玄「えーと……須賀君が言ってたの、この日だよね」

玄「うん、空いてる空いてる。早くお部屋に戻って返事しよーっと」


宥「……あ、玄ちゃん。こんなところにいたんだ」


玄「あれ、お姉ちゃん?どうかしたの?」

宥「あのね、お父さんが旅館のお手伝いを頼みたいんだって」

宥「急なお客さんが入っちゃったらしくて、人手が足りないみたいなの」

玄「そっか……うん、わかったよ!えっと、これから?」

宥「ううん。そうじゃなくてね、この日なんだけど」

玄「えっ、この日?」


玄(この日って、さっき須賀君に言われた日……だよね)


宥「どうかした?……もしかして何か予定があったりするの?」

玄「あのね、えっと」


玄(どうしよう……須賀君のお誘いが先だけど、でも、旅館も人手が足りないって……)


宥「玄ちゃん?どうしてもダメなら……」

玄「ううん、ううん!大丈夫なのです!何もないから!」

宥「……そう?それならいいんだけど。じゃあ、私、お父さんに伝えてくるね」

玄「う、うん。お願いね、お姉ちゃん」


玄「……」


玄(ああ、思わず言っちゃった……お誘い、断らないと)

玄(でも、旅館が忙しくなるのわかってて友達と遊びに行きたいなんていえないし)

玄(しょうがない、よね)


玄「これで須賀君と気まずくなっちゃったらどうしよう……はぁ」

玄「それに……断っちゃったら、もう誘ってくれなくなるのかな……」


カン