奈良――松実旅館宥のこたつ部屋

玄「…………暇だねー、おねーちゃん」(ゴロー

宥「うんー、そうだね玄ちゃん……」(ゴローン

玄「暇だからお話しよーかー……」(ゴローニャ

宥「なんのお話するのー……?」(コロコロ

玄「えっとね、それはもう決めてあるんだけど、京太郎君のこと……」

knock…knock…

??『そこから先の話、私も混ぜていただけますか?』

玄「むむっ、凄まじいおもち力……!何奴!」

宥「わわ」

和「なんですか、おもち力って……。というか、須賀君のことで話をするから来てと言ったのは玄さんじゃないですか」(ガラッ

玄「アハハ、そーでしたー。それにしても、日々おもち力を向上させているようですなー。こりゃおねーちゃんもウカウカしてられないよー?」

宥「わ、私なの……?」

和「相変わらずのセクハラ発言ですね……」

玄「いやー、和がうちの旅館に泊まってくれてるのが嬉しくて、つい」


和「……まあ別に構いませんが。それで、須賀君の何についてお話するんですか?」

玄「それはもう当然――――京太郎君ってホントはどんな子が好みのタイプなんだろうね、だよ!参加条件は私以上のおもちを持ってることでー!」

宥「お、おもち……」(プヨプヨ

玄「心配しなくてもおねーちゃんのおもちは全国レベルだから、この話の参加条件は満たしてるよ!」

宥「あうぅ……」(カァ…

和「一部の人が聞いたら暴動を起こしかねない参加条件ですね」

玄「しょうがないよー。そうでもしなきゃ話に混ぜてー、って子がいっぱい来ちゃうもん」

和「いくらなんでもそれは…………否定しきれませんね」

宥「京太郎君、かわいいお友達いっぱいだからー……」

玄「そうそう、お友達がいっぱいなんだよねー」

和「文字通りのお友達ばかりな点については、この際目を瞑っておきましょう」

宥「しかたないよ……今の京太郎君は麻雀が一番大切だから……」

玄「ダメだよおねーちゃん。そんな、いつか自分のところに帰ってきてくれるって信じてます……的なこと言うのはズルだよ、抜け駆けだよー?」

宥「わわ、そ、そんなつもりじゃ……」

和「宥さんは独特の……なんといいますか、良妻賢母になる雰囲気を持っていますからね。男の人からすれば、趣味や仕事に理解あるタイプは好感度高いはずです」

宥「…………そ、そうかなぁ、え、えへへ」

玄和(か、かわいい……)

