会場一同『透華お嬢様、お誕生日おめでとうございます!!』

透華「ウフフ、今日はお集まりいただきありがとうございます、皆様」(ドレース

京太郎「……金持ちってスゲーなあ」

純「これでもだいぶ抑えたらしいぜ?」

一「目立ちたがりの透華をして『そのぐらいで十分ですわ』とか言ってたもんねー」

智紀「そのぐらい……?」

京太郎「船一つ使っての誕生日パーティーで十分?価値観が狂ってやがるっ……!」(ざわ……ざわ……

衣「おぉー、京たろーのざわざわだ!」

純「なんかもう驚かなくなってきたぜ……」

一「須賀くんのこのバージョンも悪くないかも――って、透華がこの前、呟いてたよ……」

智紀「だいぶ感覚がマヒしてきてる……」

透華「何の話してますの?」

一「あ、トーカ」

衣「トーカたんイェイ~♪」

透華「フフ、ありがとう衣。京太郎も招待に応じていただけて嬉しいですわ」

京太郎「は、はあ……予想外すぎる規模で、正直来たことを後悔しちゃいそうなんですけど……」

純「だよな、客船一つレンタルってマトモじゃねーよ」(ボソボッソ

一「それだけ龍門渕がすごい家ってことなんだろうけどね」(ヒッソヒソ

智紀「あるとこには、ある」(コショッコショ

透華「と、とりあえず京太郎、私これからお爺様のご友人などに挨拶で回らなければなりませんので―――」

京太郎「あ、じゃあ俺は適当にその辺で料理をごちそうになって――」

透華「なんでですのっ!い、一緒に回りますわよ!!」

京太郎「ええっ、なんで!?」

一「いつもは純君の担当だったけど、今回は須賀君がいるからねー」

純「あー、そういや誕生日会って毎回それがあったよな」

智紀「ガンバッテ」

衣「京たろー、透華は任せたぞ!」

京太郎「なんですか、なんなんですかソレ!俺、一体何させられるんですか!?」

透華「い、一緒に来れば分かりますわ!」(グイッ

京太郎「ちょっと、待って……詳しい説明をお願いします――――――――!?」

純「……行ったな」

一「行っちゃったねー」

智紀「よく考えたら……既成事実?」

衣「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ、だな!」

ハギヨシ「見様によってはその通りでございますね、衣様」

一「あ、ハギヨシさん、いたんだ」

ハギヨシ「透華お嬢様と衣様いるところにハギヨシあり、でございます」

純「執事ってすげえな……」



イケメン「誕生日おめでとうございます、透華お嬢様。どうです、よければ僕とダンスを一局――――」

透華「申し訳ありません、連れがおりますので」(ジャストディフェンス

京太郎「ど、どーも……」


イケメン「……チッ」



キザな男「どうです龍門渕のお嬢さん、海でも眺めながら話でも――」

透華「失礼、今お爺様のご友人に挨拶して回ってますので。行きましょう、京太郎」(手を取らせ

京太郎「ハ、ハイー」


キザな男「ウヌヌ……」



金持ち「やあ、透華さん、誕生日おめでとう。ハイ、プレゼント。あまり高いものではないけど、よかったら受け取ってくれないかい?俗に言う三ヶ月分って奴さ」

京太郎(小指の爪ぐらいのサイズの石がついてるんだけど……アレってもしかしてダイヤ?っていうかコレ、プロポーズか?)

