【清澄高校麻雀部】

久「んー……めんどくさい生徒会の仕事を終えて、部活が始まるまでの時間を仮眠して過ごす……考えようによっちゃ贅沢な話よねー」

久「いつもならみんなが先に来て、練習を始めてるんだけど、まあたまにはこんなのもいいわよね……んー?」


咲「ほ、ほら、もう部長が来ちゃってるし……ま、また今度にしようよ……」

京太郎「思い立ったが吉日って言うじゃねーか。ほら、恥ずかしがってないでそこに座れって」

久(あら、咲に……一緒にいるのは須賀君ね。なんの話してるのかしら?)(聞き耳

咲「ほ、ほんとにいいって。京ちゃんにされると跡が残っちゃうんだよ?この間なんて、服の擦れたとこ、赤くなってたし」

京太郎「んなこといって、気持ちいいよー、とか言ってたのはどこの誰ですかー?」

咲「ぅ……そ、それは……」

京太郎「本当は嫌じゃないんだろ?ほら、俺に任せろって、優しくしてやるからさ」

久(っ、え、ええっ!?な、なに、急に部室に来て、なにおっ始めようとしてるの、この子達!?)

咲「でも……声でちゃったら部長、起きちゃうかも……。そ、それにみんなに見られたら……」

京太郎「そん時は、みんなにも教えてやるだけだぜ、俺のこの黄金の指先のテクニックをな」

久(み、み、みんなにも教えるって、ナニを?黄金の指先のテクニックって!?)

京太郎「…………部長、起きてねえよな」

久「っ!?ぐ、ぐー……すー……!」

咲「きっと生徒会のお仕事が忙しいんだよ」

京太郎「なら、なおのこと俺のテクの見せどころだな」

京太郎「でも、その前に――――」

咲「んっ……ぁ、ふぅ……!!」

久(………………ちょっとぉぉぉぉっ、咲ぃぃぃぃぃ!?)

咲「京ちゃ……ンンっ!いきなりそんな、ァッ……強くしないでェ……!」

京太郎「まあそう言うなって……ほら、こうやって筋に沿って――――」

咲「んっ、やぁ……っ、痛いよ……っ」

京太郎「この痛いのが気持ちよくなってくるんだって。なあ、咲さん?」

咲「んく、はァ…………う、うん――」

京太郎「この筋……この間ほぐしてやったのに、もうカチカチじゃねえか。少しは自重しろっつーの」

咲「だ、だってぇ……ンンっ!!」

久(え、なに、なにこれ、なんでいきなり二人とも部室でナニを始めちゃってるわけ?)

久(は、破廉恥だわっ……ぶ、部室でなんて誰かに見られたらどう――!)

まこ「おー、お前ら先に来とったんか……って、なにしとるんじゃ京太郎?」

久(ま、ま、よく……来てくれたわっ……!)

久(時間を……限定的に終わらせるっ……!部室で行われてるインモラルな行為……!!)(ざわ……ざわ……

久(このさい、過程だけでもいいっ……終わらせて、お願いっ……!)

まこ「おーおー、随分と気持ち良さそうにしとるのう、咲」

咲「ふぁ、恥ずかしい、です……見ないでくださいぃ……!」

久(……せ、……ばせ!……跳ばせっ!!)

まこ「京太郎のがそんなに気持ちええんか……」

久(え?あ、あれ?まこ、まこさん?どうしてそんな、物欲しそうな声出してるの?)

まこ「……の、のう、京太郎。よかったらなんじゃが、咲が終わったらわしにも……お願いできんか?」

まこ「最近、ちーっと溜まってるみたいでのう」

久(ブルゥータァスッ、お前もかァァァッ!!)

京太郎「しょうがないですねえ……じゃあ咲、お前のはさくっと終わらせてやるからな、っと!」

咲「や、やだ、京ちゃん……そんな……ダ―――!?」

久「そ、そこまでよ……!!」(ガバッ!

咲「ヒゥッ!?」

まこ「おわっ、な、なんじゃおったんか部長」

京太郎「え、きゅ、急にどうしたんですか……?」

久「どど、どーしたもこーしたも、あなた達、部室でナニして…………?」

京太郎「?」(咲の肩揉んでる

咲「??」(肩揉まれてる

久「あ、あー…………あれ?」(顔赤い

まこ「むうん?………………ははァん?」

京太郎「なにしてって、最近本の読みすぎで肩凝りがひどいって相談されたんで、ここんところ暇を見てマッサージしてやってるんですけど……?」

咲「で、です」

久「マッサー……ジ?」(さらに顔赤い

まこ「わしもここんとこ、店の手伝いが忙しくてのう。肩凝りが『溜まってる』みたいなんじゃよー」(ニヤニヤ

久「ぇ、ぁ……ソー、デスカ」(さらにさらに顔真っ赤

まこ「――――で、ナニじゃと思ったんじゃ?」

久「し、知らない知らない知らない!!」(布団かぶり

久「もぅ……もー!バカッ、須賀君のバカッ、エッチ、変態!!」

京太郎「いきなりなんで!?」

咲「……京ちゃん、部長になにかエッチなことしたの?」(ニッコリ

京太郎「あいや待たれよ咲さん、これは誤解、濡れ衣……そう、部長の巧妙な罠……!」

咲「ふーん、へーー、ほーーー?」

京太郎「……ぐっ、今度の休みにクレープ一個!」

咲「いつもの喫茶店のスペシャル苺パフェと飲み物、あと好きな作家さんの本四冊」

京太郎「ぬお……に、二冊!」

咲「三冊。それ以上はまけてあげません」

京太郎「くぅ……う……!」(ぐにゃあ……


まこ「なんだかんだ言うて、お前さんもそーいうのに興味は持っとるんじゃのう」

久「う、うるさいうるさいうるさいうるさーい!!」(真っ赤っ

優希「――――ぬうぅん!?」

和「いきなりどうしたんですか?」

優希「い、いま……私の持ちネタを誰かに無断使用された気がするじょ」

和「またなにを言い出すのかと思ったら……そんなオカルトありえません」

終部長は実はウブな妄想。
終われ