玄「さ、さて、おねーちゃんがかわいいのはひとまず置いといて。和を呼んだのは、京太郎君の最新情報を聞かせてもらうためです」

和「最新情報、ですか」

玄「そう!その情報と、いろんな女の子とのエピソードを照らし合わせることで、今の京太郎の好みのタイプを導きだすのです!」

和「まず、照らし合わせるだけのエピソードがあることがおかしいと指摘すべきなんでしょうか……」

玄「その辺は……ほら、もうあきらめて受け入れたら気が楽になるよ!」

和「なんて後ろ向きなポジティブさ」

玄「あー、あー、聞こえない聞こえない」

和「子供ですか……。とりあえず、ここ最近の須賀君の話をすればいいんですね?」

玄「いぐざくとりー、だよ!」

和「では……まずは私とのやり取り辺りからお話します――――」


ケース1:原村和の場合

昼休み


和「あ、須賀君、今日は学食ですか?」

京太郎「おお。今日のレディースランチ、ちょー美味しそうだったからな。図書室辺りにいるだろー咲の奴を引っ張って、な?」

和「また代わりに注文してもらうんですね」(ジト…

京太郎「Exactlyでございます」

和「クスクス……そういうところは変わらないんですね」

京太郎「そういうとこがどこなのかわっかんねーけど、まあな!美味しいものを食べたいっていうのは、ごくまっとーな欲求だからしかたないぜ!」

和「フフ…………あ、そうだ須賀君?もしよければですけど、レディースランチの注文、咲さんの代わりに私が――――」(モジ…

京太郎「いや、それは悪いからいいよ。学食で二人一緒に飯食ってて、変な噂立てられたら和が困るだろーし」

和「そんなの別に私は気にしませんけど……」

京太郎「ハハッ、そんな無理しなくても大丈夫だって。じゃ、俺、咲の奴連れ出しにいってくるな!」

和「あ、ちょっと……!?」




和「………………なんなんでしょうね、最初の頃はあんなにアプローチかけてくれてたのに、こちらが意識し始めたら、それに反比例するように、部活仲間としての扱いしかしてもらえなくなっていく虚しさ」

玄「むう……それはなかなかキツいものがあるねー」

宥「で、でも、部活で毎日会えるのはとっても羨ましいなぁ」

和「………………」

宥「ふえ?」

玄「そ、その沈黙……まさか、まだなにかあるのですか!?」

和「いぐざくとりー、というやつです」


おもち組に反撃の狼煙を上げさせないと…――――」(モク…モク…

和「お疲れ様です……あれ、まだ須賀君だけですか、部活に来てるの」

京太郎「――――」(モク…モク…

和「……あ、この間の大会のみんなの牌譜ですね。もしかして整理してくれてるんですか?ありがとうございます」(ニコッ

京太郎「――――」(モク…モク…

和「…………えっと、す、少し喉が渇いちゃいました。紅茶淹れようと思うのですが、よければ須賀君も飲みますか?」(グギ…

京太郎「――――あぁ……」(コク…コク…

和「ぁ……じゃ、じゃあ、今から淹れてきますね!」(パァ…!

