついさっきおでかけー…………あれー?にいちゃんだし……よいしょ」(ベター

緋菜「あそんであげるー!」(ベター

菜沙「ごほんよませてあげるー」(ベター

京太郎「なんかワラワラきたんだけどどーすりゃいいんだよ、池田ァ!」

華菜「呼び捨てやめろし!ほら、緋菜たちも一度そいつから離れろー。こんなのでもいちおーはお客さんだし、家に上がったら、まず手洗いうがいしなきゃいけないからな」

緋菜城「「「はーいだし」」」(チョコチョコ

緋菜「にいちゃん、せんめんじょまであんないしてあげるー」(トテチテ

菜沙「みちにまよわないよう、ちゃんと菜沙たちのうしろあるくし」(トテチテ

城菜「まいごにならないよう、てーにぎってあげるしー」(トテチテケンジャ

京太郎「助かるぜー、ありがとうなー」

城菜「どーいたましてだし」(フンス

京太郎「しが一個抜けてねーえ?」

城菜「きのせいだし」

ゾロゾロゾロ…

華菜「……あれ、私放置されてる?」


京太郎「んで……なんか放課後、急に呼び出されて家にお邪魔したわけだが……」

華菜「うむ、お前の疑問ももっともだろうし、説明してやるからよっっく聞いとけ」

緋菜「はいだし!」

菜沙「はいだしー」

城菜「はーいだし」

京太郎「…………」

華菜「お前もちゃんと返事しろ、須賀ァ!」

京太郎「いいからさっさと説明始めろ、煮干しぶつけんぞ池田ァ!」

華菜「ヒィッ!ちょ、ちょっとからかっただけなのに、怒鳴ることないだろ……」

京太郎「ハハハ」

華菜「なんでこいつ、私にはこう態度がデカイっていうか、生意気なのかな……。まあ、それは一旦置いておくとして、実はな今日うちの親が用事でいないんだ」

京太郎「ふんふむ」

華菜「そんでな、これから私は夕飯の買い物に行かなきゃいけない。で、緋菜たちには留守番しといてもらいたいんだけど、それはちょっと心配だから……」

京太郎「うん、帰るわ俺」

華菜「うわー!待てっ、ちょっと待つし!ちゃんと緋菜たちの世話してもらうための報酬は用意してあるから!」

京太郎「雀荘の一日無料券とか、風越OGとの練習試合の参加権とかか!」

華菜「フフン、聞いて驚け!華菜ちゃんお手製おやつのプリンだ!」

緋菜「なん……だと……」

菜沙「ねーちゃん、ふ、ふとっぱらだし……!」

城菜「プリン……」(キラキラ

京太郎「……やっぱ帰るわ」

華菜「なんでだよっ!?」

京太郎「自分で考えろバーカ!」

華菜「なんだと、このバカ!」

京太郎「バカって言う方がバカなんですー」

華菜「ぐあー、腹立つ!こうなったら最後の手段だ!やっちゃえ緋菜、菜沙っ、城菜!」

京太郎「!?」

緋菜城「「「にーちゃんおねがーい、いっしょにおるすばんしてほしいしー」」」(ウルウル




京太郎「……なるほど、凡夫だっ」

華菜「じゃあ、私は買い物行ってくるから、須賀ァ、緋菜たちの世話頼んだぞ!」

緋菜「いってらっしゃーい」

菜沙「おゆはん、カレーがいいし」

城菜「ハンバーグー」

華菜「とりあえずメニューはスーパーの特売見て決めるから楽しみにしてろー」

京太郎「ハァ……車に気をつけてなー」

華菜「当たり前のこと言うなよ……。あ、須賀!おやつのプリン、ちゃんとお前の分もあるからちゃんと食べろよっ、絶対だかんな!?」

京太郎「よくよく考えたら、俺の分が用意してある時点で確信犯じゃねーか、このヤロー!」

華菜「…………お前が悪いんだよ、バーーーカ!」(ダダダ



京太郎「なんで俺が悪いんだよ……」

緋菜「にーちゃん、プリン、はやくプリンたべるし!」

菜沙「おゆはんたべられなくなるとこまるから、菜沙がにーちゃんのぶんもたべたげよーか?」

城菜「城菜もてつだったげるし」

緋菜「あ、ズルイ!緋菜もてつだったげる!」

京太郎「どんだけプリン好きなんだ君たち……。えーっと、プリン……これかー、ってなんか黒いぞこのプリン!?」

