京太郎「そういえば今日は水曜日だから咏さんのラジオ番組の日か……」

咏「お、京ちゃん今日もアシスタントやってくれるんかな?知らんけど」

京太郎「そうですねー。結構楽しかったですし今回もお手伝いさせてください!」

咏「おっけー、それじゃいこっかー」

――――ラジオ局

咏「さーて今日も始まったわけだねぃ。『それいけCatChamber』の時間だよー。知らんけど」

咏「メインパーソナリティーは私、三尋木咏でお送りするよん」

――――
――

咏「それじゃー今週もいってみよう。お悩み相談のコーナー。アシスタントは先週に引き続き付き人の京ちゃんだよー。知らんけど」

京太郎「今日もアシスタントさせてもらいます。よろしくおねがいしまーす」

咏「は、頑張ってねー。それじゃあ早速お便りの方よろしくねぃ」

京太郎「えー、ラジオネームてるてる坊主さんからのお便りです」

京太郎「『両親の別居でで離ればなれになった妹と仲良くなりたいんですが、どうすればいいでしょうか?あと、理想の女性像を京太郎くん、是非教えて下さい』」

京太郎「とのことです。って2つ目の質問なんですかコレ」

咏「そりゃ新しいアシスタントに興味もでる子はいるでしょー。知らんけど」

京太郎「はぁ、そういうもんですかねぇ」

咏「んじゃ、最初の質問に答えよっかなー。仲良くなりたいってことだけど、まずは妹ちゃんと会ってみることだと思うねぃ」

咏「わっかんねーけど、別居中ってことはなかなか合ってないってことっしょ?だったらまずは会うなりそうじゃなくても電話なんかで直接話さないとねぃ」

咏「こーいうのは自分から動かないと時間がもったいないと思うよー?知らんけど」

咏「ま、頑張りなよー。それじゃあ京ちゃんも質問に答えてねぃ?」

京太郎「は、はぁ……」

京太郎(咏さん本当質問の答は真面目だなぁ)


京太郎「そうですねぇ、ずばり牌のおねえさんこと瑞原はやりプロみたいな人ですかねぇ」

咏「……ほほう、そりゃまたどうして」

京太郎「やっぱりあのスタイルの良さですかね。男のロマンがありますよ」

咏「へーそうなんだー」ヒヤヤカ

京太郎「は、はい」

咏「それじゃー京ちゃんの性癖が明らかになったところで今日はここまでにしよっかねー」

咏「京ちゃんはもう帰っていいよー?知らんけど」シッシッ

京太郎「ひどい……」


――――
――

はやり「京太郎くん、私みたいなのが……?」カアァ