京太郎「…………そっか、ここは七索ツモるのわかってたんだから、日和らずにこれ切ってだな――――」(ふんふむ


和「お、お待たせしました!あの、このクッキー、お茶請けに家で焼いてきたものなのですが……よかったら、ど、どうぞ――」

京太郎「――――っし、ひとまずこれで終わり…………あれ、和いつ部室に来たんだ?声かけてくれればよかったのに」(ニコッ

和「」

京太郎「和?おーい、和ー、どうしたー?」

和「なんでもなぃです。須賀君、お茶飲みますか……?」(プルプル

京太郎「え、いいの?貰う貰う!」

和「お茶請けにクッキーもありますから、どうぞ」

京太郎「おー、サンキュー。頭使ったんで糖分欲してたんだよー。さすが和はよく気が利くなー、いいお嫁さんになれるぜ」

和「ア、アハハ、あ、ありがとうございます……」(プルプル




玄「…………の、和ちゃん」(オロオロ

和「今の須賀君にとって、私なんて牌譜以下の存在なんですね?フフ、そうですか……」(グスン…

宥「ち、ちがうよー……きっと牌譜の見直しに集中してたからで……」

和「同じことされたとして、宥さんは集中してた、で納得できますか?」

宥「………(想像中)……………あうぅ」(グスン…

玄「わわ、お、おねーちゃん、痛いの痛いの飛んでけだよ!」ナデナデ

宥「ありがとー、玄ちゃん……」

和「泣きたいのは私の方ですよ……」

玄「の、和ちゃんもよしよーし」ナデナデ

和「グスン……」

京太郎「それにしても急な話ですねー。うちに泊まりにきませんか、なんて」

玄「うんゴメンね。どうしても京太郎に参加してもらいたかったんだ……」

京太郎「参加……?」

玄「うん――――」(ガラッ

宥「ぁ……京太郎君、い、いらっしゃい」

和「遠路はるばるお疲れ様です、須賀君」

京太郎「宥さん……に、和?」

玄「エヘン!今日、京太郎君に我が松実旅館に来てもらったのには理由があります!」

京太郎「はあ……」

玄「和ちゃんからいろいろ話を聞いた結果、京太郎は少しお休みが必要だとわかりました。ので、これから京太郎には私たち三人と麻雀を打ってもらいます!」

京太郎「ふんふむ」

玄「喰いタン赤ありの東南戦十半荘の合計ポイントの高さで勝負。それでもし京太郎君の収支が、私たちの誰かよりも低いポイントだった場合――――」

京太郎「ククッ……いいですよ、やりましょうか」

玄「最後まで聞かずに即決しちゃった!?」

京太郎「いいんです……話を聞こうが聞くまいが。どうせ、麻雀することに変わりはないでしょ?」

玄「な、なるほどなるほどー……これは確かにお休みが必要のようだよー」

宥「―――」(グッ

和「真剣勝負ですよ、須賀君。もし、これで私たち……いいえ、私が勝ったら――――」

京太郎「……?」



そして勝負の幕が上がり……決着する!


玄「これが……私の運命のツモ!」

京太郎「う……!」(ざわ…

玄「ありがとう……また、会えたね」

宥「前の局で切ったばかりなのに……玄ちゃんのところに……ドラが」

和「山にあるんだから、引けて当然なんじゃ……?」

玄「ツモ……8000・16000!……まくったよ、京太郎君……!」

京太郎「だー!わかった、参りました俺の負けです!」

宥「わわ、お、おめでとー、玄ちゃん」

和「と、当初の予定と違う流れですが……おめでとうございます」

玄「うん、ありがとう!」

京太郎「…………それで、負けた時の話、全然聞いてなかったんですけど。俺はなにをすればいいんでしょーか」

玄「エヘヘ。えっとね、実は京太郎君に一つお願がありまして――――」






次は……宥姉?ーっと、いらっしゃいませー。松実旅館へようこそー……」

憧「ブッ……ホ、ホントだ!ホントに京太郎ってば松実旅館で従業員やってる!」

穏乃「アッハッハッ!苦しゅうない、苦しゅうないぞー」

京太郎「メゲるぜ……」

灼「これから数日、お世話になります……」

晴絵「負けたらなんでも言うこと聞くって条件で麻雀対決して、最後の最後でまくられたんだって?災難だったねー」

憧「律儀に守って従業員やる必要なかったんじゃないの?」

京太郎「いいんだ……あれは、ただの点棒のやりとりなんかじゃない……。プライドを懸けた真剣勝負だったから……!」

晴絵「いちおー、ここまで至る経緯は聞いてるけどさ……あんまり変わってないよーな」

憧「そも、最初は和の現在の境遇を改善させるために発案したのよね、たしか」

穏乃「うん、そー聞いてるよ。あーぁ、私も参加したかったなー……」

京太郎「なんだよ、穏乃も俺になんかやらせたいことあるのかよ……」

穏乃「え、えっと、別に変なこと命令したりする気はないんだけど……。その、わ、私と一緒にさ、山の――――」

玄「やめるのですっ、しずちゃん!うちの従業員さんにツバつけるのは無しだよ!」

穏乃「ツ、ツバ!?そんなバッチいことしないよ!」

玄「むむー、私の目が黒い内は京太郎君にちょっかい出すのは禁止だからね!」(グイッ

京太郎「わっとと……あのー、玄さん、当たってます……腕におもちが当たってます……」

玄「…………当ててるんだよ♪」

京太郎「えぇー……」

晴絵「アハハ!うちの面子だと難しい台詞がさらっと出たねー」

穏乃「……」(ペタペタ

灼「気持ちは、わかる……」

憧「っていうかさー、この状況って……」



玄「一緒に旅館のお仕事がんばろーね、京太郎君!」(ニコッ

京太郎「……わかりました、玄さん」(ニコッ



和「鳶に油揚げをさらわれる、という奴ですよ、ええ……」

憧「和、いたんだ……」

和「はい……休みを利用した長期宿泊、まだ半分しか過ぎてないので」

灼「それは辛い……」

和「うぅー、納得いきません……再戦、再戦を要求します……!」



ifエンド(プロトタイプ)――松実旅館へようこそ1