はやり「健夜ちゃんを酔わせて京太郎くんについて聞いてみた」


【好感度15/50】

健夜「えー、京太郎くん?」

健夜「そうだね、付き人としては申し分ないと思うよー」

健夜「流石に一回り歳離れてるし恋愛感情とかはない、かなぁ」

健夜「はー、後5歳若かったらなぁ……くすん」


【好感度30/50】

健夜「京太郎くん、ねー」

健夜「まぁ頼りになるし、顔も格好いいほうだとは思うし……」

健夜「で、でもちょっと気になるだけで別にその……異性として意識とかは……」

健夜「し、してないこともなくもないっていうか……」ゴニョゴニョ


【40/50】

健夜「歳の差カップルとか別に普通だよねっ?」

健夜「それに京太郎くんが主夫になって私を支えてくれるとかいいと思うんだ!」

健夜「毎朝早起きして朝ごはんを作ってくれる京太郎くんとか……ウヘヘ」


【45/50(恋愛)】

健夜「京太郎くん?大好きだよ?」

健夜「式とかいつにしようかな、とかドレスのこととか今から楽しみでしょうが無いかなぁ///」

健夜「今更2年とか普通に待てるし、それまでもずっと一緒だし……」

健夜「京太郎くんが私を選んでくれてよかった///」


【45/50(従順)】

健夜「ごsy……京太郎くんのこと?」

健夜「え?『今変なこと口走ったよね☆』?ななな、なーんのことかな」

健夜「……黙秘権を行使します」

健夜(今日は何されちゃうのかなぁ……♪)

【45/50(病み)】

健夜「京太郎くんのこと?どうしてそんなこと聞くの?」

健夜「駄目だよ。京太郎くんは私のモノなんだから取ろうとしたら」


健夜「折っちゃうよ?」クス


健夜「え、私と京太郎くんがどれだけ深い中なのか聞きたかった?」

健夜「ふふ、そうだね。京太郎くんと私は。二度と離れない鎖で繋がってるんだよ」

健夜「もう絶対離したりしないんだから……うふふ」




はやり「健夜ちゃん、いろんな可能性を秘めてるんだね☆(震え声)」