透華「フフ、とても素敵なプレゼントですわね。でもごめんあそばせ、そうしたものを受け取りたい相手は自分で見つけますので」


金持ち「ギギギ、悔しいのう、悔しいのう……!」





透華「――――まったく、次から次にキリがありませんわ」(プンスカ

京太郎「な、なんていうか……凄いですね。みんな透華さんに熱を上げてる感じで」

透華「あんなもの、お爺様や龍門渕の名声ほしさで寄ってきてるだけです。さっき話しかけてきた連中なんて、私が幼稚園の頃からすり寄ってきてるのですから!」

京太郎「え、なにそれ怖い……みんな二十、三十代って感じだったのに……」

透華「お付き合いするなら、もっと歳の近い方を選びますわ私……」(ジー

京太郎「は、はあ……それはそうですよね、ええ」

透華「――――――――京太郎?」(ジトリ

京太郎「アハ、アハハハ……」(ソラシソラシ

透華「……まったく――――さあ、挨拶回り再開しますわよ。あ、あとでお爺様に紹介しますから、覚悟だけはしておくよーに」(手掴み

京太郎「えっ、ちょっと、それってどういう意味――!?」

透華「フッ……そのままの意味に決まっているでしょう?」(ニヤリ

京太郎「え……ええぇぇぇぇぇぇっ!?」



――――それからどうした

龍門渕爺「……そうじゃのう、せっかくじゃしここにおる面々で勝負の一つでもしてもらおうか。種目は――――麻雀でええかのう」

ハギヨシ「麻雀卓の用意、並びに観戦モニターの準備全て整ってございます」

龍門渕爺「ご苦労。それでは皆様、ゆるりと楽しんでくだされ」

招待客1「これはなかなか面白いことになりましたな」

招待客2「私はイケメンに賭けましょうかな。誰か透華ちゃんのご友人に賭ける人はおりませんか」

招待客3「ハンデが欲しいところですな、はっはっは」

招待客4「庶民臭い少年に勝てますかなあ……」

招待客5「――ククッ、じゃあ京ちゃんには俺が賭けておくか……」

招待客6「ホォ、大穴に賭けますなあ」



イケメン「面白い……麻雀の強い人が龍門渕のお嬢様は好きらしいからね」

キザな男「ただ嗜んでるというレベルじゃないってこと、教えてあげるよ」

金持ち「まあ……ゲームに勝つだけで龍門渕の御老公の覚えが良くなるなら、これ以上に好都合なことはないな」

京太郎「え……………………え?」




透華「ちょっとお爺様、いきなりそんな提案をするなんて反則ですわっ!」

龍門渕爺「余興じゃよ、ちょっとした余興。面白くてなんぼ、面白くてなんぼじゃ」

透華「っ、まったく信じられませんわ、このワガママっぷり!」

一(血は争えないって感じだよねー)

純(目立ってなんぼとか言ってる透華が怒ってもなあー)

智紀(うんうん)(コクコク

衣「よし見せてやれ京たろー、貴様の力の真髄を!!」

――――そんでもってどうなった

ざわ……
ざわ……
ざわ……

ざわ……

金持ち「こいつが通れば……リーチだっ!」

打:七筒

京太郎「ククッ、残念……そいつです」

京太郎手牌:東東東中中中66788ⅡⅡつ7

京太郎「一盃口・自風・場風・中……50符4飜――12000点」


イケメン「来たよ、リーチ!」

打:二萬

京太郎「目が曇ってやがる……ロン」

京太郎手牌:白白一三123123ⅠⅡⅢつ二

京太郎「一盃口・三色・チャンタ・ドラ1跳満18000点!」



キザな男「この勝利、透華お嬢様に捧げてみせる――――!」

打:四索

キザな男「よし……通った!」

京太郎「……馬鹿かアンタ?賭けるなら自分のプライドを賭けろよ」

京太郎手牌:白白八八八55588ⅧⅧⅧつ8

京太郎「――――ツモ……四暗刻8000・16000」



ざわ……
ざわ……
ざわ……

ざわ……


招待客1「これは……番狂わせですな」

招待客2「ぬう……オケラですよ、私なんて」

招待客3「グググ……まさか、こんなっ……」

招待客4「…………」(真っ白

招待客5「クク、悪いな……俺の一人勝ちだっ……」

招待客6「悪魔めっ……!私などまっとう……!あのガキこそ悪魔だっ……!」



透華「フ、フフフ……圧倒的、圧倒的ではないですか!見ましてみなさま、あれが私のた……大切な友人ですわよ!!」(ミョンミョン!

招待客一同『ホウ……大切な友人』(ざわ……

一「トーカ、嬉しそうだね」

純「そりゃあ……なあ?」

智紀「圧倒的に華々しいデモンストレーション」

衣「フッフッフ、ぐうの音も出ないだろーな、透華に寄っていた有象無象共は!!」



ハギヨシ「ここに来た皆様に面通しするのにちょうど良い勝負でございましたね」(ニッコリ

一「須賀君……これ完全にハメられたようなもんだよね」

純「実はこれが本当の目的だったりしてな」

智紀「ある意味、手段を選ばない」

ハギヨシ「はて、一体何のことでございましょうか?」


終われ