穏乃「――――ツモッ!」

立直門前タンヤオドラ1
30符4飜7700!!

穏乃「……やったー、オーラスで逆転勝利!!」

灼「最後の最後で負けた……」

玄「うーん、テンパイまではいってたんだけど」

京太郎「あー……油断した、まさかこの土壇場で逆転手を出してくるなんて……」

穏乃「フッフッフ、最後の最後まであきらめないのが私の長所!!」

京太郎「俺もいいとこまでは行ったんだけどなあ……」

玄「と、途中の追い上げからトップになったの凄かったよー」

灼「相変わらず、あのモードになると……暑苦しい」

穏乃「宥さんなんかは、あったかいよー、とか言って喜ぶんだろうけどねー」(ダハー

京太郎「な、なんかすみません……」

穏乃「いーっていーって、熱く打つ人と対局するのは楽しいしさ!!あー、でも熱中し過ぎて汗かいちゃった――」(ジャージのチャック下ろし

玄「わ、わわっ、ダメだよしずちゃん!!きょ、京太郎君もいるんだよ!?」

灼「はしたない……」

穏乃「え、ぁ――――!!」(真っ赤

穏乃「み、見た!?見てないよねっ、ね!?」

京太郎「ハハハッ、心配しなくても大丈夫ですよ。だって――」

穏乃「ホッ――」

京太郎「ケチなオモチ見る気なし……!」

穏灼玄「……………………」

京太郎「やっぱり、オモチは大きい方が……ねえ?俺としてはやっぱり宥さんぐらいあってくれなきゃ、こう、興味すら持てないっていうか……」

京太郎「――――あ、あれ、どうしたんですか三人共……」



宥「みんな、おまたせー。お、遅くなっちゃった……」

憧「ゴメン、待ったー…………って、どうして須賀君が正座してるの!?」

穏乃「うん、ちょっと非常に不愉快なことがあってね……!!」(ギロリ

京太郎「クッ、クク……いい加減、悟れ……!オモチがあってこそだってことを……!」

穏乃「――――――――」

灼「折れない……そこだけは感心する」

玄(わ、私もそれなりにあると思うんだけどなー……)

穏乃「ひどいよ……こんなのってないよ……!!」

憧「あ、いけない、穏乃がまた前世の記憶を蘇らせてる……」


終われ。