怜「はぁ……アンニュイやー」

竜華「ほんまにアンニュイな人は、お煎餅片手に膝枕してもらったりせえへんでー」

怜「アムアム……やっぱここんお煎餅おいしいなあ」

竜華「あ、怜、怜、うちにもちょーだいな」

怜「ほい」(アーン

竜華「あーん……ウーン、美味美味!」

怜「そんでなー、なんで私が湿気ったお煎餅みたいな気持ちになってるかゆーとなー」

竜華「湿気ったお煎餅かー、そらあかんなー」

浩子「えー?でも湿気ったお煎餅、あれはあれでおもろい思いますけど」

セーラ「ハア?やっぱ煎餅は固くてなんぼやろ」

泉「なんほなんでも限度はありますけどなー」

怜「ちょう、私は真面目に話しよ思うとるのに、なんでみんなしてお煎餅の話しとるの?」(プンスカ

竜浩セ泉「え、ちゃうの(ちゃうんですか)?」

怜「まったくもー、真剣に聞いてくれな困るでしかし」(プリプリ

浩セ泉「ええー……」

竜華「はいはい、悪かった悪かった。機嫌直してーや、怜ぃー」(ナデナデ

竜華「ほんでまあ、今日はどないしたんよ?」

怜「えっとなー、今日はちょう京ちゃんについて相談したいことがな、あんねん」

浩子「おっーと、うちおばちゃ……監督からのっぴきならん用事頼まれとったんですわー」

セーラ「え!?ちょ、待てや……!えっと、えっと、お、俺はちょっと新しい洋服を買いに――」

泉「先輩、いくら逃げるための口実でも、そら無理がありすぎまっせ!!」

セーラ「ちょー!バラすなや!?」

怜「…………なあ、ひょっとして私、イジメられとんの?」

竜華「うーん、そーいうんとちょっと違うんやけどなー」

竜華「まあ、あそこで三人が醜い足の引っ張りあいしとんのは放っといて……須賀はがどないしたんよ?」

怜「やっぱり竜華は優しいなあ……。えっとやね、京ちゃんなんやけどなー……」

怜「―――――――私の気のせいやと思いたいんやけど、色んな女の子と仲が良すぎるねん」

竜華「……ほう」

怜「同じ学校のリンシャン使いの子ぉとか、タコスの子はまだええとして……龍門渕の金髪のお嬢様とか、姫松ん連中とか……なんや話するたんびに親密度が上がっとんのよ」

竜華「あぁー、確かにそーかもなー」

竜華「龍門渕んお嬢様なんかは、特に仲ええって雰囲気やでな」

怜「最初に京ちゃんの力、引き出したったんはあそこの人らなんは分かっとるけど、やっぱりなあ?」

怜「金髪のお嬢様なんか、私が京ちゃんと話してるとこに割り込んできたりしよるし……」(ムスー

竜華「向こうさんも必死なんやて」

怜「まあ、悪い意味で親近感は湧くんやけどな」

怜「放っといたら仲のええ子、なんぼでも作ってしまいそうやしなー」

竜華「人たらし、ちゅー奴やねー」

怜「最近はプロん人にも麻雀教えてもらえるんですよー、てうれしそーになー」

怜「子供みたいで可愛いかったんやけど、もうちょいなあ、私にも気ぃ遣てほしいねんよ」

竜華「そーやなー、怜と話してんのにちゃう女の子の話とか出すんはアカンよな」

怜「まあな?私、病弱やし……京ちゃんの好きなオモチも小さいし、見た目も……なんや貧相やし」

怜「麻雀とかオモチとか、全部上位互換がおるとかめげるで、ほんま……」(ジー

竜華「怜、そんな薄暗い目ぇでうちの胸見上げんのは止めてや……」

怜「……ええなっ!」

竜華「やからって、そない目ぇ輝かせて言われても困るで……」

浩子「京たろーさんも罪なことしますなあ」

セーラ「確かに言われてみたら、あいついっつもちゃう女とおるよーな。男の友達、おらへんのかいな?」