城菜「にーちゃん、どしたのー?」(トテトテ

京太郎「いや、なんかおやつに用意してあるプリンの色が……って、なんだ、ただのチョコプリンか」

城菜「んー?」

京太郎「どした、城菜ちゃん」

城菜「………………ふんふむ、なるほどなるほどー、じっちゃんのなにかけてなぞはぜんぶすべてスリッとまるっとゴリッとおみとおしだし」

京太郎「なぞってなんなぞ?」

城菜「にーちゃんあきれるぐらいニブニブだしー。しょうがないから城菜とマージャンしょうぶして、城菜にかてたらヒントあげるし」

京太郎「いいけど……城菜ちゃん、麻雀できるのか」

城菜「緋菜も菜沙もできるし。ねーちゃんじきでんだし」(エヘン

京太郎「そーなのかー」(ナデナデ

城菜「城菜はこころひろいから、にーちゃんがまけてもおしえてあげなくもないし」(フンス

京太郎「自信あるんだな……この京太郎、容赦はせん!」

城菜「かかってくるしー」




華菜「ただいまー…………って、どーした須賀、城菜たちにプリンなんか食べさせて」

緋菜「にーちゃん、はやくするし」

菜沙「はやくつぎー」

城菜「つぎは城菜のばんだし。にーちゃん、あーん」

京太郎「…………いやな、三人に麻雀勝負挑まれてな?池田仕込みっていうから、これはもう油断できねーって本気で打ったら――――泣いた」

華菜「なにやってんだよ、お前……」

緋菜「にーちゃんとマージャンしてもぜんぜんたのしくないし」(プンプン

菜沙「いっかいも菜沙たちにホーラさせてくれなかったし」(プリプリ

城菜「城菜のあがりパイ、ぜんぶとめるとかひどいし」(プンスカ

京太郎「城菜ちゃんに関しては、俺ぁ絶対に謝らねー」

城菜「城菜のだいさんげんとスーアンコーたんきとこくしじゅーさんめん……」

華菜「」

京太郎「まあ、とりあえずだ……」

華菜「な、なんだよ?」

京太郎「…………チョコプリン、美味しかったぜー」

華菜「お、おぉ、そっか、そりゃ……作った甲斐があるってもんだー」

京太郎「…………」(ジー

華菜「…………な、なんだよっ」

京太郎「いやー、べつにー?」

華菜「だったらこっち見んな、バカ……!」

京太郎「へいへい。さて、池田も帰ってきたことだし、俺はそろそろお暇するし」

華菜「――――お、おい須賀ァ!」

京太郎「なんだよ」

華菜「ひ、緋菜たちの世話してもらったお礼だ、つ、ついでにご飯も食べてけ……」

京太郎「…………んじゃ、お言葉に甘えるとするかな」

華菜「そ、そーしてけー」




後日……

まこ「おーい京太郎、お客さんじゃー」

京太郎「はーいっ、それじゃすぐにお茶を用意……」

華菜「…………よ、よぉ」

京太郎「ほい、水道水」

華菜「いや、お茶出せよ!?」

京太郎「ハハハ、お客様にはちゃんとお茶出すぜ俺?」

華菜「遠回しに客扱いしないって言ってるよな、それ!?ひどいし!」


<ギャーギャー


優希「なにしに来たんだじぇ、風越の人」

和「また合同で合宿するらしいですし、その打ち合わせじゃないですか?」

咲「……ホントにそれだけかな?」

優希「ハハハ、案外京太郎の奴に会いに来てたりしてな!」



華菜「あー、そういや京太郎、今度の休み暇か?緋菜たちが今度はいつお前が遊びにくるのか、ってちょーうるさいんだけど」

京太郎「つい二、三日前にお邪魔したばっかじゃなかったっけ?」

華菜「い、いいだろ別にっ。私も歓迎してやらんこともないから遊びにくるし、な?」

京太郎「素直じゃねーなあ、華菜は」

華菜「ほっとけ!」



優希「」

和「嘘から出たまこと、という奴でしょうか…………って、咲さん?」

咲「…………」

優希「いつの間にか風越の人と京太郎がいい感じになってるのを見て、ショックのあまり石化しちゃってるじょ……」


まこ「早いとこ用事済ませたいんじゃがのー」



池田華菜編……カン!