―部室―

京太郎「今日はいい天気ですねー」

豊音「ねー」

バァン!!

豊音「ふぇっ!?」

京太郎「な、なんだ!?」

白望「おっはよー!!」

京太郎「ぇ……」

豊音「……」

白望「HAHAHA、あいさつくらい返さないとダメじゃないか!」

白望「そんなんじゃ一日曇っちゃうんだ☆ZE」

京太郎「きょ、今日はやけに…元気、ですね?」

白望「人間元気が一番なんだよ!」ビシ

京太郎(ちょ、なんなんですかこれ!?)ヒソヒソ

豊音(わ、分からないよ!こんなシロ見たことない!)ヒソヒソ

白望「そうだ!曇った気分を晴らすためにサッカーでもしようか!」

京太郎「え、サッカーですか…?」

白望「おう!さ、行こうか!」ガシ

京太郎「わっわっ、ちょ…」ズルズル

豊音「き、気持ち悪い…」

―グラウンド―


白望「やっほー」ズルズル

純「え、俺?」

白望「そそ、一緒にサッカーしない?」

純「おう、いいぜ」

純「ところで、その後ろのは?」

白望「ん、後輩」

京太郎「あ、ども」

純「あ、てめ!この間は良くも…!」

京太郎「やーやーあれはまぁ正々堂々の勝負だったので…」

純「よーし、ほんじゃ今回はサッカー勝負と行こうぜ!」

白望「え、何?二人には因縁でもあるの!?」

白望「よし、それじゃあ対決でもしようか!」

京太郎「え、マジすか…?」

純「へへ、こないだの借りを返してやるぜ…!」




そうして、何故か活発なシロさんのお陰で
俺たちは友情を深めることが出来たのであった…
めでたしめでたし


豊音「え、シロはあのままなのおおおおおおおおお!?」


カン