泉「龍門渕の……なんや、オハギとか萩の月みたいな名前ん執事さんとは、仲ええみたいですけど」

怜「なーなー、竜華ー。どないしたら京ちゃん、私んものになってくれるんー?」

竜華「怜、そない無邪気に京ちゃんもの扱いされたら反応に困るわ」

竜華「しかしまあ、ライバル多い、しかもキャラ性能が軒並み上級なんばっかやしなー……どないしよか」

浩子「フフフ、そんなこともあろーかと、ですわ」

セーラ「……なんや、アイツまたなんかいらんこと企てとったんか」(ヒソヒソ

泉「前、それで失敗して病んだ園城寺先輩に無言で見つめられ続けて泣いたん、忘れてもうたんですかね?」(コショコショ

浩子「そこ聞こえてんで!今回は、今回こそ完璧。京たろーさんも陥落間違いなしの計画なんよ!」

竜華「おおー」(パチパチ

怜「それが……フナQの最期の言葉になるなんて、そん時の私達には知るよしもなかったんや……」

浩子「勝手に死亡フラグ立てんといてくれますか!?」





セーラ「んでー?ええ考えあるみたいやけど、今度はなにやらすつもりなん」

泉「この間みたいに、猫耳カチューシャに首輪とかやらせたら、今度こそ刺されまっせー」

竜華「あれはなー、普通に考えてリアルん友達がんな格好で甘えてきたらドン引きやでな」

怜「……あん時の京ちゃんの、『ぅっわ、ど、どないしよ……』って顔、まーだ忘れられへんやけど」(ジトー

セーラ「憔悴しきった顔で帰ってくるなりなー、部屋の隅まで浩子追い詰めて――」

泉「口の端に髪一本くわえて、幽霊みたい怨念こもった目ぇでジーーーー、と」

セーラ「最終的に浩子が言ったんが……」

セ泉「ずびまぜんでじだーーーー!」

浩子「人ん恥ずかしい記憶を掘り返さんといてくりますか!?」(真っ赤

セーラ「ウッシャッシャッシャッ!」(爆笑

怜「いや、あん時いっちゃん恥ずかしい思いしたのうちやん」

泉「ですよねー。あー、でもあの後、電話もろて、『俺、園城寺さんのこと大切な友達だって思ってますから……なにかお願い事があるなら、はっきり言ってほしいです。自分にできることなら、全力で叶えてみせますよ』って言われたーて、ごっついにやけ面であちこち言い回ってましたよね」(虫酸ダッシュ!

セーラ「せやったなー。『なあなあ、これってもしかして遠回しなアレなんかなー?私がそーいう関係なりたい言うたら叶えてくれるってことなんかなー?』て、しつこかったよなー」(虫酸ダダッシュ!

怜「そ、そんな梅干し食べたみたいな顔せんでもええやん!」(ハップップー

竜華「いやぁ……容量限界まで『これはもう……告白いくしかないかな?でも、どーせなら京ちゃんの方から、なんて――』みたいなこと書いたメール届いた時はどないしようかと……」(遠い目

怜「あ、あん時はホンマに私、どーかしとったから……」

浩子(この流れで、実はうちも京たろーさんに慰めてもろてたとか言ったら……ヤバいやろなー)

浩子(まさか、園城寺先輩んことで相談に乗ったお礼に買いもん行くことになるとはなー……)

怜「………………窓ん外見てどないしたん、フナQ?」(ジー

浩子「い、いいいいええっ、ちょっと、て、天気ええなーって」

怜「今日は朝からどしゃ降りの雨やでー?」(ニッコリ

浩子「げっ……あ、ああ、いやいや、うち雨ん日が好きなもんでして」

怜「そうかー?私は雨降ると体重うなるから苦手やわー」(うーん

竜華「基本、あんたはいつも体重たそうにしとるやろ」

怜「それもそやった」(ケロリ

浩子「……ホッ」