―――ラジオ局

恒子「さーって今週も始まりました『ふくよかすこやかインハイレディオ』の時間です!」

恒子「司会は私スーパーアナウンサー、ふくよかじゃない福与恒子と!」

健夜「すこやかじゃない?小鍛治健夜でお送りします。私は健やかです!」

恒子「それじゃリスナーが混乱しちゃうよすこやん!」

健夜「ええっ、でも私健康だし!」

恒子「すこやんの健康状態はともかく3週間ぶりにこの人を呼んじゃいましたっ!」

恒子「最近すこやんに勝ちまくってる戒能良子プロの付き人、須賀京太郎くん再びっ!」

京太郎「どうもー、また呼んでもらえて光栄です」

恒子「良子ちゃんに勝てないからって須賀君をいじめちゃダメだぞすこやん」

健夜「そんなことしないよ!?」

京太郎「お手柔らかにお願いします」ガクガク

健夜「なんで震えてるの!?」

京太郎「冗談ですよー」

恒子「絶好調だね!それじゃあお便りのコーナーだ!」



京太郎「えー、RNノーウェイさんからのお便りです」

京太郎(んんっ?)

京太郎『最近、彼氏が出来ました
彼と過ごす時間はとても幸せですが、悩みもあります
最近、彼の私の胸に対する視線が露骨です
初めては年上の私から誘うべきでしょうか?』

京太郎「だそうです」

健夜「そんなのわからないよ!」

恒子「すこやん、どうどう……」

健夜「だって高校の時からずっと麻雀ばっかしてたし皆私のこと怖いとか言ってくるし……」ブツブツ

恒子「あー、すこやんが暗黒面に落ちちゃった」

京太郎「大丈夫なんですかこれ」

恒子「番組が終わる頃には治ってると思うよ!」

京太郎「それは大丈夫じゃないです!」

恒子「須賀君、頼りにしてるから」ガシッ

京太郎「ええー。というかこのお便りの解答どうするんですか」

恒子「私に任せなさい!」

京太郎「それじゃあお願いします」

恒子「うだうだ悩んでる暇があったらさっさと誘え!以上!」

京太郎「ええー」

恒子(だって私もよくわからないし……)

恒子「はい次のお便り!」

京太郎「はいはい。RN感覚共有さんからの――」


―――
――

健夜「大変ご迷惑をお掛けしました……」

恒子「あれはあれで面白かったけどね!」

健夜「こーこちゃん!」

恒子「ごめんごめん」

京太郎「まあ何とかなりましたし、それに健夜さんにもいい人見つかりますよ」

健夜「慰めなんてっ!」ウワアアア

恒子「あー、行っちゃった」

京太郎「不味いこと言っちゃいましたかね」

恒子「病気みたいなものだと思うしほっといていいと思うよ。今日はありがとね」

京太郎「はい。お疲れ様です」

恒子「おつかれー」