京太郎「また瑞原さんの番組に出ることになったからあいさつ回りしに来たけど……」

京太郎「なんで俺一人なんだ……」ドヨーン

京太郎「まあこうなった以上しょうがない。瑞原さん今よろしいですかー?」コンコン

はやり「はーい大丈夫ですよー」

京太郎「こんにちは、瑞原さん。今日はお願いします」

はやり「うん、よろしくねー。って、咏ちゃんはどうしたの?」

京太郎「『今日は京太郎くんにまかせるわー。わっかんねー』とか何とか言ってました」

はやり「はは、咏ちゃんらしいというかなんというか。京太郎くんも大変だね」

京太郎「流石に慣れましたかねー。それじゃ、番組頑張ってください」

コンコン

はやり「あ、ヤバ。須賀君こっち!」

京太郎「えちょ」

ガチャ

脚本家「っかしーなー。はやりちゃんいないのか」

京太郎「い、いきなりなんですか」ヒソヒソ

はやり「あの人しつこく食事に行こうって誘ってくるから……つい」

京太郎「だからってロッカーの中ですか……」

京太郎(うああ狭いから瑞原さんのオモチが腕に!)フニフニ

はやり「うう、早く帰ってよぉ……」プルプル

京太郎(そうだ早く帰れ!理性が持たない!でも帰ってほしくない!)

脚本家「しかたない。帰ってくるまでまってるか」

はやり「えぇっ!……もごもご」

京太郎「大声出したらバレちゃいますよ!」

はやり「ご、ごめん……」

京太郎(く、唇もやわらかい)

はやり「でも狭いとこにいるとちょっと変な気持ちに……」

京太郎「ファッ!?」

はやり「ご、ごめんね変なこと言って」モジモジ

京太郎「お、俺も一応男なんであんまりそういう事言われると……」

脚本家「来ないじゃないか!」ガタッ

京太郎「!」

はやり「!」

脚本家「しかたない、戻るか」キィ…バタン

京太郎「さ、さてあの人もいなくなったことですし出ましょうか!」

はやり「…」ギュッ

京太郎「どうして、俺の袖を掴むんですか…」

はやり「ねぇ、京太郎くんさえ良ければこのまま―――」


はやり「ねぇ京太郎くんさえ良ければこのまま―――」

京太郎(いいのか、このまま流されて……?)

――良い訳がない。頭ではわかっているのだが

はやり「京太郎くん……」

所謂「涙目上目遣い」というものは、男に否と言わせない力があるようで。

京太郎「どうなっても知りませんからね!」

結局京太郎は流される事を選んだのだった。

――――

京太郎「で、俺はどうすればいいですか、はやりさん」

はやり「ま、まずはね…ききき、キスとかしたいかな」

京太郎(うわーめっちゃウブだなこの人)

京太郎「いいですよ。キスしましょう」

はやり「わ、わかった。んっ……」

目を閉じて突き出された唇に、そっと自分の唇を重ねる。
短い時間の間触れさせ、離す。

京太郎「ぷは、お次はどうするんムグッ?」

そこにもう一度瑞原さんが重ねてきた。

はやり「んぅ、じゅるっ!」

京太郎(っちょ舌が、舌が!)

