晴絵「というわけでみんなの女子力をアップさせるために、これから全女性陣をターゲットにした恋愛講座を開きたいと思います」キュッキュッ

晴絵「題して赤土晴絵のLegendaryloveTechnique講座!!」ババーン

穏乃「な、なんかかっこよさそー!」

憧「いや、ていうかさすがにそのネーミングセンスは……」

晴絵「こ、細かいことはいいでしょ!///」

玄「ちょっとだけドキドキするね、おねえちゃん」

宥「う、うん……あれ、そういえば京太郎くんは?」

玄「あれ……そう言われれば今日は一回も姿を見てないね、ねぇ灼ちゃ」ビクッ

灼「無い、ありえない、ハルちゃんが男性経験豊富だなんてそんなオカルトありえない……ふふ、ふふふふ……」ブツブツ

玄「灼ちゃん!しっかり、灼ちゃん!!」ユサユサ

灼「はっ!?な、なに、クロ……どうかした?」

玄「京太郎くんの姿が見えないからどうしたのかなぁーと思いまして」

灼「京太郎なら今日は風邪引いて寝込んでるよ、明日には学校に来れるって」

玄「なんと」

宥「風邪かぁ……風邪引いてるときって体がポカポカして暖かいよねぇ……」ポーッ

灼「なんて嫌な発想の転換……ある意味ポジティブか」

晴絵「ほらほら、無駄話してないでさっそく始めるよー」

晴絵「今日のテーマは『鈍感な彼を如何にして落とすか』……よ!」

憧「なんかまんま京太郎の事みたいね」

晴絵「そこ、つっこまない!……ところで、まずみんなはどうする?」

全員「え?」

晴絵「意中の人がビックリするぐらい鈍感な人だったら自分はどうアプローチする?」

宥「えっ、えっと……そのぅ……///」モジモジ

灼「そんなの考えたことも無かったし……」

憧「うーん、積極的にデートに誘うとか?」

玄「手料理を作ってきてあげるとかどうかな?」

穏乃「山!一緒に山に登る!!」ハイハイ!




ドーンッ!!


宥「ひゃっ」ビクッ

穏乃「おおぅ……」

晴絵「あんまあぁぁぁい!!考えがあまっちょろすぎるのよあんたたち!!!」

晴絵「一緒にデートォ?手料理を振る舞うゥ?良いかもねぇ…喜ぶかもねぇ、だけど結局それ止まりなのよ!!」

晴絵「いい?あんたらが相手するのはそびえ立つ山のごとく不動の鈍感なのよ?そんな間接的なアプローチで相手の心を射止めることができるの?」

晴絵「残念!!答えはかすりもしません!!!所詮はいい人どまりでジ・エンドよ!!」ズバァーン

憧「そ、そんな……」ガクッ

玄「ふぇぇ……」ジワッ

穏乃「じゃあどうすればいいの?」

晴絵「答えは簡単よ、女には女の武器があるじゃない……」フッ

玄「ま、まさか……!!」ゴクリ

晴絵「そうよ玄!あなたが愛してやまないおもちを使うのよ!!」ババーン

宥「え、え……ふぇぇ!!?///」ドキーン

灼(は、ハルちゃん……つまりハルちゃんは既にそのおもちを使って男の人を落としたことがあるっていうの……?そんなバカな!!?)ズガガーン


晴絵「相手の腕、もしくは胴のところに抱きついて胸を押し付ける!勝ったッ!第3部完!」グッ

穏乃「ちょっちょっと!それは玄さんや宥さんはいいけど灼さんはどうするの!?押し付ける胸なんかないんだよ!?こんなの絶対おかしいよ!!」

憧(あんたは人の事言えんのかーい)ビシッ

灼「ブツブツ……」←それどころじゃない様子

晴絵「確かにおもちは大きいほど有利……だけどそれはある程度のテクニックで補えるのよ」

晴絵「あるかないかの微妙な感触!それこそがちっぱいの武器!!相手の体に密着させ胸を擦らせる!!そうすることによって相手の男は否応なく実感することになる!」

晴絵「自分に対して体をすり付けてくるこの子は女の子だということにッ!!」ビシーン

宥「はわわわわぁ……///」ボッ

憧「は、恥ずかしいけど確かに……、それくらいしないとあいつは……///」ウゥ…

玄「じ、自分のおもちを使うときがくるなんて……どうしよう、おねえちゃん……///」

穏乃(うーん、本当に大丈夫なのかな……)ペタペタ

灼「ふふふ……ハルちゃんのおもちを堪能したやつ死すべし……」ブツブツ

晴絵「それじゃあ今日のところはここまで、今日の授業で習ったことを活かすかどうかはあなたたちしだいよ?」

晴絵「それじゃあね」ガチャッ

晴絵「…」バタンッ

晴絵「…………ふっ」






晴絵(とんでもないことを言ってシマッタァァァァァァァ!!!!!)ガクーン

晴絵(仮にも教師なのになんて事を教え子たちに吹き込んでるのよぉぉ!!私はノリと勢いでなんて事を!!///)

晴絵(ていうか何よ!!おもちを擦り付けるって!!擦り付けるって!!!私だってそんなのやったこと無いっつうの!!!!)ゲシッゲシッ←壁殴り

晴絵(……そんな相手、産まれてから25年間一人たりともできたことないわよ…………)グスッ


翌日

京太郎「うーん、この病み上がり独特の気だるさ……正直家に帰って休みたいとこだけど」コキコキ

京太郎(全国出場も決まったことだし、俺一人が遅れるわけには行かないよな!)グッ

京太郎「よぉーし!元気出してやるぞー!!」

京太郎「こんちわーっす!今まで休んだ分張り切って」ガチャッ




憧「お、おおおかえりー京太郎ーー!!///」ダッ
玄「き、京太郎くん!!///」バッ
宥「ご、ごめんね……京太郎くん……!///」タッ
穏乃「か、覚悟!きょーたろぉーー!!///」ピョーン

京太郎「……あっるぇー?」


ドシィィィーン!!
ズッドォーーン!
ガッターン!
モニュ

その後、京太郎は保健室のお世話になったとかならなかったとか……


灼「ハルちゃんのおもちハルちゃんのおもちハルちゃんのおもちハルちゃんの……あは、あははははは!!」


カン