京太郎「何やかやで荒川さんとデートすることになった……ナンデヤ」


京太郎「どこで情報を手に入れたのか、説明を求めに来た連中と対局して逃げ切り……やっと辿り着いたぜ待ち合わせ場所」

京太郎「大阪?長野の往復切符で俺の財布がマジピンチな件について……」(説明終了

憩「やっほー、お待たせ京太郎君ー」

京太郎「荒川さん、お久し振りっす!」

憩「今日はごめんな、急にデートしようなんて言って呼び出して」

京太郎「いやー、大丈夫ですよ……ええ、ホント」

憩(ぜ、全然大丈夫そうに見えへんやけど……)

憩「…………」(キョロキョロ

京太郎「どうしたんですか、辺りを警戒して」

憩「いや、別に?ちょう、どっからともなく顔見知りが現れたりせんやろか思って」

京太郎「ああ、確かに大阪ですし園城寺さんとか愛宕のお姉さんとか出てきそうですよね」

憩「そうそう、千里山の怜さんなんか、物陰からじーっと見つめてて目があったら『え、えへ、来てもうた……』とか言いそうやね」

京太郎「……………………意外とアリだな」(ボソッ

憩「え」

京太郎「え?」

京太郎「……じょ、冗談ですよ、冗談」

憩「な、なんやビックリさせんといてーや、もー」

憩「とにかくまあ、うちとしてはせっかくのデート。邪魔されんと楽しみたいってわけよ」

京太郎「あ、あんまりデートって繰り返されると恥ずかしいものがありますけどね」

憩「ふふん、そこを笑顔で堪えるんがエエ男ってやつよ♪」

憩「あ、ところで今日のうちはいつものナース服やのうて、普通の私服なんやけど……どない思う?」

京太郎「すごく……すばらです」(ざわっ……!

憩「……京太郎君、感情込めんのに顔濃くすんのやめてーや」

京太郎「え?」(ナニイッテンノ

憩「え……」(ナニソレコワイ

憩「……コホン、したら場所変えよか。今日は大阪のええとこ全部連れてったるからね!」

京太郎「ぜ、全部はさすがに無理があるんじゃ……」

憩「えーから、えーから。ほら、手ぇ繋いで!」

京太郎「うわ、っと……!」

憩「……こーいうんは照れるけど、たまにはええでな?」

京太郎「えっと、荒川さんがそうしたいのなら……俺としては歓迎といいますか――」

憩「そこは、ちゃんとうちのこと名前で呼ばなあかんとこやで?」(ジッ

京太郎「……憩さんのお望みのままに」

憩「フフッ、キッザやね。でもまあ、今日はそれで許してあげるわ」

憩「もちろん、最後の最後に勝つんわうちやから、そこんとこ忘れたらアカンよ?」

京太郎「そんなに熱烈な宣言されると困りますね……嬉しすぎて」

憩「じゃ、行こか!」

二人は歩き始める、大阪観光デートという名の道を。

憩「うちらの恋路はここからや――!」

終われ。