恭子「ちゃうねん!うちかてホンマはそんなつもりなかってん…」

恭子「せやけど、アイツが…アイツが…!」


ゆみ「ネタが割れてはしょうがないな…」

ゆみ「ああ、私がやった」



咲「だって…」

咲「向こうが悪いんだよ?」

咲「私がいくら尽くしても尽くしても尽くしても尽くしても尽くしても尽くしても尽くしても尽くしても」

咲「あの人は私に振り向いてくれない」

咲「私のモノにならないのなら――」

咲「私の物にしたらいいよねって」