はやり「はむ、ちゅっ……ぷはぁ」トロン

京太郎「瑞原さん、顔真っ赤ですね(というかエロい…)」

はやり「うふっ、京太郎くんもね」

――――

するする、とお互いに服を脱ぐ。ここは一応控え室なのだけれど、もはやそんなことを気にしている場合じゃない。
目の前の双丘に俺の意識は向いていた。

はやり「そんなに見つめられると、恥ずかしいかな……」

京太郎「そう言われても悲しい性というかですねいやその」

はやり「おっぱい、そんなに好きなんだ……。それならちょっと恥ずかしいけど。んぅ」

京太郎「うおぉ……」

はやり「はあぁ、すごく熱い。それにビクビクしてる……」

京太郎「あ、これ、やば」

はやり「じゃ、じゃあ動かすね……」

ずにゅ、にゅぷ、にゅる、すでに出ている先走りが潤滑剤となっているようで、淫猥な音を立てながら上下に俺のモノを刺激する。

京太郎「ぅく、は、駄目だ、出る――」

はやり「んはあっ、すご……」

いきよいよく飛び出た精液は、瑞原さんの顔と、胸を白く汚していた。

京太郎「ごめんなさい!」

はやり「大丈夫だから、気にしなくてもいいよ。私のほうがおねーさんだし、これくらいなんともないって」

はやり「まさかここまできて最後までシないなんて、言わないよね……?」

京太郎「ええ、覚悟は決めましたよ」

はやり「うん、ありがとう。それじゃ私の初めて……もらって?」

京太郎「……はい」

ツププブチィ

はやり「ううう、うっ。はぁ、はぁ」

京太郎「大丈夫ですか……?」

はやり「だいじょぶ、だから、動いていいよっ」

動いても、と言われても俺も初めての感覚で腰が浮いてしまっている。
それでもぎこちなく腰を動かし始める。

ずちゅ、ぐちゅ

はやり「ん、っくぅ、ふぁ、はぁっ!」

何度か繰り返していくうちに瑞原さんの声にも徐々に嬌声が混じり始めてくる。
それと同時にこっちの限界も近づいてくる。

はやり「はぁっ、中でビクビクしてるっ!このまま中でっ!」

京太郎「ぐぅ、それはダメですって!早く抜かないと!」

はやり「大丈夫、大丈夫だからっ!」

京太郎(すごい力だっ、離せない……)

京太郎「くっ、出る!」

昇りつめる衝動に抗えず、精を瑞原さんの中に吐き出す。

はやり「お腹の中が熱い……京太郎くんのが入ってきてる……」

そんなことを言いながら自分のお腹に手を当てる瑞原さんを見て、自分はとんでもないことをしてしまったのではないかと俺は考えていた―――




京太郎「はぁ、また瑞原さんの番組か……ほとんど週1ペースで咏さんに出演依頼出してるよなあの人」

京太郎「あの日からあからさまに様子がおかしくなったんだよな」ハァ

京太郎「そうこう言っているうちに控え室の前までついてしまった」

コンコンガチャッ

はやり「もう、遅いよ京太郎くん!はやり、ずっとずっとずっと待ってたんだから!」パァ

京太郎「は、はぁ」

はやり「やっぱり咏ちゃんが何かしたの?いやそうだよねそうに決まってるよね京太郎くんがはやりに会いにこないはずがないんだから」ブツブツ

京太郎(うわー)

はやり「そうだ、京太郎くんがはやりの付き人になればいいんだよ!咏ちゃんなんかよりずっとずっとずっとずっとずっといいはずだから!」グイィ

京太郎「痛っ!、瑞原さん爪が!爪が食い込んでます!」

はやり「瑞原さんだなんて呼ばないでよ、名前で呼んでっ!」ギュウ

京太郎「は、はやりさん、離してください!っつ!」プチッ

はやり「あ、血がでちゃった……ごめんね京太郎くん。今綺麗にするから……」ペロ

はやり「ちゅぱ、ふふ、京太郎くんの血……京太郎くんがはやりの中に入ってくる……」トロン

はやり「はぁ、京太郎くんと一つになってる……」コウコツ

京太郎「はやりさん!いい加減にして下さい!」バシ

はやり「あうっ!」バタン

京太郎「あ……すみません」

はやり「なんでこんな事するの?あそっかぁ咏ちゃんが京太郎くんのことを誑かしてるんだ。あの雌猫、ユルサナイ……」ブツブツ

はやり「京太郎くんにははやりだけいればいいのに、京太郎くんに色目を使う女はみんな、遠ざけないと」ブツブツ

はやり「京太郎くんは待ってねね、今から行ってくるから……」

京太郎「……っ!」ゾクッ

京太郎「ま、待ってください!咏さんに何をする気なんですか?」

はやり「ちょっと、おはなしするだけだよ。大丈夫だから京太郎くんは待っててね」

京太郎「咏さんに何かするつもりなら、行かせるわけにはいきませんよっぐう?」

京太郎(首締まって……っ!?なんて力だ)

はやり「どうしてはやりのこと、見てくれないの?」

はやり「わかったぁ。お前、京太郎じゃないな!返せ!はやりの京太郎くんをどこにやった!」

京太郎「ぐっ、がっ。は、はやりさ、やめ」

はやり「早く!言え言え言えいえいえいえいえいえイエイエイエイエイエイエ」

京太郎(駄目だ、意識が―――)

京太郎「」グタ

はやり「き、京太郎くん?あれ、私なんで……」

はやり「え、ウソ、京太郎くん、え、ああ、あああああ」ガクガク

はやり「嫌だ、嫌だよ、きょうたろうくん、ああああ」ボロボロ

はやり「あ、京太郎くん待っててね、今会いに行くから」

はやり「」グサ

はやり「大丈夫だよきょうたろうくん、さびしくなんかさせない、はやりもきょうたろうくんのちかくがいいから……」


――――fin