京太郎「あ、そうだ」

姫子「どげんしたと?」

京太郎「この間白水さんに聞いたんですけど、何かリザベーションとかいうのがあるらしいじゃないですか?」

姫子「まぁ、あるとよ?」

京太郎「どうやって習得したんですか?」

姫子「そりゃあ、部長とあつぅ~いキ――――」

哩「わーわーわー!////」

姫子「あ、部長ー」

哩「須賀、それは後で私の口から教えるけん…」

京太郎「は、はい…」

姫子「どーせ教えるなら今言っても~」

哩「ダメったらダメと!/////」

姫子「どげんしたんですか部長?」

哩「な、なんでもないとよ!」

姫子「ん~?」

姫子「あっ」察し

姫子「なるほど、わかったとよ」

姫子「須賀!」

京太郎「は、はい!?」

姫子「今から私とあんたばライバルっちゃけん覚悟すっとよ!」

京太郎「ん??」

姫子「ひとまずこん場は引いちゃるけん精々準備ばしとくとよかよ…」

京太郎「え、何これ…?」


カン!