桃子「フーンフフーン、フスフーンっす♪」

京太郎「あのー、桃さん……そろそろ膝の上から降りてはいただけないでしょうか」

桃子「嫌っす。待ち合わせに遅れた挙げ句、私が声かけるまで気付いてくれなかった罰ですから、コレ」(ツーン

京太郎「いや、ちゃんと気配は……気配は感じてたから……!」

桃子「それじゃ足りない……まだ足りないから……倍プッシュっす!」

京太郎「そんなー……」

桃子「エヘヘヘ」

京太郎(うーむ、少しばかり足が痺れてきたのはともかく……太ももの上になんとも言えない柔らかな感触、そして甘いシャンプーリンスその他女の子らしい香りが……)

桃子「どーかしたっすか、京さん?」

京太郎「いいええ、なんでも、なんでもないっす!」

京太郎(ちょっとイケナイ気分になったなんて、口が裂けても言えねえ……!)

桃子「あー、それにしてもここの座り心地は最高っすねー。少しバランスが悪いのが難っすけど」(モゾモゾ

京太郎「それは座り心地いいとは言わないんじゃ……?」

京太郎(ヤーー!もうイヤーーー!モゾモゾされたら、足にムラムラしちゃうヤラケー感触がいっぱい……!!)

桃子「うーん、どうしたらこのバランスの悪さは改善されるんですかねー…………」(ムムム

京太郎「じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつふうらいまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところ…………」(ブツブツ

桃子「そうだ、いいこと思いついたっすよ、京さん!」

京太郎「え?」

桃子「えっとですね、京さんの手をこーして……」(腰に回し

京太郎「ぁ、え……うおっ!?」

桃子「エヘヘ、どうですか京さんシートベルトっすよー」

京太郎(ちょ……う、腕の上の方に……オモチ、オモチが乗ってるすばらな重みが……!?)(ブルブル

桃子「ァ、ンッ……も、もう、腕モゾモゾさせたらいけないっすよ……。その、オ、オッパイに当たってるから……」(テレ

京太郎「ス、スミマセン……」(ガマンガマン

桃子「こーやって私が抱きしめてもらえてるなんて夢みたいっす……」(ウットリ

京太郎「も、桃……」

桃子「フフフ、これはもう京さんの膝の上はステルスモモの独壇場っす!ってやつっすね♪」(手を添えて

京太郎(あ、あ……ヤバいヤバい、切れる、理性がどっか切れちまう……)(無心



桃子「あ、あと、これは他の人には内緒にしてほしいっすけど」

京太郎「な、なんですか?」

桃子「スー……ハー………………わ、私の心は京さんの独壇場っすから、そこのところよろしくお願いしとくっす!」(真っ赤

京太郎「……………………」(プツリ

桃子「きょ、京さん……?」

京太郎「も、もうダメだぁぁぁぁ……!」

桃子「ちょ、急にどうしたっす……ヒャン!?」


こっから先は見せられないのよー