京太郎「はー、温泉はやっぱいいなー」カポーン

京太郎(急に戒能さんから誘われたときは迷ったけど、来て良かったー)

京太郎「しかも貸切状態といっても差し支えないほどに空いてる!」

京太郎「極楽極楽ー」


ガララッ


京太郎「他のお客さん入ってきちゃったか……」

良子「……」ペタペタ

京太郎「えっ、良子さん……?」

京太郎(しかも何故かスク水姿……)

京太郎(立派なおもちで胸の「かいのう」と書いてある字が歪んでいる……)

京太郎「あの、その格好は一体……」

京太郎「ってそもそもなんでここにいるんですか!?」

良子「ノーウェイノーウェイ。渡したチケットにはちゃんと混浴と書いてあったはずだが」

良子「だからこそこうして水着を着てきたというのに」

京太郎「水着のチョイス間違ってません!?」ザバァ

良子「なななななぜ!?君はタオルしか身に着けていないの!?」

京太郎「あっすみません!」バシャ

良子「……///」

京太郎「いや、勘違いしてたっていうか……。俺もう出たほうがいいですよね」

良子「いや、ノープロブレム」

良子「私としても京太郎とここに来るのを楽しみにしていたわけだし、少しくらいなら我慢するから」

京太郎「えっ」

良子「何を驚いてるの……?そうだ、せっかくだし背中でも流してあげよっか」

京太郎「いやいや、大丈夫ですって!」

良子「よいではないかよいではないか」グイグイ

京太郎「良くないです!ってなんだこの力!?」


――――
――

良子「痒いところとか無いかな?」ゴシゴシ

京太郎「……無いです」

良子「そうか、ならシャワーを、っと」

京太郎(シャワーのノズルをつかもうとして前に出てきてるからオモチが背中にっ!?)

良子「?京太郎、どうかした?」

京太郎「い、いえっ!なんでもないです」

良子(なるほど)ニヤ

良子「あー石鹸がすべったー(棒)」

良子「そーりー、京太郎」フニョン

京太郎(ま、またおもちの感触がぁぁぁぁ!?)

良子(これ、おもしろいなぁ)


その後、戒能さんにさんざん弄ばれて温泉を楽しめない京ちゃんでした。