ざざーん……


京太郎「どうしてこうなった!」

はやり「あ、京太郎くん!こっちだよー!」

京太郎「なんで俺ははやりさんと一緒に海に来てるんですかねぇ!?」

はやり「えー、細かいことは気にしないでここはおねーさんに任せなさいっ☆」

京太郎「あからさまにはぐらかされた……」

はやり「せっかく海に来たんだし、ほら泳ぎに行こっ?」グイグイ

京太郎「そんな急に引っ張らないでっ……!?」

京太郎「ぬわーっ!?」ドターン

はやり「きゃあっ!?」


京太郎(痛ぇーっ!)

はやり「ご、ごめんね京太郎くん。はやりが引っ張っちゃったから……」

はやり「で、でもとりあえずは早く起き上がって欲しいな……」

京太郎「へっ?」ポヨン

京太郎(勢い余ってはやりさんのおもちにダイブしてしまっていたー!?)

京太郎「すみませんっ!」バッ

はやり「は、はは。引っ張ったはやりも悪いから、気にしないで///」

京太郎「はい……」


―――
――

バシャバシャ

京太郎「ふー、海なんて来たの久しぶりとか言うレベルじゃないな……」

はやり「その割にはゆったりと楽しんでるよね☆」

京太郎「せっかく連れてきてもらったわけですし。まぁはしゃぐような年でも無いですしね」

はやり「ふぅ~ん」

京太郎「いやいや、なんですかその反応は」

はやり「いや、特に意味は無いんだっ……!?」

京太郎「はやりさんっ?」

はやり「あ、足つっちゃったっ!お、溺れちゃう!」バシャバシャ

京太郎「捕まってください!」テノバシ

はやり「っ!届かないっ!」ゴポゴポ

京太郎「くっ!届けー!」

ガシッ

京太郎「よ、よかった……」

はやり「う、うーん」グッタリ

京太郎「早く浜まで運ばないと!」スルッ

京太郎「『スルッ』?」

ビキニ「ナガサレテルデー」

京太郎「Nooooooooooooo!?」バッ

はやり「きょ、京太郎くん、助けてくれたの?」タユン

はやり「って、えっ」メセンシタ

はやり「っ///」

京太郎「いや、これは誤解ですから!手に持ってるのは流されたのを取っただけです!」

はやり「いやあああああああああああああああっ!」

バシーン

京太郎「誤解だ……」ゴポゴポ

―――
――

京太郎「ふぅ。なんだかんだで夕方か。遊び疲れた……」

京太郎「シャワー室はどこだ……?」キョロキョロ

京太郎「お、ここかな。鍵もかかってないみたいだし空いてるとはラッキー!」

ガチャ

はやり「~♪」

パタン

京太郎「いやいやいやいや」

京太郎「幻覚でも見てんのか俺は」

ガチャ

はやり「って京太郎くんっ!?」

京太郎「いや、違うんですこれは!」

はやり「やっぱり年頃の男の子だし……」ブツブツ

京太郎「ほんとすみません!」

はやり「い、一緒に、浴びる……?///」

京太郎「へっ?」

はやり「ほ、ほらおいでよ!」

京太郎「うわあああああああああああああああ!?」

続かない。