竜華「ほんで、ええ考えってどないなん?」

浩子「そ、そうでしたな!えーっとですね、結局のところ園城寺先輩が京たろーさんに言いたいんは、色んな女の子とあんま仲良うならんといて、ちゅうことですよね?」

怜「いや、別にそこまでは言うてへんけど……」(目そらし

浩子「そういやこの前、全国で知りおうた子からプレゼント貰ってうれしかったー、て――」

怜「いや、うん、やっぱり女の子に思わせ振りすぎるのはアカンと思うんよな、私」(コロッ

セーラ(手のひら、あっさりひっくり返しよったで……)

泉(玄人のつばめ返しも真っ青な翻りっぷりでしたよ……)

竜華(怜……逞しぃなって……)(ホロリ

浩子「そこは喜んでええんですかね?……まあ結論から言うてしまうと、こりゃもう既成事実を作ってしまおやないか、で一つどないです?」

怜「既成事実て、例えばどないな?」

浩子「そりゃー、京たろーさんと園城寺先輩を二人きりにしてムード盛り上げたって、なんかしんぼーたまらんようになった瞬間を写真なりに残すとか?」

竜華「ほーほー、なかなか過激な手を考えるやんか」

浩子「こんなん序の口でしょ。なんならもう、一日で行けるとこまでイッてもらうんもありでっせ」

浩子「こう――まだや……まだ終われへんで……。限度一杯までイク……倍プッシュやっ……!」(ざわ……さわ……

竜華「怜の体力がもつか心配やけどなー」(ケラケラ

浩子「上やのうて下が心配って、知らん人が聞いたら絶対に誤解しますな」(ニヤリ

竜華「いやー、ああ見えて京ちゃんはかなりのタフマンやで、たぶん」

怜「私が病んでさえおらんかったら、そーいうんもアリかもなー」(ポッ

竜浩「怜……病んでさえいなければ……」(ニヤリ

セーラ「にゃっ、にゃに、あいつらゃいきなりなんちゅー話してっ……!?」(ワタワタ

セーラ「ああ、あかんあかんやろっ……許されるわけがないっ……!」

セーラ「ダメに決まっとるやろっ……!そんなの、将来の約束した相手でないと……!」(ざわ……ざわ……

泉「あちゃー、みなさんそーいう話、江口先輩の前でしたらあきませんて。刺激強すぎますから」(苦笑

浩子「いやー、すんません。ちょい話が盛り上がってしまいましたな」

竜華「こんなん、京ちゃんおるとこじゃ絶対にできへんしなー」

怜「こんなん聞かれたら、私恥ずかして顔見られへんようになるて……」

泉「アハハ、顔赤なってますよ園城寺先輩」

怜「ほ、放っといてやっ」

竜浩泉「アッハッハッハッハ!」

セーラ「う、うぅ、こんなん絶対破廉恥やで……!」


京太郎「………………あー、部屋に入りにくいぜ」(千里山麻雀部部室前

愛宕ママ「んー?須賀君ことスーさんやんか、そんなとこで黄昏て何しとるん?」

愛宕ママ「わざわざ大阪くんだりまで練習しに来たんやから、さっさと入りーよ」

京太郎「いやー、その…………」

京太郎「女子高のノリって、やっぱり共学とはいろいろ違うんすね」

愛宕ママ「はあ?」

女子高って響きに期待してると痛い目見んで、な話。
終われ。