透華「…………」(カチャカチャ

純「そんでさー、そいつ何て言ったと思う?」

京太郎「えー、わっかんないですね」

純「なんと、台所で負けたことはない……だってさ。お前は無敵のコックかよと」

京太郎「アッハッハッ!その人、マジでそんなこと言ったんですか!」

純「おう、マジマジ!」

京太郎「ブハッ、アッハッハッハッ……!じゅ、純さんその場にいて、よく笑わなかったですね……!」(痙攣

純「いやぁ、もうちょっとで吹き出すってとこまでいってたね。全力でその場を離れて…………んで、当然爆笑さ」(膝バンバン

京太郎「ですよねー」

透華「……ポン」(タンッ

純「あー、なんか小腹すいたな」

京太郎「さっきホットドッグ食べてませんでした?」

純「食ったけどさ。そうだ、部活終わったらラーメン食いにいかねえ?最近お気に入りの店があるんだよ」(和気

京太郎「あ、いいですね、行きます行きます!」(藹々

透華「…………リーチですわ」

智紀「透華、それ無理」

透華「ぇ――――――――アッ!?」(顔面蒼白

一「あちゃあ、透華にしては珍しいミスだね」

衣「注意散漫!情けないぞ、トーカ!」

透華「わ、悪かったですわ、少し集中を欠いて――」

純「あー、やっぱダメだ、無理ガマンできねー。悪いんだけどさ、なんか適当に買ってきてくんねえ?」

京太郎「仕方ないですねー、じゃあちょっと行ってきます」(執事服の上を羽織り

京太郎「みなさんは何か欲しいものありますか?」

衣「衣はアイスが欲しいぞ!」

一「いつも悪いね。僕は……軽くつまめるお菓子で」

智紀「……麩菓子?」

京太郎「えーっと、純さんはお腹にたまるもの、衣さんはアイス、一さんと智紀さんは駄菓子系……と。龍門渕さんはどうします?」

透華「……別に欲しくありませんわ」(プイッ!

京太郎「あ、そうですか。じゃあ、俺ちょっと出てきます」




純「んー?どしたよ透華、なんか機嫌悪くね?」(ダルーン

透華「べーつーにー、そんなことありませんわ!」

純「ふ~ん?」(首傾げ



一「純くん、須賀くんと気が合うみたいだねー」

智紀「遠慮がない、お互いに」

衣「男女の垣根を越えた友情という奴だな!」

透華「……………………ぐぬぬ」



京太郎「――――ただいま戻りましたー」

純「おー、ご苦労」

京太郎「いやぁ、この時期でも晴れてると予想以上に暑いですねー」

純「そりゃ、そんな暑苦しい服で歩き回りゃあなー」

純「ほれ、これでも飲んどけ。まだ冷たいぜ」(ペットボトルぽーい

透華「ハ?」

京太郎「あ、どーもです」

透華「ちょっと純、アレってあなたの飲みかけ――!」(アタフタ!

京太郎「プハァ、生き返る~…………あれ、どうしたんですか龍門渕さん?」

透華「…………」

一「うわぁ……どっちもまるで躊躇いなくやっちゃったね」

智紀「間接キッス」(ポッ



透華「……卓に着きなさい、京太郎。そのデリカシーのなさ、直々に矯正して差し上げますわ――!」

京太郎「きゅ、急にどうして!?」

純「さあー?なんか知らねー間にやらかしたんじゃねーの、京太郎」

透華「あなたもですわよ、純!!」

純「えっ、俺も!?」

透華「二人して…………モ~ッ!モォ~~~~ッ!!」(地団駄



一「うわ、上手い文句が見つからなくて癇癪起こしちゃったよ」

智紀「トーカ涙目」

衣「子供だな!」

ハギヨシ「衣様、どうかその台詞だけは、その台詞だけは透華お嬢様の前では……」


〈ケース1・純〉友情って素晴らしい!END