えり「……何時まで呆けているんですか、早く起きなさい」

京太郎「う……、つ、次はえりさんですか……?」

えり「何か不都合があるんでしょうか?それにしてもアレだけしてまだこれなんて、正直引きますよ」

えり「足で弄ってるだけなのに、こんなにビクビクさせて、男としてどうなんですか?」

京太郎「っ、そんなこと言われましてもっ」

えり「……なんですか、しかも自分の恋人の前ですよ?それなのにこんなにして……。フフ、これでもっと強くしたらどうなるんでしょうね?」

えり「例えば……こうやって指で挟んでみたりとか。……これだけで先走りが出てきてますよ。ひょっとして須賀君は変態なんですか?」

京太郎「ち、違……」

えり「変態に決まってますね。ああ、変態の先走りで汚れてしまいました。ストッキングは脱いでおきましょう」

えり「……なんですか?ストッキングを脱いだだけなのにまた大きくなってますよ?本当にどうしようもない変態ですね」

京太郎(脱ぐ時にスカートの中が見えたとは言わないでおこう……。それよりこの状況、なんとかしない、とぉっ!?)

えり「ちょっと力を入れただけで腰まで浮かして。貴方、今自分がどんな事になってるかわかっていないの?」

えり「あろうことか恋人の前で、自分の男性器を足で扱かれて悶えているなんて、私なら恥ずかしすぎて舌噛んで死にますよ」

京太郎「おっ、俺はそんな……っぎぃ!?」

えり「これは失礼しました。空いていた足がちょっと強く当たってしまったみたいですね……。おや、また固くなってません?」

えり「信じられません。蹴られて喜ぶなんて。変態の上にマゾヒストとは救いようがないです」

えり「……さっきからずっと同じ所を見ていますが何を見てい……~~!?///」

京太郎「み、見ようとしたわけじゃな、ぐえっ!ぎゅ!」

えり「変態!変態!」ゲシゲシ

えり「もういいです。さっさと終わりにしましょう」

京太郎「うぐっ」

えり「どんなに苦しそうな声を出してもココは元気なままなんですね?さっさと終わってください、ほらっ」

京太郎(ぐっ、駄目だ!射精る……!)

ビュルッ!ビュルルルルルルルル

えり「どこまでも救いがたいですね……。足でされて、しかもコレで4回めなのにこんなに……」

えり「臭くて仕方がありません。不愉快です」

えり「本当にどうしようもない人ですね……。やはり私がちゃんと管理しなくてはいけないみたい、ですね?」ニコ