―――ラジオ局

良子「今週も『のーうぇいらじお』の時間だ。メインパーソナリティの戒能良子と」

京太郎「アシスタントの須賀京太郎でお送りします」

良子「ふと思ったんだが京太郎は学校なんかでこのラジオの話とかするのか?」

京太郎「あー、最初の2.3週はそうでしたねー。今じゃ皆全然来にしてないすけど」

良子「そんなものか」

京太郎「そんなものですねー」

良子「よし、それじゃあ今日もお便りのコーナーに行こうじゃないか」

京太郎「了解です。ってあれ、スタッフさん早くお便りの箱を……」

京太郎「はい、ありがとうございます。先週はホントすみませんでしたって!」

良子「なんだ、まだ怒ってたのか」

京太郎「そりゃそうでしょうよ……」

良子「ま、とりあえずお便りを読んでくれ」

京太郎「了解です!」



京太郎「えー、RNりさっちさんからのお便りです」

『怒ってないのに怒っているように見られることが多いです!
解説も口下手で上手く行きません!
どうしたら良いでしょうか教えて下さい!
あと戒能プロと仕事するのを楽しみにしてます』

京太郎「だそうです。というかこの番組異様にどっかで聞いたことあるような感じのお便り来ません?」

良子「気のせいだろう」

京太郎「気のせいですか」

良子「ああ。それでお便りの方だが……」

良子「質問の方はもう、笑顔を意識するとか、ありきたりなことしか言えないな」

良子「それと一緒に仕事をできるのは私も楽しみにしてます、とだけ」

良子「よし、次のお便りだ」

京太郎「やっぱり気のせいじゃ――」

良子「次」

京太郎「はい」


―――
――

理沙「……笑顔、こんな感じかな」ニコォ

みさき「なんだか怖いですね」

理沙「ひどい」プクー

みさき「そっちのほうがいいんじゃないですか?」

理沙「……そう///」プク