―――ラジオ局

はやり「それでは今週もはじまりましたー!『教えて!牌のおねえさん』の時間です!」

はやり「メインパーソナリティーは瑞原はやり。そしてアシスタントにまたまた京太郎くんを呼んでます!」

京太郎「はは、よろしくお願いします」

はやり「なんと京太郎くん、今日から私の付きb……え、これは言わない方がいい?わかりましたー」

はやり「それでは今週も行ってみましょう!お便りの方お願いします!」


京太郎「えー、ラジオネーム攻め寄せる怒涛の殺意さん。すごいお名前ですね。女性の方からのお便りです」

京太郎「『恋人を同業者に持っていかれました』」

京太郎「ってあれ、これしか書いてないですね。これはどういうことなんでしょう」

はやり「うーん、持っていかれたっていうのがどんな感じかにもよりますよね」

はやり「例えば彼氏さんに浮気されたのか、それとも同業者ってことですし異動みたいなことがあったのか」

はやり「どっちかわからないとどうにも……。男性としてはどうなんですか?」

京太郎「そうですねぇ」



京太郎「そうですね、やっぱり会えないのは寂しいので会いたいですかね」フゥ

京太郎「異動、と仮定するならですけど」

京太郎「俺だったら少しでも早く仕事を終わらせて、その人と会う時間を作りたいです」

はやり「なるほどー!攻め寄せる怒涛の殺意さん、参考になったでしょうか」

はやり「どれでは次のお便りに行きましょう」

京太郎「はい。ラジオネーム小鍛治プロのカードありがとうさんからの――」

―――
――

京太郎「お疲れ様でしたー」

はやり「お疲れ京太郎くん。それにしても最初の質問の答え、何か自分のことみたいだったよね」

京太郎「え、そんなことないですよ?」

はやり「ふーん?」