――――喫茶店


京太郎「……いきなり実は本当の息子じゃないって言われてもな」

京太郎(朝起きて妙に深刻な顔してると思ったらいきなりカミングアウトとは)

京太郎(どうやら実の親が会いたいといってきたらしい)

京太郎(どんな顔して会えっていうんだよ……)

はやり「あれ、京太郎くん?」

京太郎「はやりさん、どうもです。今日はどうしてこんなところに?」

はやり「うん、ちょっと用事でね。京太郎くんは?」

京太郎「俺も似たような感じです」

はやり「あ、こっちだよー!」

はやり父「おお、もう来ていたのか」

はやり「え、さっき連絡したよね?」

はやり父「いや、お前じゃないんだ。君だよ、京太郎」

京太郎「えっ、それじゃまさか……」

はやり父「そうだ、私が君の実の父親だ」

は京「「ええーっ!?」」

――――
――

はやり父「それじゃあせっかくだから、姉弟で中を深めてくれ」

はやり父「私はここで失礼する。代金は払っておくから気にしないでいいぞ」

カランコローンアリガトウゴザイマシター

京太郎「……」

はやり「……」

は京「「あの!」」

京太郎「あ、どうぞ先に……」

はやり「いやいや、京太郎くんこそ……」

京太郎「じ、じゃあお言葉に甘えて。ええと、はやりさん?それとも姉さんとかの方がいいのかな……」

はやり「なんだかこそばゆいし、いつも通りでいいよ」

京太郎「じゃあはやりさん、正直未だに状況が飲み込めてないですけどこの後どうしましょうか」

はやり「京太郎くん、意外と冷静だよね」

京太郎「いや、もう開き直ってるっていうか……」

はやり「ふふ、それじゃあお姉ちゃんがいいとこに案内しちゃおう!なんて」

京太郎「お願いします。姉さん。なんて」

はやり「よーし、そうと決まれば行くぞー!」

京太郎「は、はい!」

カン!