恒子「今日も来ました!ふくよかすこやかインハイレディオの時間です!」

恒子「司会は私!ふくよかじゃないスーパーアナウンサーこと福与恒子と!」

健夜「すこやかじゃない小鍛治健夜でお送りします。でも私健康なんだけど……」

恒子「細かいことは気にしなくてもいいんだよ!それより今日はアシスタントを呼んでるのでご紹介!」

健夜「ええと、戒能良子ちゃんの付き人をやってる須賀京太郎くんです。今日は急遽来てもらいました」

京太郎「今日はよろしくお願いします」

恒子「ルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞者をちゃん付けで呼ぶとは、流石プロ歴20年なだけあるね」

健夜「10年だよ!」

恒子「恒例のをやったところでお便りのコーナー!」

京太郎「本当に恒例だったんだこれ……」


京太郎「お便り読みますねー。RN嶺上界砲さんからですね」

『最近、幼馴染と疎遠です。
以前は別の方からもらったアドバイスでなんとかお話していい感じになれたのですが
最近、なんだか様子が変で・・・
もう先を越されちゃってたらと思うと悲しくて辛くて涙が出そうです。
どうすればいいんでしょうか?』

京太郎「だそうです。この人、この間は良子さんの番組で質問に答えてもらってましたね。お便りを呼んだ記憶があります」

恒子「つまり年齢的にも経験豊富そうなすこやんにより具体的なアドバイスを求めてるんだね!さぁすこやん!迷える若者に道を示さないと!」

健夜「えぇ!?」

健夜(どうしよう!?中学からずっと麻雀ばっかりやってて何もわからない!?)ワタワタ

健夜「えーとですね、あのー……」ダラダラ

恒子「あー、すこやん青春は麻雀に捧げちゃったんだもんね。そうすると具体的なアドバイスは無理か……」

健夜「ううう……」

京太郎「どうするんすかこれ……」

恒子「ここはスーパーアナウンサー福与恒子に任せなさい!」

恒子「と言っても私からは一言だけ、『好きにすればいい!!』」ドヤァ

恒子「どうしてもそれは君の勝手だ!」

健夜「そ、それはあんまりにも適当なんじゃ……」

恒子「シャラップ!」

健夜「うう……、京太郎くん、次行っちゃって……」

京太郎「あ、はい。次のお便りはRNメッシュはおかしくないさんからの――」

―――
――

恒子「おっつかれー!」

健夜「うん、お疲れ」

京太郎「お疲れ様です。俺、変なところとか無かったですか?」

健夜「全然大丈夫だったよ。本当に慣れてる感じだね」

恒子「ねー、いつもより進めやすかったよ」

京太郎「はは、ありがとうございます」

健夜「良子ちゃんはどんなかんじ?」

京太郎「どうって、いつも通りというか……」

健夜「それじゃあ伝言お願いしてもいい?」

京太郎「はぁ」

健夜「次の対局も楽しみにしてる、って伝えておいて」

京太郎「了解です」