久「というわけで、須賀君が小さなオッパイ……オモチが大好きな子だったら、どうなってたのかしら?」

まこ「なにが『というわけ』なんじゃ?」

和「脈絡がなさすぎて反応に困ります」

久「アハハ、そー言わずにさ、ちょっと考えてみましょうよ」

咲「小さなオモチが好きなんて言う京ちゃん、私の想像力じゃちょっと……」(ジー

まこ「ほうじゃのう……」(ジー

和「ちょ、ちょっと、どうして宮永さんも染谷先輩もこっち……っていうか、私の胸を見るんですか!?」

久「まー、和のを見てたら須賀君が虜になる気持ちも分からなくはないけどねー」

和「と、虜って……」

咲「――――――――いいな」(ペタペタ

まこ「咲、自分のと和の胸を比較するんはやめとけ、虚しくなるだけじゃ」

咲「ハイ……」

久「なに食べたらそんなに大きくなるのかしらね~」

まこ「一応、わしらも女じゃからのー、気になるっちゃなる」

咲「は、原村さん……ぜひご教授を!」

和「宮永さん、必死すぎて怖いですよ……」

咲「だ、だって……なにかっていうと京ちゃん、『やっぱり大きなオモチが一番だぜ』とか、『和にオモチが備わり最強に見える』ってよく言ってるから」

まこ「ホンマにあいつは何を言っとるんじゃ」

久「案外、変な契約でも結んでるんじゃない?胸のない子とフラグが立つけど、大きなオモチ好きでい続けないとおけない……とか」

咲「ち、小さいけどなくはないですよ!?ちょっと、ちょっとはありますから!!」

久「あれ~?別に私、咲のこと胸がないとは言ってないけど?」(ニヤニヤ

まこ「わかりやすい反応じゃのう……」

咲「え……いや、な、なんのことですか?アハハー……!」

和「宮永さん、いくらなんでもそれは無理がありますよ」

咲「――――あうぅ……」

和「あまり胸のことばかり言われるのは、あまりいい気はしないですけど……」

まこ「けど、なんじゃ?」

和「須賀君が小さなオモチ好きだと、それはそれで問題なような」

まこ「どういう意味じゃ?」

和「いえ……須賀君と親しくなる子って、基本的に――――」




優希「主役は遅れて到着だじぇー!タコスパワーフルチャージの私を止められるかな、みんな!?」

京太郎「もうちょっと静かに入れよな……。あ、もう打ち始めちゃってんの?それじゃ、俺はいつも通りネット麻雀でもしようかなー」

優希「お、京太郎はネト麻するのか?よし、なら優希ちゃんがお前に一手指南してやるじぇー!」(体ヒッツケ

京太郎「いやいや、やめとけって。お前みたいな奴がこの世界知っちまったら、二度と牌に触れなくなるから」

優希「なんだと!?ネット麻雀界はそんなにも修羅の国なのか!」(ベタベタ

京太郎「ちゅーか、暑苦しいからあんまひっつくんじゃねー」

和「…………あんな感じですし」

久「あー……」

まこ「アレに欲情するタイプなら、いろいろと大変なことになっとるのう、確実に」

久「需要と供給が釣り合わないのは世の常ってことねー」

咲「…………うぅ、どうして私の胸ってこんなに中途半端なのかなぁ」


終われ